久保田 拓真(関西大)|ドラフト・レポート

久保田 拓真(関西大)

ここでは、「久保田 拓真(関西大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



182cm84kg 右右 捕手 津田学園
ガッチリした体格の強肩捕手。二塁送球1.9秒台。神宮大会で右中間を破る3点二塁打を記録した。

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18春: 1 .000  1  0 0 0 0 0 1 0 0  .000  .000
   18秋: 3 .000  2  0 0 0 0 0 1 1 0  .333  .000
   19春: 15 .137  51  7 1 0 0 1 10 2 0  .170  .157
   19秋: 14 .319  47 15 1 0 0 2 9 4 0  .373  .340(10位)
   通算: 33 .218 101 22 2 0 0 3 21 7 0  .269  .238
    ※ 19秋:ベストナイン(捕手)

 【 全国大会 】
     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18神: 3 .250  12  3 1 0 0 4 5 0 0  .250  .333(6番/捕)
   通算: 3 .250  12  3 1 0 0 4 5 0 0  .250  .333

 ■ 甲子園成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17夏: 2 .375  8  3 1 0 0 1 1 0 0  .375  .500(6番/捕)
   通算: 2 .375  8  3 1 0 0 1 1 0 0  .375  .500

  最新記事

 ■ 関大が47年ぶり決勝進出 延長タイブレーク制す(日刊スポーツ) 19/11/19

 関大が延長戦で東海大に競り勝ち、1972年以来、47年ぶりに決勝に進出した。1点を追う7回1死満塁で6番久保田拓真捕手(2年)が右中間へ逆転3点適時三塁打を放った。

       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16春東海: 2 .400  5  2 0 0 0 2 1 2 0  .571  .400(9番/捕)
   16夏三重: 6 .263  19  5 1 1 0 4 3 2 0  .333  .421(9番/捕)
   17春東海: 1 .333  3  1 0 0 0 0 0 0 0  .333  .333(3番/捕)
   17夏三重: 6 .400  20  8 1 1 1 7 1 2 0  .455  .700(6番/捕)
   通  算: 15 .340  47 16 2 2 1 13 5 6 0  .415  .532

   【二塁送球タイム】 17甲2回戦:1秒95(8回)
             19神準決勝:1秒83(4回)・・・牽制(セカンド手前で捕球)

  プロフィール

 兵庫県神戸市出身。
 久保田 拓真(くぼた・たくま)捕手。
 小学1年生の時から硬式野球を始め、鷹取中では神戸中央シニアに所属。

 津田学園では2年時春から正捕手としてプレー。
 同年夏の県大会に9番・キャッチャーとして挑み、同学年・水谷翼とのバッテリーで準優勝を飾る。
 初戦・名張高戦で4の4をマークするも、以降は計15打数で1安打と打撃低迷。
 翌3年夏の県大会(6番)で4割の活躍を演じ、定本ら擁する三重を破って初Vを成し遂げた。
 続く本戦1回戦・藤枝明誠戦(11回7対6)で5打数3安打の全国大会デビュー。
 2回ウラに迎えた第1打席で低め134㌔直球をライト線へとはじき返すツーベースを放っている。
 4・5回裏の第2・3打席でそれぞれ左安(内高130㌔直球、真ん中スラ)を記録。
 2回戦・済美戦で2盗補殺(1秒95)をマークしたが、打撃では3の0と振わず1対7で敗戦となった。
 同学年のチームメイトとして水谷翼(現中京大)ら。

 関西大学では1年生の春から公式戦ベンチ入り。
 2年時春から9番・捕手としてレギュラーを担い、1割台の低打率ながら規定打席到達を果たす。
 同秋のリーグ戦で4季ぶりの優勝を飾り、捕手・ベストナインのタイトルを初受賞。
 好調な打撃でシーズン後半から6番を打ち、十傑10位となる打率.319(15安打)を記録した。
 全国大会には2年時秋の第50回明治神宮大会(47年ぶり決勝・準V)に出場。
 全3試合に6番・捕手として先発で起用され、12打数で3安打、打率.250点4の実績を残した。
 初戦2回戦・金沢学院大戦で外角スライダーをライト前へと弾き返すタイムリー。
 続く東海大戦7回1死満塁の好機で右中間逆転3点二塁打(外寄り高め144㌔)を放っている。
 リーグ通算33試合、打率.218、22安打、0本塁打、3打点。

 182cm84kg、ガッチリした体格の強肩捕手。
 振り切るスイングで左右に弾き返す右打者。主に6番でプレー。逆方向のライトにも長打を放つ。
 2年時春のリーグ戦で正捕手の座を掴み、同秋に神宮大会準Vをなし遂げた。
 守っては低い軌道の二塁スローイングが魅力。甲子園で二塁送球タイム1秒95を記録している。
 将来の目標はプロ入り。肩の強さに自信を持つ。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年05月10日(日)|2021年大学生野手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生野手 | 関西学生 コメント(0) Page Top↑