向坂 優太郎(仙台大)|ドラフト・レポート

向坂 優太郎(仙台大)

ここでは、「向坂 優太郎(仙台大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm80kg 左左 MAX143km スライダー・カーブ・チェンジ・スプリット・ツーシーム 仙台育英
130㌔台の直球と5種類の変化球。東北大会で141㌔をマーク、盛岡大附打線から13三振を奪った。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   20交: 1 先  6.1  10  4  5  6 140㌔ 倉敷商業 ●
   通算: 1    6.1  10  4  5  6 防8.53
       被安打率14.21 奪三振率5.68 四死球率7.11

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   19秋(背番号8→1)     回数 被安 奪三 四死 失点
   地区決勝戦:宮城第一 先   5  1  5  1  0
   宮城準々決:東北高校 先   5  7  6  2  3
     準決勝:仙台城南     1  0  3  1  0
   東北2回戦:明桜高校 先   5  4  6  2  0
     準々決:一関学院     3  0  4  0  0
     準決勝:盛岡大附 先   8  3  13  4  2 141㌔
     決勝戦:鶴岡東高    4.2  6  3  4  2
   神宮2回戦:天理高校 先  6.1  8  5  2  7 137㌔
                 38  29  45  16  12 防2.84
            被安打率6.87 奪三振率10.66 四死球率3.79

  最新記事

 ■ 仙台育英 向坂 8回7K&2ラン 7球団スカウト絶賛(スポニチ) 20/7/30

 仙台育英のエース・向坂優太郎投手が柴田との準々決勝に「5番・投手」で出場し、8回を2安打1失点で7三振を奪う力投。打撃でも非凡なセンスを見せた。0―1の4回2死三塁からライナーで右越えに逆転2ラン。「甘く入ったボールを1球目で仕留められました」。公式戦初めてで高校通算4本目を自画自賛した。大型遊撃手の入江大樹がおり、7球団のスカウトが視察。日本ハムの白井康勝スカウトは「コントロールが良く、ピッチングがうまい。将来が楽しみ」と絶賛した。

   20夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   宮城3回戦:聖和学園 先   3  3  5  0  0
     準々決:柴田高校 先   8  2  7  2  1 ※6者連続奪三振
     決勝戦:仙台高校 先   6  3  8  0  0
   東北1回戦:一関学院     3  1  3  1  0
     準決勝:明桜高校     5  4  4  4  0
                 25  13  27  7  1 防0.00
             被安打率4.68 奪三振率9.72 四死球率2.52

 ■ 「みちのくのドクターK」仙台育英の左腕・向坂に新たな武器(スポニチ) 20/6/22

 ノースアジア大明桜との練習試合に先発し、6回を2安打無失点7三振の好投。ヤクルト・斉藤宣之スカウトは「すごく良い投手。スライダーとツーシームが良いテークバックが小さく打者からボールが見えずらいフォームで投げている。イメージとして近いのはソフトバンク・大竹耕太郎投手。大学で直球のスピードが上げれば上位候補になると思います」と将来に期待をかけた。6人の右打者が先発オーダーに並んだ明桜打線を封じることができたのは、新しい変化球の存在が大きい。「どんなカウントでも自信を持って投げられる球」という宝刀のスライダーに加え、昨冬に伊藤樹投手の助言で習得した鋭く落ちるツーシーム右打者への攻めに幅が出た。ななめに落とす感覚で投じるというツーシームはボールを挟む指の間隔で球速を調整し、120キロ台から130キロ台まで使い分ける。

 ■ 「みちのくのドクターK」仙台育英・向坂 県制して甲子園だ!(スポニチ) 20/6/12

 最速143キロを誇る左腕は背番号8の投手兼中堅手として躍動した。だが、新型コロナウイルスのまん延により、大会の中止が決定。「全国レベルでしっかり活躍すれば、十分プロから声をかけてもらえるレベル」と須江航監督も目尻を下げていたが、プロ志望を諦め、大学進学へと切り替えた。

過去記事

 ■ 仙台育英センバツ確実、夏ベンチ外の向坂13K力投(日刊スポーツ) 19/10/17

 仙台育英と鶴岡東がともにコールド勝ちで決勝進出を決め、来春のセンバツ出場を確実なものにした。仙台育英は2年生左腕・向坂優太郎が8回3安打13奪三振の力投で、17歳の誕生日を飾った。最速はこの日計測した141キロだが、スライダー、カーブ、チェンジアップ、スプリットを丁寧に投げ分ける。「変化球をストライクゾーンで投げ分けることには自信がある」とひたすら武器を磨いた。

  プロフィール

 宮城県村田町生まれ。
 向坂 優太郎(むかいざか・ゆうたろう)投手。
 村田二小3年時から軟式の野球を始め、村田二中では宮城臨空シニアに所属。

 仙台育英高校では1年生の秋に左肩痛を発症。
 2年時夏の甲子園(8強)をメンバー外ですごし、同秋から背番号8番の投手兼中堅手を務める。
 主に先発で8試合(先5)38回を投げ、投球イニング数を上回る45三振を奪取。
 東北大会全4試合にエース格として登板し、計20.2回で26三振、防1.74の好成績を残した。
 バースデー登板となった準決勝・盛附戦で自己最速を更新する141㌔をマーク。
 二桁13三振を積み上げる力投で、8回コールド3安打4四死球、9-2完投勝利を収めている。
 神宮大会から背番号1番を背負うも天理に6-8で競り負け初戦2回戦で敗退。
 4回に先制の2ランを浴びるなど、甘く入った球を長打にされ、6.1回8安打7失点でKOとなった。
 その後、143キロまで球速を伸ばし、3年時夏の交流戦・倉商戦で聖地デビュー。
 大舞台で最速140㌔を計測したが、7回途中6失点と捕まり、1対6の5点差で敗戦投手となった。
 同期に入江大樹宮本拓実、1学年下に伊藤樹ら。

 181cm80kg、変化球に自信を持つ最速143㌔左腕。
 セットポジションから溜めて重心を下げ、早めに着地し、後ろ小さめに左肘を使った腕の振りから
 投げ込む最速143㌔、常時130㌔台前半から後半(選抜交流戦)の真っ直ぐと、
 120㌔台のスライダー、100㌔台のカーブ、120㌔前後のチェンジアップ、120㌔台のスプリット。
 真っ直ぐと変化球とのコンビネーションが持ち味。2年秋38回で45三振を奪った。
 肩痛を克服して主戦の座を獲得。甘い球もあるがまずまずの制球力で内外に投げ込んでいく。
 遠投105m、50m6秒4。奪三振率10.66、四死球率3.79。

  スカウトコメント

日本ハム・白井康勝スカウト|20/7/30
 「コントロールが良く、ピッチングがうまい。将来が楽しみ」
ヤクルト・斉藤宣之スカウト|20/6/22
 「すごく良い投手。スライダーとツーシームが良い。テークバックが小さく打者からボールが見えずらいフォームで投げている。イメージとして近いのはソフトバンク・大竹耕太郎投手。大学で直球のスピードが上げれば上位候補になると思います」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2020年12月11日(金)|2024年大学生投手 | 仙台六大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2024年大学生投手 | 仙台六大学 コメント(0) Page Top↑