瀧澤 虎太朗(早大)|ドラフト・レポート

瀧澤 虎太朗(早大)

ここでは、「瀧澤 虎太朗(早大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



瀧澤 虎太朗(早大)

180cm79kg 右左 外野手 遠投100m 50m6秒0 山梨学院高
左右に弾き返す左の好打者。3年春のリーグ戦で中越え2発。リスト強く一発長打のパンチ力を秘める。

  動 画

  打撃成績

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17春:          出場無し
   17秋:          出場無し
   18春: 3 .500  4  2 0 1 0 0 1 0 0  .500 1.000
   18秋: 14 .234  47 11 4 2 1 2 9 2 2  .265  .468
   19春: 13 .362  58 21 5 1 2 8 12 3 5  .393  .586(6位)
   19秋: 12 .074  27  2 0 0 0 2 8 5 0  .219  .074・・・・・開幕前にケガ
   通算: 42 .265 136 36 9 4 3 12 30 10 7  .315  .456
    ※ 19春:ベストナイン(外野手)

 ■ 甲子園成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16夏: 2 .571  7  4 2 0 0 4 0 1 0  .625  .857(4番/中)
   通算: 2 .571  7  4 2 0 0 4 0 1 0  .625  .857

  最新記事

 ■ 早大・滝沢がプロから2本塁打 8球団スカウトに猛アピール(デイリースポーツ) 20/3/22

 早大が巨人2軍に快勝した。立役者はプロ注目の滝沢虎太朗外野手。2発4打点の大暴れでネット裏に集まった巨人など8球団スカウトへのアピールに成功した。三回2死一塁での第2打席。同じ99年生まれで1軍登板経験のある左腕・大江のスライダーを完璧に捉えた。右翼スタンドへ突き刺す2ラン。7-5となった八回2死二塁の場面でも、育成右腕・ラモスから再び右翼へトドメのアーチをかけた。DeNA・吉田顧問兼球団代表補佐は「いいパンチ、いいリストをしている」と評価した。
 DeNAの吉田球団顧問は「ヘッドをうまく使ってボールのとらえ方がいい。これからも見ていきたい」とパンチ力を評価した。(中スポ)

    1号:三浦 銀二(法政大)  18/ 9/ 8  右越えソロ弾
    2号:田中 誠也(立教大)  19/ 5/11  中越え2ラン
    3号:高橋 亮吾(慶応大)  19/ 6/ 1  中堅左ソロ弾

       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14春関東: 4 .462  13  6 1 0 0 5 2 2 0  .533  .538(9・8番/二三) 
   14夏山梨: 4 .583  12  7 2 0 0 2          .750( 9番/三塁)
   15夏山梨: 1 .286  7  2 1 0 0 2          .429( 3番/右翼)
   16夏山梨: 5 .500  16  8 1 1 2 9 0 3 0  .579 1.063( 4番/中堅)
   通  算: 14 .479  48 23 5 1 2 18          .750

   【一塁到達タイム】16夏甲1回戦:1回4秒22(投併)、5回4秒32(遊併)
            19春東2回戦:3回4秒22(三ゴ)
            19春法1回戦:5回4秒30(遊ゴ)

  プロフィール

 神奈川県川崎市出身。
 瀧澤 虎太朗(たきざわ・こたろう)外野手。
 南野川小1年時に軟式チームで野球を始め、東山田中では青葉緑東Sで投手兼遊撃手。
 中学2年春の全国大会で4強進出を達成した。

 山梨学院では1年時春からセカンド兼サードでレギュラー。
 下位打線ながら関東全4戦にスタメンで出場し、打率.462本0点5の活躍で創部初優勝を飾る。
 同夏の県大会(9番サード)で打率.583をマークするも準決で日本航空に大敗。
 その後、ポジションを外野手(右翼手)に変え、3番、または4番の主軸としてチームを牽引した。
 2年時秋からキャプテン&センターを務め、3年時夏に5年ぶりの県大会Vを達成。
 決勝・東海甲府戦で左越え2ランを放つなど、全試合4番で打率.500本2点9を記録している。
 続く本戦初戦・長崎商戦で内寄り直球を中前へとはじき返す適時打をマーク。
 1回に二安、5回に左適二、9回に三塁線二と、2回戦・いな総戦(2-7)で3安打の奮闘をみせた。
 1学年下として吉松塁(現日大)、栗尾勇摩(現立大)ら。

 早稲田大学では2年時春からベンチ入り。
 同秋のリーグ戦で3・6・5番・レフトの座を掴み、開幕・法大戦で右ソロ(高め139㌔直球)を放つ。
 以降、正レフト(その他センター)を務め、スカウトからも注目される存在へと浮上。
 4季で計32戦(1番16、6番7)にスタメン出場し、通算36安打、打率.265本3点12を記録した。
 先頭打者として起用された3年時春に打率.362(6位)本2でベスト9を初受賞。
 左腕・田中誠也と対戦した立教大1回戦でバックスクリーン2ラン(外高め直球)を放っている。
 早慶1回戦でホームスチール&中堅左への決勝ソロ(外甘め変化球)をマーク。
 同2回戦8回無死から佐藤の内高め直球を捉え、あわや本塁打の右翼フェン直2塁打を放った。
 通算42試合、打率.265、36安打、3本塁打、12打点。

 180cm79kg、打撃が魅力のプロ注目外野手。
 振り切るスイングで左右へとはじき返す左の好打者。リストが強く一発長打のパンチ力を秘める。
 リーグ通算3発、3年時春に中越え2発(外高直球、外高変化球)をマークした。
 ポジションは主にレフト(その他センター)。安定したスローイング(遠投100m)で補殺を記録する。
 50m6秒0、一塁到達タイム4.2秒台から4.3秒前後。

  スカウトコメント

DeNA・吉田顧問兼球団代表補佐|20/3/22
 「ヘッドをうまく使ってボールのとらえ方がいい。これからも見ていきたい」
 「いいパンチ、いいリストをしている」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年03月23日(月)|2020年大学生野手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年大学生野手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑