戸田 懐生(徳島インディゴソックス)|ドラフト・レポート

戸田 懐生(徳島インディゴソックス)

ここでは、「戸田 懐生(徳島インディゴソックス)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



170cm69kg 右右 MAX148km スライダー・カーブ・カット・チェンジ KTCおおぞら高校 20歳
最速148㌔直球を持つ救援右腕。1年目19.1回で21K無失点。縦スラ、カット、チェンジアップを交える。

  動 画

  投手成績

 ■ 独立リーグ時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   19年: 17 1勝0敗5S 19.1  7  21  12  0  0.00
   通算: 17 1勝0敗5S 19.1  7  21  12  0  0.00
          被安打率3.26 奪三振率9.78 四死球率5.59

 ■ 甲子園成績

   17夏     回数 被安 奪三 四死 自責
   青森山田 先   9  6  7  4  1 144㌔ ○
   三本松高     1  2  2  1  0 138㌔
   花咲徳栄     3  2  4  4  0 141㌔
           13  10  13  9  1 防0.69
       被安打率6.92 奪三振率9.00 四死球率6.23

投手成績詳細

 ■ 独立リーグ時代成績

   2019年  回数 被安 奪三 四死 自責
   高知    1  0  2  0  0 146㌔
   高知    1  2  2  0  0
   高知    2  0  2  1  0
   愛媛    2  1  0  1  0 143㌔
   高知    1  0  3  0  0 140㌔
   愛媛    1  0  1  2  0 
   巨人    1  0  1  1  0 145㌔
   香川    1  0  2  1  0 140㌔
   香川   0.1  0  0  0  0 144㌔
   香川    1  1  2  1  0 144㌔
   香川    1  1  1  1  0
   愛媛    1  0  1  2  0 144㌔
   高知    1  0  2  0  0 142㌔
   SB    1  1  0  0  0 148㌔
   SB    1  0  0  2  0 144㌔
   SB    2  1  2  0  0 144㌔
   香川    1  0  0  0  0 145㌔
        19.1  7  21  12  0 防0.00
     被安打率3.26 奪三振率9.78 四死球率5.59

 ■ 高校時代成績

   16夏(背番号18)    回数 被安 奪三 四死 失点
   準々決:国学久我     1  2  1  0  0

   16秋(背番号8)    回数 被安 奪三 四死 自責
   3回戦:関東一高 先  6.1  7  5  5  3

   17夏(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:桐朋高校     2  1  1  2  0 
   4回戦:世田谷学 先   7  4  7  1  1
   準々決:日大三高     1  0  1  0  0
   準決勝:日大二高 先   5  7  3  1  3 139㌔
               15  12  12  4  4 防2.40(失点から算出)
           被安打率7.20 奪三振率7.20 四死球率2.40

  最新記事

 ■ 四国IL徳島・戸田懐生投手 肘痛で高校退学も(スポニチ) 20/5/22

 2年秋から肘の故障で野球をやめ高校を退学。通信制高校に進んだ。それでも肘の痛みが消えた昨年6月。東海大菅生時代の顧問に相談し、徳島を紹介されたことが転機となった。後期から加入した戸田は守護神を務め、19回1/3で21三振を奪い自責点0。独立リーグ日本一に貢献し、プロのスカウトの目にも留まった。今年は先発に転向。投球フォームも一度上げた左足を止めてから勢いをつける「2段モーション」を採用し、最速148キロの球威とともにリリースも安定した。2月の韓国の高校相手には8者連続三振を記録。同26日の西武2軍との試合では2回2失点ながら「プロの打者は空振りの確率は低い。直球の回転数やスピードをより磨きたい」と目指す方向性は明確になった。

 ■ 東海大菅生・監督「当たり前」戸田懐生の完投驚かず(日刊スポーツ) 17/8/18

 東海大菅生が8強入りを決めた。背番号11の戸田懐生投手(2年)が快投した。171センチと小柄だが、左足を大きく上げるダイナミックなフォーム。自己最速を1キロ更新する144キロ直球とカットボールで青森山田打線を圧倒した。5回1死まで無安打。結局7回のソロ本塁打による1失点に抑え完投、7三振を奪った。西東京大会では背番号1。しかし決勝戦などで好投した松本健吾投手(3年)に甲子園でエースナンバーを奪われた。「悔しかったし情けなかった」という鬱憤を見事に晴らした。

  プロフィール

 愛知県高浜市出身。
 戸田 懐生(とだ・なつき)投手。
 高浜市立南中時代は硬式野球チーム・愛知衣浦シニアでプレー。
 3年春に全国大会出場を果たした。

 東海大菅生では1年時から控えとしてベンチ入り。
 2年時夏の西大会で背番号1の座を掴み取り、小玉、片山、田中らを擁して17年ぶりVを飾る。
 エース格・松本に次ぐ実質2番手を務め、6戦中4試合(先2)、計15回に登板。
 続く甲子園本大会に背番号11番として挑み、3試合13回3失点の活躍で初4強に貢献した。
 先発を任された3回戦・青森山田戦で自己最速を1㌔更新する144㌔を計測。
 19安打9得点の大量援護を受けて6安打7奪三振1失点(ソロ被弾)完投勝利を収めている。
 2年時秋から再び背番号1を背負うも、二松高に5-12で敗れ1次予選で敗退。
 その後、通信制のKTCおおぞら高校に編入し、翌19年6月に徳島IS入団(練習生)を果たした。
 1学年上に松本健吾、小玉佳吾、同期に片山昂星、田中幹也ら。

 徳島インディゴソックスでは1年目後期から公式戦に出場。
 すべてリリーフとして17試合、計19.1回に登板し、1勝0敗5セーブ、21K、防0.00の実績を残した。
 リーグ通算17試合、1勝0敗5S、19.1回、21K、防御率0.00。

 170cm69kg、148㌔直球を持つ小柄な右オーバースロー。
 ノーワインドアップから溜めを作って重心を下げ、着地早めに右ヒジを柔らかく使った腕の振りから
 投げ下ろす最速148㌔、常時130㌔台後半から140㌔台前半(救援)の直球と、
 120㌔台から130㌔前後の縦スラ、120㌔台から130㌔前後のカット、120㌔強のチェンジアップ。
 最速148㌔を計測する救援右腕。縦スライダー、沈むチェンジアップをおり交ぜる。
 負けん気の強さも持ち味の一つ。新たな球種としてカットボールを習得した。制球に甘さが残る。
 1年目の被安打率3.26、奪三振率9.78、四死球率5.59。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年05月22日(金)|独立リーグ候補 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:独立リーグ候補 | コメント(0) Page Top↑