多田 桐吾(日本生命)|ドラフト・レポート

多田 桐吾(日本生命)

ここでは、「多田 桐吾(日本生命)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



171cm65kg 右左 二塁手 遠投92m 50m5秒8 明徳義塾→関西大 2年目
一塁到達タイム3.9秒台、俊足巧打好守の1番・セカンド。コンパクトなスイングで三方向に打ち分ける。

  動 画

  打撃成績

 ■ 社会人時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19都: 2 .667  3  2 0 0 0 0 0 0 0  .667  .667
   19日: 5 .316  19  6 0 0 0 2 2 2 1  .381  .316(1番/二)
   通算: 7 .364  22  8 0 0 0 2 2 2 1  .417  .364

 ■ 大学時代成績

      試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15春: 14 .255  55 14 1 0 0 1 5 5 7  .317  .273
   15秋: 12 .279  43 12 1 1 0 2 3 6 3  .367  .349
   16春: 13 .204  54 11 1 1 0 0 15 8 3  .306  .259
   16秋: 13 .333  54 18 0 1 0 3 6 5 5  .390  .370(7位)
   17春: 12 .260  50 13 2 0 0 1 5 8 6  .362  .300
   17秋: 13 .196  51 10 1 1 0 2 11 7 5  .293  .255
   18春: 12 .310  42 13 2 0 1 1 7 12 15  .463  .429
   18秋: 13 .333  51 17 4 0 1 3 13 5 0  .393  .471(5位)
   通算: 102 .270 400 108 12 4 2 13 65 56 44  .360  .335
    ※ 16秋18春:ベストナイン(二塁)

 【 全国大会 】
     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   16神: 1 .250  4  1 0 0 0 0 1 1 0  .400  .250(1番/二)
   17神: 1 .250  4  1 0 0 0 0 1 0 0  .250  .250(1番/二)
   通算: 2 .250  8  2 0 0 0 0 2 1 0  .333  .250

 ■ 甲子園成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   14春: 3 .091  11  1 1 0 0 1 2 1 0  .167  .182(3番/左右)
   14夏: 2 .400  5  2 0 0 0 0 0 1 0  .500  .400
   通算: 5 .188  16  3 1 0 0 1 2 2 0  .278  .150

  最新記事

 ■ 関西学生野球 関大・多田100安打(毎日新聞) 18/9/23

 関西学生野球秋季リーグは22日、ほっともっとフィールド神戸で1回戦2試合があり、関大と関学大が先勝した。関大は延長十一回、1番・多田の右越えソロで勝ち越し、近大に競り勝った。多田は史上29人目となるリーグ戦通算100安打を達成した。

   【一塁到達タイム】16神2回戦:7回3秒95(一ゴ)
            17神1回戦:5回3秒98(遊安)
            19都決勝戦:9回3秒92(二ゴ)
            19日準々決:5回3秒92(二ゴ)
            19日準決勝:6回3秒98(三ゴ)
            19日決勝戦:1回3秒98(遊ゴ)
            19日決勝戦:7回3秒80(二ゴ)…軽打

  プロフィール

 大阪府高槻市出身。
 多田 桐吾(ただ・とうご)二塁手。
 阿武山小学校時代に軟式野球を始め、阿武山中ではニューヤンキースに所属。

 明徳義塾高校時代は外野手としてプレー。
 2年時秋の予選で左翼レギュラーの座をつかみ、打率.450盗9の活躍で四国4強入りを果たした。 
 翌3年春の選抜大会で3番レフト兼ライトを務めるも11打数で1二塁打と不発。
 3年時夏の県大会前に患った肺気胸を克服し、本戦2回戦・桐蔭戦(3対5)で2安打を放った。
 当時のチームメイトとして岸潤一郎(西武19年8位)ら。

 関西大では入学直後からベンチ入り。
 当初、1・2番・左翼手として定位置を掴み取り、1年時秋のリーグ戦から内野・セカンドを務める。
 主にリードオフマンとしてチームを支え、2年時秋・4年時春の2度ベスト9を受賞。
 8季で計102試合(1番78、2番22)に先発し、通算108安打、打率.270盗44の実績を残した。
 4年時春のリーグ戦で自己最多の15盗塁(歴代1位は荻野貴司の17)を記録。
 同年秋の近大1回戦(延長11回4-3)で通算100安打目となる右越え決勝ソロを放っている。
 全国大会には2、3年時秋の明治神宮野球大会(いずれも初戦敗退)に出場。
 全2試合に1番・二塁手としてスタメン起用され、それぞれ1単打(左前打、遊内安)を記録した。
 通算102試合、打率.270、108安打、2本塁打、44盗塁。

 日本生命では1年目から公式戦に出場。
 夏の都市対抗本戦で2大大会デビューを果たし、2試合3打席の途中出場で2本の単打を放つ。
 2回戦・シティライト戦で外低めチェンジを中前に弾き返す全国初ヒットを記録。
 同秋の選手権に1番・セカンドとして出場し、打率.316の活躍で創部4度目の準Vに貢献した。
 打ち取られた二ゴを内野安打にするなど持ち前の脚力を武器にチームを牽引。
 準決勝・日鉄鹿島戦で中前打(外低め直球)&レフト前タイムリー(甘め直球)を記録している。
 二大大会7試合、打率.364、8安打、0本塁打、2打点。

 171cm65kg、俊足巧打好守の小柄なセカンド。
 コンパクトに振り切るスイングで広角に打ち分ける左の巧打者。1年目から先頭打者を任された。
 一塁到達タイム3.9秒台の脚力が持ち味。打ち取られたゴロを内野安打にする。
 大学1年春までは外野手(主に左翼手)として活躍、同年秋のリーグ戦から二塁手に転向した。
 遠投92メートル、50m走5秒8(高3春選抜時点)。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年03月20日(金)|2020年社会人野手 | 関西学生 コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
隠し玉としては面白いと思う。
| 匿名 | 2020年03月22日(Sun) 00:51 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年社会人野手 | 関西学生 コメント(1) Page Top↑