冨水 大和(徳島インディゴソックス)|ドラフト・レポート

冨水 大和(徳島インディゴソックス)

ここでは、「冨水 大和(徳島インディゴソックス)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



178cm73kg 右右 MAX150km スライダー・カーブ 網走桂陽高 19歳
最速150㌔直球が武器の本格派右腕。高2春から投手に専念、3年時夏に最速150㌔を計測した。

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   18夏           回数 被安 奪三 四死 失点
   地区2回戦:北見北斗 先 10.1  5  6  8  2 ※延長11回5対6

   19春           回数 被安 奪三 四死 失点
   地区1回戦:網走南丘 先   9          6 ※3対6完投負け

   19夏           回数 被安 奪三 四死 失点
   地区1回戦:北見柏陽 先   8         10 ※9-10サヨナラ

  最新記事

 ■ 網桂陽高・冨水投手、徳島へ 最速149キロ「NPB目指したい」(道新) 19/12/21

 網走桂陽高3年の冨水大和さん(18)が、野球の独立リーグ「四国アイランドリーグplus」所属の「徳島インディゴソックス」からドラフト指名を受け、投手としての入団が内定した。本格的に投手となってから、わずか1年半での「プロ」入り。冨水さんは「1年目から活躍して、将来はセ・パのチームへの入団も目指したい」と決意を誓っている。

  プロフィール

 北海道網走市生まれ。
 冨水 大和(とみみず・やまと)投手。
 小学校2年生の時から軟式野球を始め、網走第二中では軟式で投手兼内野手。

 網走桂陽では当初、外野手兼投手としてプレー。
 2年時春から自ら希望して本格的に投手を始め、地区準決・紋別戦で5-4初完投勝利を飾る。
 同年夏の地区2回戦・北見北斗高戦で10.1回8四死球2失点の力投を披露。
 チームとしては11回5-6で惜しくも敗戦となり、以降4シーズン連続で地区初戦敗退を喫した。
 プロ注目・石澤大和と投げ合った3年時春の地区初戦で9回3-6完投をマーク。
 17三振を奪われたチームの中で4安打3長打(二塁打2、三塁打1)を放つ奮闘を演じている。
 3年時夏の予選は北見柏陽に9-10サヨナラ(完投)で敗れ地区1回戦で敗退。
 自己最速を150㌔まで伸ばし、プロを志望したが、ドラフト指名は無く、徳島IS入団を選択した。
 地区代表決定戦が最高成績。全道大会の経験は無し。

 178cm73kg、最速150㌔直球を持つ本格派右腕。
 ノーワインドアップからテイクバック深く投じる最速150㌔直球が武器。スライダー、カーブを交える。
 高校2年の春から投手に専念、3年時春に145㌔、同年夏に150㌔を計測した。
 2年生の夏以降4季続けて地区初戦敗退で公式戦実績は少なめ。コントロールに課題が残る。
 遠投112mの強肩、50m走6秒2。スクワット150キロ。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年02月25日(火)|独立リーグ候補 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:独立リーグ候補 | コメント(0) Page Top↑