石川 慧亮(青藍泰斗)|ドラフト・レポート

石川 慧亮(青藍泰斗)

ここでは、「石川 慧亮(青藍泰斗)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm78kg 右右 外野手
強打が魅力のプロ注目外野手。健大高崎・下からライト場外弾を記録。中日・石川翔を兄に持つ。

  最新記事

 ■ 青藍泰斗が初戦突破、中日・石川翔の弟・慧亮が2安打2打点(SANSPO) 20/7/18

 青藍泰斗は栃木翔南を5-1で破り白星発進。中日・石川翔投手を兄に持つ慧亮外野手が2安打2打点1四球2盗塁と存在感を示した。卒業後はプロ志望届を出す予定で、この日も日本ハムのスカウトが視察に訪れた。高校通算21本塁打のスラッガーに期待がかかる。

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18春関東: 1 .333  3  1 0 0 0 0 0 1 0  .500  .333( 5番/中)
   18夏栃木: 5 .158 19  3 1 1 0 3          .316(7・1番/中)
   19春栃木: 3 .833 12 10 2 1 2 7         1.667
   19夏栃木: 5 .316 19  6 1 1 0 3          .474(3・4番/右)
   19秋栃木:   .467 15  7 0 1 1 8          .800
   19秋関東: 1 .667  3  2 0 0 0 0 0 2 0  .800  .667( 3番/左)
   通  算:   .408 71 29 4 4 3 21          .704

 ■ 青藍泰斗・石川 初回初打席初球を場外2ラン(スポニチ) 20/6/21

 青藍泰斗のプロ注目・石川慧亮外野手が「3番・右翼」で先発出場し、初回に魅せた。1死一塁から相手の左腕・下が投じた初球のスライダーをフルスイングし、逆方向となる右越え場外2ラン高校通算20号とし「相手投手はスライダーが得意なので狙っていた。こすったかなと思ったが…風に乗ってうまく入ってくれた。甲子園に出るような投手から打てて自信になった」とはにかんだ。強烈な一撃にネット裏のスカウトも驚き。「あのスイングは高校生離れしている」とか「初見の投手の変化球を逆方向へ持っていけるのがすごい集中力やセンスがある」と絶賛が相次いだ。兄は中日の右腕・石川翔だ。背中を追い続け、同じ青藍泰斗に進学した。1メートル72と小柄だがパンチ力と持ち前の選球眼は下級生の頃から定評があり、1年春からベンチ入りした実力派だ。目標はプロ野球での兄弟対決だ。「兄に負けないようにという気持ちでプロに行って、兄から打ちたい」と力を込めた。

 ■ 青藍泰斗のゴジラ・4番石川が目覚めの二塁打(日刊スポーツ) 19/7/24

 14回、約4時間にわたる激戦を制し、青藍泰斗がベスト4に進出した。“青藍のゴジラ”が目覚めた。1回1死二、三塁で4番に座った、石川慧亮外野手(2年)が右方向に先制適時二塁打を放った。

  プロフィール

 東京都板橋区出身。
 石川 慧亮(いしかわ・けいすけ)外野手。
 板橋区立赤塚第一中学校時代は硬式野球チーム・志村ボーイズでプレー。
 中日・石川翔投手(17年2位)を3歳上の兄に持つ。

 青藍泰斗では1年時春から背番号7でベンチ入り。
 4番・益子らを擁して県大会準優勝を果たし、5番・中堅として関東デビュー(初戦敗退)を飾る。
 同年夏の予選1・2回戦で1番・中堅を担うも打撃振わず3戦目から7番に降格。
 1年時秋の予選(2回戦敗退)から主軸に定着し、3年生の6月までに通算20発をつみ上げた。
 4番として挑んだ2年時春の栃木大会で、打率.833、本2点7の大暴れを披露。
 2回戦・宇都宮工戦(11-5)で満塁アーチ、準々・国栃戦(9-12)でソロ&右三を放っている。
 2年時夏の県大会(3・4番、4強)では準々・宇工戦で先制の右2塁打を記録。
 続く秋の県大会で打率.467本1の活躍を演じ、97年以来22年ぶり3度目の優勝を達成した。
 関東1回戦で埼玉2位・西武台と対戦し、4出塁の奮闘もおよばず6-9で敗退。
 県大会決勝・文星戦(5-4)で、犠飛3本(9回にサヨナラ左飛)、右中間3塁打をマークしている。
 2個上に益子京右(DeNA18年5位)、同期に佐々木康ら。

 175cm78kg、強打が魅力のプロ注目外野手。
 思い切り良く振り切るスイングで強い打球を放つ右の強打者。小柄ながらライトにも一発を放つ。
 鋭いスイングにはプロスカウトも注目。下級生時代から3、4番の主軸を任された。
 プロ注目・下慎之介から右翼場外2ラン(両翼95mの健大高崎グラウンド)を放った実績を持つ。
 目標はプロでの兄弟対決。高校通算21本塁打。

  スカウトコメント

プロスカウト|20/6/21
 「あのスイングは高校生離れしている」
 「初見の投手の変化球を逆方向へ持っていけるのがすごい。集中力やセンスがある」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年07月18日(土)|2020年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑