山城 航太郎(法政大)|ドラフト・レポート

山城 航太郎(法政大)

ここでは、「山城 航太郎(法政大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm80kg 右右 MAX150km 投手・遊撃・三塁 スライダー・カーブ 福岡大大濠
プロ注目のエース兼ショート。3番を打つ右の好打者。強肩を生かして2年時秋から投手を兼任する。
最終更新日:2022-06-03 (Fri)|2024年大学生投手 東京六大学 コメント(0)

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   21春:        登板無し
   21秋:        登板無し
   22春:        登板無し            
   通算:        登板無し

高校時代打撃成績

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18夏福岡: 4 .409 22  9    0 5            ( 2番/左)
   19春九州: 3 .455 11  5 0 0 0 1 1 0 1  .455  .455( 2番/左)
   19夏福岡: 5 .333 18  6    1 4            (6・3番/遊)
   20夏福岡:   .308 13  4    0 3             
   通  算:   .375 64 24    1 13

  最新記事

 ■ 法大36度目V 1メートル80右腕・山城 7回途中自責0(スポニチ) 22/6/3

 法大が明大を8―5で下し、36度目の優勝を果たした。先発した最速150キロの2年生右腕・山城が、6回1/3を7安打4失点(自責0)で勝利投手。鋭いカットボールを武器にする1メートル80の右腕。今秋のリーグ戦デビューを目指し「チームの力になれたらと思います」と誓った。

 ■ 福岡大大濠・山城 149キロ投手と遊撃手の二刀流(日刊スポーツ) 20/7/7

 福岡大大濠の山城主将は、最速149キロを誇る野手兼投手の「二刀流」だ。コロナ禍で活動中止になる前の3月、紅白戦で昨秋から3キロ更新。打っては今年から1番を担い、高校通算21本塁打のパンチ力も魅力だ。昨秋まで遊撃手や中堅など野手中心だったが、中2で遠投95メートルだったという自慢の強肩を生かし、冬から本格的に投手練習を始めた変化球は120キロ台のカーブ、横スライダー。成長の全てを注ぎ、有終の美を飾る。

 ■ 福岡大大濠・山城、代替大会の開催断念もプロ諦めん(日刊スポーツ) 20/5/28

 福岡大大濠の山城航太郎内野手が、夏の大会中止の悔しさをバネにさらなる飛躍を目指す。2年冬から投手も兼務し、最速145キロ右腕としても成長を遂げた。プロ複数球団が注目する山城主将が、八木監督から受けた「諦めたら終わり」の教えを胸に、コロナ禍で鍛錬を重ねている。山城は、軟式のU15日本代表としてアジア選手権で三塁手と投手で出場している。昨秋まで野手中心だったが、強肩を生かし冬から本格的に投手練習を始めた

  プロフィール

 福岡県福岡市出身。
 山城 航太郎(やましろ・こうたろう)投手兼遊撃手。
 西高宮小1年時から軟式チームで野球を始め、高宮中時代は軟式野球部で福岡選抜入り。
 中3冬のU15アジア選手権に投手兼三塁手として出場した。

 福大大濠では1年時春の福岡地区大会から左翼手でレギュラー。
 同年夏の南福岡大会に背番号14として出場し、2番レフトで全5戦中4試合のスタメンを務める。
 4回戦・福岡工戦で5安打を放つなど、打率.409点5の活躍で4強進出に貢献。
 翌2年春の九州大会にエース山下を擁して挑み、打率.455の好成績でベスト8まで進出した。
 2年生の夏から遊撃(6・3番)を担うも下村擁する九国に1-3で敗れ8強で敗退。
 6回コールド14対4の大勝を飾った4回戦・門司学園戦で左翼に叩き込むソロ弾を放っている。
 2年時秋(4回戦)から投手兼任となり、救援した初戦・筑陽戦で143㌔を計測。
 7回表無死1塁から3番手としてマウンドに上り、3回を4三振1失点に抑える力投を披露した。
 同年11月の招試でエースの座を掴み、強豪・大阪桐蔭を15対11逆転で撃破。
 4回6失点KOと打たれながらも145㌔を計測し、8回裏の好機で同点の右前適時打を放った。
 3年時夏の県大会は福岡高校に延長11回タイブレーク3-4でせり負け準優勝。
 背番号5の3番サードとして出場したが、チャンスで打てず、5打数で中安1本のみと不発終わった。
 同学年のチームメイトとして最速154㌔右腕・山下舜平大投手ら。

 180cm80kg、プロ注目のピッチャー兼ショート。
 セットからタメを作って重心を下げ、インステップ気味に着地し、肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速150㌔(大学2年春の新人戦)の真っ直ぐとスライダーを始めとする変化球。
 2年時秋から本格的に投手を始め、最速145㌔右腕へと急成長。オーバースローから投じる。
 1年時からレフトで活躍。2年時夏から遊撃に回り、同秋から投手兼任となった。
 振り切るスイングではじき返す右の好打者。主に3番打者としてプレー。守備・肩に自信を持つ。
 高校通算21発、50m6秒5。主将を担う大黒柱。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2022-06-03 (Fri)|2024年大学生投手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2024年大学生投手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑