上田 洸太朗(享栄)|ドラフト・レポート

上田 洸太朗(享栄)

ここでは、「上田 洸太朗(享栄)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



上田 洸太朗(享栄)

184cm94kg 左左 MAX143km スライダー・カット・チェンジ
恵まれた体格の最速143㌔左腕。制球力も持ち味のひとつ。肩の柔らかさを生かして投げ込んで行く。

  動 画

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   18夏(背番号20)    回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:名古大谷     1  0       0
   準決勝:愛工名電    3.2  3  1  0  0
              4.2  3       0 防0.00

   19夏(背番号10)    回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:大成高校 先   4  0  5  0  0
   4回戦:星城高校 先   4  7       5 138㌔
               8  7       5 防5.63(失点から算出)

   19秋(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:名城大附 先   7          2 ※延長13回TB4対3
   3回戦:豊橋工業 先   7    12     0封138㌔
   準々決:豊橋中央 先   9  9       3
               23          5 防1.96(失点から算出)

  最新記事

 ■ 近藤2世が夏デビュー 圧巻11Kにレジェンドも笑顔(スポニチ) 20/7/19

 享栄の上田洸太朗が名古屋ブロック2回戦の名古屋大谷戦で夏初登場。初回に1点を失いながら、7回を投げ11三振を奪う力投で、スタンドから見守った“本家”にも成長した姿を見せた。享栄の豪腕サウスポーといえば、近藤真市氏が思い浮かぶ。現在、中日のスカウトを務める同氏はプロの目、そして先輩の目でドラフト候補を見つめていた。「2回以降は良かった春に比べて下半身が使えるようになったし、素材はいい」と評価しながら、「あとは本人がどれだけプロを意識して成長できるか。それほど甘い世界ではないので」と同じ道を歩もうとする後輩に言葉を送った。
 1回の先頭打者に中前打を許し、死球、内野失策で2死満塁から押し出し四球で先制点を献上した。その後は巨人スカウトのスピードガンで141キロを計測した直球で押し、4回は3者連続三振。スライダー、チェンジアップを駆使して、三振の山を築いた。ネット裏では5球団のスカウトが視察したが、中日・近藤スカウトは「全然ダメ」とばっさり。直系の後輩で、同じ左腕。「素材は悪くない」と話すだけに、愛のある「ダメ出し」で奮起を促した。上田は「(近藤スカウトに)気付いていました。極力、見ないようにしているのですが…。ふがいない立ち上がりは反省点です」と頭をかいた。(中スポ)

   20夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:名古大谷 先   7  4  11     1 141㌔(プロ計測)

 ■ 7球団のスカウト14人が集結 享栄高・上田洸太朗4イニング2失点(中スポ) 20/6/19

 享栄と栄徳が19日、パロマ瑞穂球場で練習試合を行った。享栄の左腕、上田洸太朗投手は先発で4イニング2安打2失点だったが、力のある球を披露した。球場には、プロ7球団14人のスカウトが集結した。日本ハム・大渕スカウト部長は「投げるセンスがある。もっといい投手だと思うし、きょうだけでも十分にいい投手。リストに入ってくる」と評価。ヤクルト・中西スカウトも「まだ実戦感覚が戻っていないようだが、柔らかさがあるし、手先も器用将来性がある」とうなずいた。

 ■ 享栄・上田洸太朗投手がプロ志望表明(中日スポーツ) 20/5/21

 プロ注目の143キロ左腕、上田洸太朗投手は無念の思いを明かした上で、プロ志望を表明。開催が検討されている県独自の大会でのアピールを誓った。184センチ、94キロの体格には、伸びしろがいっぱいに詰まっている。センバツに出場予定だった大阪桐蔭を3月の練習試合で4安打完封。その試合で自己最速となる143キロをマークした。これで、スカウト陣の注目度は一気に増した。偉大なOBである近藤真市さん(現中日スカウト)をほうふつさせる左腕は「歴代のOBで、近藤さんは必ず名前が挙がる。プロで近藤さんを超える投手になりたい」と言い切った。

過去記事

 ■ 享栄が5回参考完全リレー発進、2年生140キロ左腕・上田4回5K(報知) 19/7/14

 享栄が5回参考ながらパーフェクト継投で初戦突破。2年生の最速140キロ左腕・上田洸太朗が先発し、4回5三振を奪った。183センチ、85キロと恵まれた体格の背番号10が、テンポよくストライクを先行させた。スライダー、カットボールを交え、2回2死から4者連続を含む5K。4イニングをパーフェクトの49球で片付けた。昨秋の名古屋地区予選で東邦を完封リレーで破ったときは、先発して6回無安打無失点。その後、ライバル校のセンバツ優勝に「自分もできると自信になった」。

  プロフィール

 富山県高岡市出身。
 上田 洸太朗(うえだ・こうたろう)投手。
 高岡市立福岡中学校時代は硬式野球チーム・高岡ボーイズでプレー。
 日本代表として中3夏の世界大会に出場した。

 享栄高校では1年時から控えとしてベンチ入り。
 1年生ながら夏5戦中2試合に救援で起用され、準決・名電戦で3.2回3安打0封の実績を残す。
 同年秋の地区予選準決勝・東邦戦(2対0)で6回ノーヒット0封の好投を披露。
 翌2年夏の県大会に背番号10番として挑み、3回戦・大成高戦で5回完全リレーを達成した。
 2年時秋の予選で背番号1の座を掴み、全3試合先発で計23回5失点と好投。
 3回戦・豊橋工業戦(最速138㌔計測)で7回コールド12奪三振7-0完封勝利を収めている。
 初4強の豊橋中央に9安打2-3完投(2発被弾、自責2)で敗れベスト8で敗退。
 これらの活躍で愛知県選抜チーム入りを果たし、高橋宏斗らとともに冬の台湾遠征に参加した。
 県大会4強が最高成績。甲子園出場経験は無し。

 184cm94kg、恵まれた体格の最速143㌔左腕。
 ワインドアップからやや捻って重心を下げ、インステップし、肘を柔らかく使った腕の振りから投げ込む
 最速143㌔の真っ直ぐと、スライダー、カットボール、チェンジアップなどの変化球。
 最速では143㌔を投げる大型左腕。破綻の少ない制球力も持ち味。肩の柔らかさに自信を持つ。
 強豪・東邦を相手に6回無安打0封の好投を見せた。

  スカウトコメント

中日・近藤真市スカウト|20/7/19
 「2回以降は良かった。春に比べて下半身が使えるようになったし、素材はいい」
日本ハム・大渕スカウト部長|20/6/19
 「投げるセンスがある。もっといい投手だと思うし、きょうだけでも十分にいい投手。リストに入ってくる」
ヤクルト・中西スカウト|20/6/19
 「まだ実戦感覚が戻っていないようだが、柔らかさがあるし、手先も器用。将来性がある」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年07月19日(日)|2020年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑