北沢 勇都(山梨学院大)|ドラフト・レポート

北沢 勇都(山梨学院大)

ここでは、「北沢 勇都(山梨学院大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



188cm66kg 左左 MAX135km スライダー・カーブ・カット・チェンジ 浜松湖北
長身細身のプロ注目左腕。角度ある投球が持ち味。常葉大菊川戦で2.1回無安打0封を記録した。

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   19秋(背番号3→1)     回数 被安 奪三 四死 失点
   西部3回戦:袋井高校     ?          ?
     準々決:常葉菊川    2.1  0       0 ※7対11で敗戦
     5位決:浜名高校     4  0       0 ※2対1で勝利
   静岡1回戦:飛龍高校     3          5
                9.1          5 防4.82(失点から算出)

  最新記事

 ■ 浜松湖北・北沢勇都投手、プロ志望練習会でアピール誓う(報知) 20/9/4

 「たとえ育成でもプロに行きたい。身長と角度を生かした投球ができれば、ある程度は通用すると思います」。188センチ左腕はきっぱり言い切った。最速135キロの直球に、カーブ、チェンジアップを織り交ぜて打ち取るのがスタイルだ。「クロスファイアーには自信があります」。昨秋から6球団が視察。「当初はプロは考えてなかったけど、可能性があるなら」と合同練習会への挑戦を決めた。今春は腰椎分離症に苦しんだが、もう不安はない。今夏は初戦の2回戦で袋井に敗退。大会後は外部コーチの助言に従い下半身主導のフォームを模索してきた

   20夏(背番号3)      回数 被安 奪三 四死 失点
   静岡2回戦:袋井高校    2.2  5  1  3  5 ※自責3
                2.2  5  1  3  5 防10.13
            被安打率16.88 奪三振率3.38 四死球率10.13

 ■ 浜松湖北・北沢 昨秋から1センチ高く&3キロ重く(スポーツ報知) 20/2/15

 春季高校野球西部地区大会の組み合わせが、このほど決まった。注目は浜松湖北だ。昨秋はエースで4番を務め、県初出場に貢献した北沢勇都は、身長187センチの大型サウスポー。ライバルは静商の最速148キロ左腕、高田琢登だ。注目を集めたのは昨秋の西部大会準々決勝。4番・一塁で先発した北沢は常葉大菊川に5-11とリードを許した6回途中から3番手で登板。7-11で敗れたが、対戦した打者9人にヒットを1本も許さなかった。県切符を懸けた浜名との5位決定戦でも、5回から登板して4イニングを無安打に抑え、2-1の勝利に貢献。スピードは130キロ台ながらも、186センチの長身から投げ込む異次元の角度の速球がバッターを圧倒した。太りにくい体質を嘆くものの、黒沢亮太監督は「紅白戦でも打たれることは少ない。球のキレが良くなっています」と褒める。

  プロフィール

 静岡県浜松市出身。
 北沢 勇都(きたざわ・ゆうと)投手。
 小1から引佐ファイターズで野球を始め、引佐南部中では軟式野球部に所属。
 中学3年時に浜松選抜チーム入りを果たした。

 浜松湖北高校では1年生の秋からベンチ入り。
 打力をいかして一塁兼投手として出場機会を掴み、2年時秋の県大会から主戦投手を務める。
 東部5位・飛龍高と県1回戦で対戦し、3回5失点救援、4-7逆転負けで敗退。
 背番号3を背負った西部予選で好救援を演じ、スカウトからも注目される存在へと浮上した。
 打ち合いとなった準々・常葉大菊川戦(7-11)で2.1回ノーヒット4K0封をマーク。
 続く5位決定戦・浜名高戦(2-1逆転勝利)で4回ノーヒット無失点の好救援を披露している。
 3年時夏の県大会(7回制)は袋井高校に延長8回TB2-6で敗れ初戦で敗退。
 1対1の6回から救援するも直後に1点を失い、2対2のTB8回に4失点(責2)して降板となった。
 大会後、高野連に志望届を提出し、9月はじめの高校生合同練習会に参加。
 シート打撃でのアピールを目指したが、最速131㌔に留まり、打者5人で単打2本(1K)を許した。
 県大会3回戦が最高成績。甲子園出場経験は無し。

 188cm66kg、長身細身のプロ注目サウスポー。
 ノーワインドから始動して重心を下げ、クロス気味に着地し、ヒジを使った腕の振りから投げ下ろす
 最速135㌔、常時130㌔前後(高校生合同練習会)の角度のあるストレートと、
 110㌔前後のスライダー、100㌔台のカーブ、110㌔前後のチェンジアップ、その他にカットボール。
 旧チームから一塁手兼投手で活躍。2年時秋の県大会でエースの座を掴んだ。
 目標は県内No1左腕&最速145㌔到達。持ち前の打撃力をいかして4番などの主軸を務める。
 常菊戦で2.1回無安打4三振0封の好投を見せた。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2020年12月19日(土)|2024年大学生投手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2024年大学生投手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑