多田 裕作(NTT東日本)|ドラフト・レポート

多田 裕作(NTT東日本)

ここでは、「多田 裕作(NTT東日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



176cm83kg 右右 MAX148km スライダー・カーブ・チェンジ・カット・2シーム 日体柏→拓大 1年目
マウンド度胸のいいスリークォーター右腕。都市対抗で若獅子賞受賞、抑えとして4強進出に貢献した。
最終更新日:2021-12-11 (Sat)|2022年社会人投手 東都大学 コメント(0)

  動 画

  投手成績

 ■ 社会人時代成績

   21都     回数 被安 奪三 四死 自責  
   トヨタ自     1  1  0  0  0 147㌔
   T D K    0.2  0  1  0  0 148㌔
   JFE東     2  2  1  1  0 146㌔ ○
           3.2  3  2  1  0 防0.00
       被安打率7.36 奪三振率4.91 四死球率2.45
    ※ 21都:若獅子賞

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   17春: 1 0勝0敗   0.1  2  0  0  1 27.00二部
   17秋:         登板無し          二部
   18春:         登板無し          二部
   18秋: 3 0勝1敗   8.1  10  7  7  8  8.64二部
   19春: 5 2勝2敗  23.2  16  11  10  11  4.18二部
   19秋: 10 5勝2敗  68.2  55  36  22  13  1.70二部(3位)
   20春:         開催中止
   20秋: 6 1勝1敗  34.2  26  30  16  5  1.30二部(4位)
   二部: 25 8勝6敗  135.2 109  84  55  38  2.52
          被安打率7.23 奪三振率5.57 四死球率3.65
    ※ 19秋:最優秀投手(2部)

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   17春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   立正大    0.1  2  0  0  1

   18秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   専修大    1.1  0  3  0  0
           3  4  3  3  5 ●
   国士大 先   4  6  1  4  3 
          8.1  10  7  7  8 防8.64
      被安打率10.80 奪三振率7.56 四死球率7.56

   19春(1完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   日本大 先  4.1  3  2  5  5 ●
   青学大     3  3  4  2  2
   東農大     4  1  0  1  0 ○
   国士大 先   9  4  4  1  1 ○
   専修大 先  3.1  5  1  1  3 ●
          23.2  16  11  10  11 防4.18
       被安打率6.08 奪三振率4.18 四死球率3.80

   19秋(3完1封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   東農大 先   7  5  1  1  3
       先   9  9  7  2  1 ○
   専修大 先   6  3  5  4  0 ○ 146㌔
   青学大 先  8.1  7  5  1  2 ●
   国士大 先   8  9  2  3  1 ●
          0.2  0  0  1  0
           3  1  2  0  0 ○
   日本大 先  6.2  7  4  5  3 
       先   11  10  5  4  3 ○ ※167球
       先   9  4  5  1  0 ○封
          68.2  55  36  22  13 防1.70
       被安打率7.21 奪三振率4.72 四死球率2.88

   19秋入替   回数 被安 奪三 四死 自責
   駒澤大 先   9  6  7  3  0 ● 143㌔
          1.1  0  2  0  0   141㌔
          10.1  6  9  3  0 防0.00
       被安打率5.23 奪三振率7.84 四死球率2.61

   20秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   国士大 先   6  3  6  5  1
   日本大 先   7  8  6  1  1
   大正大 先   6  1  7  2  0 ○
   専修大 先  8.2  7  6  5  1 ●
   青学大 先   6  6  4  3  2
           1  1  1  0  0
          34.2  26  30  16  5 防1.30
       被安打率6.75 奪三振率7.79 四死球率4.15

  最新記事

 ■ NTT東日本4強 タイブレーク4時間12分の激闘制した!(スポニチ) 21/12/8

 NTT東日本の新人右腕・多田が、最後は135キロのフォークを低めに決め、空振り三振を奪った。延長11回。スコアは7―5。4時間12分の激闘を制し「気持ちで乗り切りました」と胸を張った。2―2の9回1死一塁の場面でマウンドへ。打たれればサヨナラ敗戦のピンチを脱し、延長戦に突入した。10回からは1死満塁でのタイブレーク。4番・平山快を「イメージ通りのボールが投げられた」と内角シュートでバットをへし折って遊飛。5番・峯本も中飛に仕留める踏ん張りが、勝利につながった。

   21年公式戦       回数 被安 奪三 四死 失点
   日選手権:日本ウェルネ     1  1  1  0  0
   都対予選:エスプライド     1  0  2  1  0
       :明安生命    0.2  0  1  1  0
       :東京ガス     2  1  0  1  0 
   企業秋季:JR東日本    2.1  4  2  0  0
   伊勢松阪:JR東海     1  0  0  0  0
       :西濃運輸    1.1  1  1  0  1
       :ホンダ熊本    0.2  1  1  0  0
   都市対抗:トヨタ自     1  1  0  0  0 147㌔
       :T D K    0.2  0  1  0  0 148㌔
       :JFE東     2  2  1  1  3 146㌔
               13.2  11  10  4  3 防0.00
            被安打率7.24 奪三振率6.59 四死球率2.63

 ■ NTT東日本が都市対抗出場へ王手(日刊スポーツ) 21/9/27

 NTT東日本が継投で逃げ切り、本大会出場に王手をかけた。最後はルーキー多田裕作投手(22)が、粘る明治安田生命の反撃を抑えて勝利を決めた。飯塚監督も「インコースにズバズバ投げられるピッチャー緊迫した場面で投げられるのはすごい。ナイスピッチングでした」と絶賛の内容だった。

 ■ 拓大エース多田、東海大戦で好投6回1失点 スカウト高評価(スポニチ) 20/3/17

 東都大学野球リーグ2部の拓大が16日、東海大とオープン戦を行った。エースの右腕・多田裕作投手が6回1失点と力投。走者を背負っても粘り強く投げ、要所で内角への制球が光った。直球の平均速度アップを目指し、体重を4キロ増の84キロにすると最速は147キロまで伸びた。この日も最速タイをマーク。ツーシームも効果的に決まった。3球団のスカウトが視察しDeNAの河原隆一スカウティングディレクターは「右打者への内角の使い方がうまい。あのコースへ投げられる投手は少ないし、投球が確立できている」と高く評価した。

  【大3秋入替戦】直球130㌔後半~140㌔前後、スライダー120㌔台、カット130㌔前後
          2シーム130㌔前後、チェンジ120㌔前後

  プロフィール

 東京都足立区出身。 
 多田 裕作(ただ・ゆうさく)投手。
 東京都・足立区立第十中学校を経て千葉・日体大柏に進学。

 日体大柏時代は控え投手で目立った実績は無し。
 3年時夏の予選全3試合に救援・先発で登板し、3回戦・東邦附戦で8回0封の好投を見せた。
 2学年上に白銀滉大、1学年上にエドポロ・ジョセフら。

 拓殖大では1年時春から2部リーグ戦に出場。
 3年生の春になって先発救援で出番を増やし、救援した第5週・東農2回戦で初白星を収める。
 3年時秋のリーグ戦で主戦の座を掴み、混戦を制して勝ち点4での優勝を達成。
 13試合中10試合(先8)、計68.2回を投げ、リーグ2位5勝、防1.70で最優秀投手を受賞した。
 逆転優勝をかけた最終週・日大戦で、先発3連投、2完投勝利の奮闘を披露。
 延長11回までもつれた2回戦で7-6完投勝ち、最終3回戦で4安打5-0初完封を記録している。
 2部通算25試合、8勝(4完投1完封)6敗、135.2回、防御率2.52。

 NTT東日本では1年目冬の都市対抗で全国デビュー。
 度胸の良さを買われて抑え投手として出場し、1勝無敗、防御率0.00の活躍で若獅子賞に輝く。
 延長11回TBを制した準々決・JFE東戦(7対5)で自身初の全国白星を記録。
 全4試合中3試合のマウンドに上がり、計3.2回で3安打、2K3失点(TBで失点)の力投を見せた。
 二大大会3試合、1勝0敗、3.2回、2三振、防御率0.00。

 176cm83kg、マウンド度胸のいいスリークォーター右腕。
 セットから膝を引き上げて前傾して軽く腰を下げ、着地早めにヒジを使った腕の振りから投げ込む
 最速148㌔、常時140㌔台中盤(抑えを務めた1年目の都市対抗)の真っすぐと、
 140㌔台の2シーム、130㌔台で落ちるチェンジアップ、その他にスライダーなどの変化球を操る。
 連投をこなすタフな右腕。大3秋の1季で12試合(先8)68.2回1061球を投げた。
 ストレートに変化球を交えて打たせて取る投球が持ち味。ツーシームで右打者の内角を攻める。
 大学3年夏の投球フォーム修正で不安定さを改善した。

  スカウトコメント

DeNA・河原隆一スカウティングディレクター|20/3/17
 「右打者への内角の使い方がうまい。あのコースへ投げられる投手は少ないし、投球が確立できている」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021-12-11 (Sat)|2022年社会人投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年社会人投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑