松村 力(敦賀気比)|ドラフト・レポート

松村 力(敦賀気比)

ここでは、「松村 力(敦賀気比)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



松村 力(敦賀気比)

180cm82kg 右右 MAX146km スライダー・フォーク・チェンジ
最速146㌔の力ある直球を持つ控え投手。甲子園で143㌔を計測。スライダー、フォークを織り交ぜる。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

   19夏    回数 被安 奪三 四死 自責
   国学久我   0.2  0  1  0  0 142㌔
   仙台育英    1  1  0  1  0 143㌔
          1.2  1  1  1  0 防0.00
      被安打率5.40 奪三振率5.40 四死球率5.40

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   18秋            回数 被安 奪三 四死 失点
   福井県1回戦:科学技術     1  1  1  0  0

   19春            回数 被安 奪三 四死 失点
   福井県1回戦:科学技術 先   6  4  4  1  1
      決勝戦:工大福井 先  5.2  7  0  4  5
   北信越2回戦:高岡第一     1  1  2  0  1
      準決勝:日本文理    1.2  1  3  0  0 
      決勝戦:星稜高校     1  0  1  1  0
                 15.1  13  10  6  7 防4.11(失点から算出)
              被安打率7.63 奪三振率5.87 四死球率3.52

   19夏(背番号18)       回数 被安 奪三 四死 失点
   福井県2回戦:若狭高校    2.1  2  1  1  1

  最新記事

 ■ 敦賀気比・笠島尚樹&松村力、智弁和歌山相手に好投(スポーツ報知) 20/6/28

 敦賀気比の笠島尚樹投手と松村力投手が、複数球団のスカウト陣が視察するなか登板した。6回から登板した松村は、3回3安打1失点3奪三振の内容に「先頭打者を抑えようと思っていたが、力んでしまった」悔しさをにじませた。それでも8回2死二塁で智弁和歌山の4番・徳丸天晴(2年)を空振り三振に打ち取った場面では「力でねじ伏せて抑えるしかないと思い、強気に行きました」と自身の持ち味でもある力のあるボールに納得の様子だった。「3年生でやる最後なので自分の力を出し切ってアピールしたい。目標は優勝です」とプロ注目の右腕コンビはそろって言い切った。

   19秋(背番号18)       回数 被安 奪三 四死 失点
   福井県1回戦:足羽高校 先   6  6       1
      2回戦:武生商業     3  3  2  0  0
      3回戦:三国高校 先   6  5  3  1  1 146㌔
      決勝戦:敦賀高校 先   5  5  5  2  2
                  20  19       4 防1.80(失点から算出)

 ■ 敦賀気比27得点、敦賀圧倒し優勝(福井新聞) 19/9/29

 決勝戦は敦賀気比が敦賀を27-4で下し、秋の県大会4年ぶりの優勝を決めた。敦賀気比の先発松村力は、140キロを超える速球を武器に5回2失点。六回からは岩田、長谷川の継投で締めた。

  プロフィール

 福井県敦賀市生まれ。
 松村 力(まつむら・ちから)投手。
 小学1年時から軟式のチームで野球を始め、松陵中時代は硬式・敦賀ボーイズに所属。
 
 敦賀気比に進学後1年時夏の甲子園はベンチ外。
 2年生の春(控え投手)になって登板数を増やし、救援兼先発として県準V、北信越準Vを飾る。
 北信越大会4戦中3戦に救援で登板し、3.2回6K、2安打1失点の力投を披露。
 続く夏の県大会を主戦・笠島らの活躍で制し、背番号18の控えとして聖地デビューを遂げた。
 力ある直球に縦スラ、フォークを交え、2試合1.2回で1三振、1安打0封をマーク。
 2回戦・国学院久我山戦(19対3)で142㌔、3回戦・仙育戦(3対4)で143㌔を計測している。
 2年時秋の予選で2枚看板の座を掴み、県1回戦・足羽高戦で左2ランを記録。
 3回戦・三国戦で自己最速の146㌔を計測し、大量援護を受けて6回12-2完投勝ちを収めた。
 2学年上に黒田響生、1学年上に木下元秀、同期に笠島尚樹ら。

 180cm82kg、下半身のガッチリした最速146㌔右腕。
 ノーワインドから前傾をして重心を下げ、早めに着地し、後ろ小さめに右肘を使った腕の振りから
 投げ込む最速146㌔、常時130㌔後半から140㌔強(高2夏)の力のある直球と、
 120㌔台から130㌔強のスライダー、120㌔台のフォーク、その他に秋に習得したチェンジアップ。
 140㌔超の直球を持つ背番号18番の2番手投手。甲子園で143㌔を計測した。
 先発・リリーフでチームに貢献。ストレートで打者を押し、縦のスライダー、フォークボールを交える。
 目標は高卒プロ入り。新チーム結成後に球速を増した。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年06月29日(月)|2020年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑