佐藤 蓮(上武大)|ドラフト・レポート

佐藤 蓮(上武大)

ここでは、「佐藤 蓮(上武大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



佐藤 蓮(上武大)

188cm100kg 右右 MAX150km超 カーブ 飛龍高校
恵まれた体格のプロ注目右腕。威力のある直球が武器。リーグ戦未登板ながら150㌔超を計測する。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   17春:        登板無し
   17秋:        登板無し
   18春:        登板無し
   18秋:        登板無し
   19春:        登板無し
   19秋:        登板無し            
   通算:        登板無し

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   15夏(背番号11)  回数 被安 奪三 四死 失点
   準決勝:磐田南高   1  2  1  0  0 140㌔

  プロフィール

 静岡県三島市生まれ。
 佐藤 蓮(さとう・れん)投手。
 長伏小4年から長伏ヴィーナスで野球を始め、中郷西中時代は三島シニアで中2から投手。
 シニア代表として中3夏の全米選手権に出場した。

 飛龍高校では1年時からベンチ入り。
 同秋の予選(地区敗退)で主戦の座を掴み取り、初戦・沼津東戦で6-5初完投勝利を収める。
 翌年春の大会を右肩のケガで欠場し、2年時夏の県大会には控えとして出場。
 大勝した準決・磐田南戦に2番手として登板し、140㌔直球で1回を2安打無失点に抑えた。
 期待されながら安定感に課題を残し、3年生の夏は野手(一塁手)としてプレー。
 全3試合(8打数1安打)に7番打者として出場し、2回戦・加藤学園戦で左越えのソロを放った。
 1学年下に比屋根彰人(オリックス17年育成3位)ら。

 上武大入学後からピッチャー再挑戦。
 セレクションで自己最速4㌔更新の144㌔を投げ、谷口英規監督から投手として評価を受けた。
 3年生の秋までにリーグ戦実績は無し。

 188cm100kg、恵まれた体格の150㌔超右腕。
 セットからタメを作って前傾しながら重心を下げ、着地早めに肘を使った腕の振りから投げ下ろす
 最速150㌔超(4年時6月時点)の力のある真っ直ぐとスローカーブなど変化球。
 高校時代プロスカウトから注目された素材型の大型右腕。コントロール、安定感に課題が残る。
 50m6秒5(高校時代)。現時点での実績は乏しい。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年06月29日(月)|2020年大学生投手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑