前川 右京(智弁学園)|ドラフト・レポート

前川 右京(智弁学園)

ここでは、「前川 右京(智弁学園)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm88kg 左左 外野手 遠投90m 50m6秒7
1年夏から4番を打つ通算21発の強打者。秋8試合で6発。JR西・前川夏輝を2歳上の兄に持つ。

  動 画

  打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19夏: 1 .400  5  2 1 0 0 3 1 0 0  .400  .600(4番/左)
   通算: 1 .400  5  2 1 0 0 3 1 0 0  .400  .600

  最新記事

 ■ 智弁学園1年生4番・前川 「岡本より飛ばす」(スポーツ報知) 20/1/27

 智弁学園の前川右京外野手は、OBで巨人の岡本和真内野手をほうふつとさせる奈良の新怪物だ。小坂将商監督は「持っているものはすごい。左打者では一番いい。岡本よりは絶対に飛ばす力がある」と断言。井元康勝部長も「岡本は体が柔らかかったからか、(本塁打は)放物線を描くような感じ。前川はライナー。二段ロケットみたい」と評する。中学野球引退後に、兄の夏輝から「体を大きくしてバットを強く振らないと、高校でやっていけない」と助言され、現在の体重は中学3年夏から約25キロ増の88キロになった。小坂監督が「球を強くつぶせるのがいい」という怪力で、これまで10本近い金属バットにヒビが入った。「その代わり、(バットの)しなりがない。下半身の回転が下手くそ」と、課題を指摘する。「下半身の回転が良くなって、バットの出し方が簡単に分かってきたら十分、上(プロ)でやっていける。吉田(正尚)みたいになるんじゃないか」と、大きな期待を寄せる。

       試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19春近畿: 2 .143  7  1 0 0 0 1 0 1 0  .250  .143(5番/左)
   19夏奈良: 5 .308 13  4 0 0 0 5 1 8 1  .571  .308(4番/左)
   19秋奈良: 5 .688 16 11 1 0 4 11 1 4 1  .750 1.500
   19秋近畿: 3 .462 13  6 1 0 2 6 1 0 0  .462 1.000(4番/一)
   通  算: 15 .449 49 22 2 0 6 23 3 13 2  .565  .857

   1号:19春県3回戦(高田商):右越えソロ弾 5号:19秋県準決勝(天理高):右中間ソロ弾
   2号:19秋県3回戦(桜井高):右越え2ラン 6号:19秋近1回戦(神国附):右越え3ラン
   3号:19秋県3回戦(桜井高):右越え2ラン 7号:19秋近1回戦(神国附):中堅右ソロ弾
   4号:19秋県準々決(郡山高):右場外3ラン

 ■ 智弁学園・前川2発、岡本級パワーで金属バット破壊(日刊スポーツ) 19/10/20

 智弁学園が神戸国際大付を下し、2回戦に進んだ。今夏の甲子園でも4番に座った強打者、前川右京内野手(1年)が2打席連発の活躍で勝利に導いた。2点を追う3回2死二、三塁から初球を捉えて右翼席上段に逆転の3ラン。5回にも、再び初球を捉えバックスクリーン右に追撃ソロを放った。ともに推定120メートル越えの特大弾で、一振りで観客をどよめかせた。

  プロフィール

 三重県津市生まれ。
 前川 右京(まえがわ・うきょう)外野手。
 白塚小1年時からソフトボールを始め、一身田中では津ボーイズで通算6発。
 2学年上の兄に現JR西日本・前川夏輝を持つ。

 智弁学園では1年時春から5番レフトでレギュラー。
 同年夏の県大会で4番打者の座を掴み取り、打率.308本0点5の活躍で3年ぶりの優勝を飾る。
 甲子園初戦・光星戦で2打席連続適時打を放つも投手が崩れ8対10で敗戦。
 続く秋の予選で打率.587本6点17と打棒を振い、奈良1位での近畿ベスト4進出を達成した。
 県準々・郡山戦で高めの球を佐藤薬品スタジアム右翼場外に飛ばす3ラン弾。
 近畿1回戦・神戸国際大付戦で2打席連続弾(高めフォークを右越え&中堅右)を放っている。
 2個上に坂下翔馬遊撃手、同学年に小畠一心投手ら。

 175cm88kg、強打が魅力の4番・左翼手。
 高校通算21本塁打、力強く振り切るスイングで弾き返す左の強打者。1年時夏から4番に座る。
 遠くに飛ばす力が魅力。高校進学後の体重大幅増で打撃の力強さを増した。
 1年秋8試合で6発、佐藤薬品球場(中120m、両93m)で中堅右弾・右場外弾を放っている。
 1年時春からレフトとしてレギュラー、同年秋の近畿大会ではファーストを務めた。
 監督からパワーで岡本級の評価を獲得。一方で下半身の使い方を課題として指摘されている。
 遠投90m、50m走6秒7。公式戦通算7発。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年02月19日(水)|2021年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年高校生野手 | コメント(0) Page Top↑