遠藤 暉世己(青森大)|ドラフト・レポート

遠藤 暉世己(青森大)

ここでは、「遠藤 暉世己(青森大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



187cm87kg 右右 MAX147km スライダー・カーブ 稚内大谷
最速140㌔を超える長身右腕。暉世己(きせき)投手。巨人との交流戦で最速146㌔をマークした。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   17春:        登板無し
   17秋:        登板無し
   18春:        登板無し 
   18秋: 2  0勝0敗   4  3  1  2  3  6.75
   19春: 10  2勝0敗   26  14  34  10  4  1.38(3位)
   19秋: 6  1勝1敗  23.1  15  15  11  6  2.31(8位)
   通算: 18  3勝1敗  53.1  32  50  23  13  2.19
          被安打率5.40 奪三振率8.44 四死球率3.88

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   18秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 失点 
   岩手大    1.1  2  1  2  2 
   富士大    2.2  1  0  0  1
           4  3  1  2  3 防6.75
       被安打率6.75 奪三振率2.25 四死球率4.50

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 失点 
   青中大     1  0  2  0  0
           3  1  2  2  2
   岩手大     2  1  3  0  0
           3  1  4  0  0 ○
   富士大    2.2  1  2  3  0
          3.1  2  3  1  1
   八学大     4  4  5  3  2 
           2  3  4  1  2
   ノース     2  0  4  0  0
           3  1  5  0  0 ○
           26  14  34  10  7 防1.38
      被安打率4.85 奪三振率11.77 四死球率3.46

 ■ 高校時代成績

   14秋(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 自責
   全道2回戦:白樺学園 先   6  13  2  5  8

   15秋(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 自責
   全道1回戦:白樺学園    3.1  4  0  4  4

  最新記事

 ■ 青森大・遠藤暉世己が初登板「奇跡」が名前の由来(日刊スポーツ) 20/6/7

 プロ注目の青森大・遠藤暉世己投手が今季実戦初登板で試運転した。八戸学院大とのダブルヘッダー2戦目に登板。2回2/3を3失点でサヨナラ負けを喫したが、最速145キロを計測し4三振を奪った3人姉弟の末っ子名前の由来は初めての男子誕生に、「奇跡が起きた」と喜ばれたから。「逆から読むと、己がこの世で輝くという意味。それで注目してもらえることはあると思うので、良い名前をつけてもらいました」。強いプロ志望だが、アピールの場は秋季リーグ戦以降となる。

   19秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 失点 
   ノース     2  1  2  0  0
           3  4  3  1  1
   岩手大     4  1  1  1  0
   八学大    2.1  0  3  3  2
   富士大 先   6  4  3  3  0 ○
   青中大 先   6  5  3  3  3 ●
          23.1  15  15  11  6 防2.31
       被安打率5.79 奪三振率5.79 四死球率4.24

   19秋代決   回数 被安 奪三 四死 自責 
   福祉大     0  4  0  1  4

   プロ交流戦    回数 被安 奪三 四死 失点
   19/3/12巨人3軍   2  2  3  0  0 146㌔

 ■ 青森大、小谷真勇&遠藤暉世己の右腕2枚看板で絶対連覇(報知) 20/5/29

 昨秋の北東北大学野球リーグ戦で優勝した青森大で、小谷真勇と遠藤暉世己の“投手2本柱”がリーグ連覇へ腕を磨いている。遠藤は昨秋、主に救援で6試合に登板。最速147キロの直球を軸にした強気の投球で相手打線を抑えた。高校時に肩を痛めて一度は投手を断念したが、青森大で再び挑戦。右肩周辺の筋肉を鍛えるとともに、約50メートルの距離を強く低く投げるキャッチボールなど、工夫をこらして力をつけてきた。プロ入りを目標にしている遠藤は、「神宮を目標にやった結果、プロにいきたい」と堂々宣言。チームは自主練習期間を挟みながら、全体練習を続けて調整している。

 ■ 稚内大谷 5年ぶりの初戦突破/北北海道(日刊スポーツ) 15/7/19

 稚内大谷が遠軽に15安打の猛攻で打ち勝ち、5年ぶりの初戦突破を果たした。1回2死三塁、4番遠藤暉世己一塁手(2年)の2ランで先制。序盤で試合の主導権をがっちり握り、5回までにチームで10安打を重ねて5得点。2点を献上はしたが、1度もリードを許すことはなかった。

  プロフィール

 北海道稚内市生まれ。
 遠藤 暉世己(えんどう・きせき)投手。
 稚内中央小4年生の時に野球を始め、稚内中時代は軟式野球部に所属。

 稚内大谷では1年生の秋に背番号1を経験。
 翌2年夏の北大会に4番・一塁手として出場し、1回戦・遠軽戦で先制2ランなど3安打を放った。
 続く準々決勝でV校・白樺学園と接戦を演じるも8対9(5の2)で惜しくも敗戦。
 2年時秋の予選で再び主戦を務めたが、右肩痛もあり、最終学年を3番・一塁手として過ごした。
 北北海道大会8強が最高成績。甲子園経験は無し。

 青森大学では2年時秋からリーグ戦に出場。
 3年生の春になってリリーフで登板機会を獲得し、3回を0封した岩大2回戦で初勝ち星を収める。
 同秋の富士大2回戦で初先発を務め、6回0封、2-0完封継投で3勝目を記録。
 3季で計18試合(先2)、計53.1回に登板し、通算3勝1敗、50K、防御率2.19の実績を残した。
 3年生の春先に行われた巨人3軍との交流試合(1対1)で最速146㌔をマーク。
 1点ビハインドの4回ウラから2番手で、2回2安打0四球、3K(空振3)無失点の力投を演じている。
 通算18試合、3勝(0完投)1敗、53.1回、防御率2.36。

 187cm87kg、恵まれた体格の右オーバースロー。
 セットで始動して上体を傾けながら重心を下げ、着地早めに肘を使った腕の振りから投げ下ろす
 最速147㌔の角度のついたストレートと、タテのスライダー、カーブなどの変化球。
 高校時代に発症した肩痛で一時投手を断念。大学で最速147㌔右腕へと成長を果たした。
 主にリリーフとしてチームに貢献。リーグ通算53.1回で50奪三振を記録している。
 3年生の春先に行われた巨人3軍戦で146㌔(常時140㌔前後)をマーク。プロ入り志望を持つ。
 被安打率5.40、奪三振率8.44、四死球率3.88。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年06月07日(日)|2020年大学生投手 | 北東北大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生投手 | 北東北大学 コメント(0) Page Top↑