橋本 拳汰(日本体育大)|ドラフト・レポート

橋本 拳汰(日本体育大)

ここでは、「橋本 拳汰(日本体育大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



191cm90kg 右右 MAX146km スライダー・チェンジ・カーブ 健大高崎
最速146㌔の力ある直球と、スライダー、落ちるチェンジアップ。関東大会決勝で山梨学院を完封した。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

     試合    回数 被安 奪三 四死 自責
   20交: 1     1  1  1  0  0 140㌔ 帯広農業
   通算: 1     1  1  1  0  0 防0.00
       被安打率9.00 奪三振率9.00 四死球率0.00

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   19秋(背番号11→10)    回数 被安 奪三 四死 失点
   群馬2回戦:太田高校     2  3  3  2  1
     準決勝:前橋育英     1  2  1  2  2
   関東1回戦:常総学院     5  2  4  3  0
     決勝戦:山梨学院 先   9  6  7  1  0封140㌔
   神宮2回戦:明豊高校 先   3  4  3  2  3 138㌔
     決勝戦:中京大中 先   6  8  6  0  4 138㌔
                 26  25  24  10  10 防2.77
             被安打率8.65 奪三振率8.31 四死球率3.46

  最新記事

 ■ 健大高崎右腕2投手、プロのスカウト陣へアピール(日刊スポーツ) 20/8/16

 8回に登板した橋本拳汰投手はスライダーで空振り三振発進。1安打無失点の好内容だった。「自分の出来ることは全部出せた甲子園だった。真っすぐも低めに投げられたし、変化球も良かったと思う」。ケガ予防も含めて、今冬もこぢんまりとせず「大胆に投げるフォーム」を追及し、球の勢いも増した。「プロ志望高校生合同練習会」にも参加予定。「最速が144キロでは物足りない。時間はないが、そこまでにまずは145~146キロは欲しい。あとは変化球のコントロールを磨いていきたい。そうでなければ真っすぐを狙われてしまう」と次の目標に向かった。

   20夏(背番号10)      回数 被安 奪三 四死 失点
   群馬3回戦:太田東高 先   4          1
     準々決:常磐高校     1          0
     決勝戦:桐生第一     1  0  1  0  0
                 6     9  0  1 防0.00
                   奪三振率13.50 四死球率0.00

 ■ 健大高崎に“東海のダル”!橋本拳の完封で群馬勢40年ぶり制覇(産経) 19/10/28

 関東大会は27日、決勝が行われ、高崎健康福祉大高崎が山梨学院を3-0で下し、初優勝を飾った。191センチ右腕、橋本拳汰投手が9回6安打で完封。140キロを計測した直球にスライダーを交え、3季連続で甲子園に出場している山梨学院打線を封じた。中学時代に身長が190センチに達し、野茂英雄氏が総監督を務める選抜チーム「NOMOジャパン」に選出され“東海のダルビッシュ”とも呼ばれた。高校入学後は1年春からベンチ入りも、昨冬に肩や腕にしびれが生じる胸郭出口症候群を発症し、手術。リハビリ期間に下半身の強化に励み、球速は入学時から10キロ近く伸びた
 190センチ右腕で最速142キロの健大高崎・橋本拳汰もプロ注目。(報知高校野球)

  プロフィール

 三重県いなべ市出身。
 橋本 拳汰(はしもと・けんた)投手。
 三里小学校1年生の時に野球を始め、大安中時代は桑員ボーイズに所属。
 中学3年生の夏にNOMOジャパン入りを果たした。

 健大高崎では1年時春から控え投手としてベンチ入り。
 2年時秋の新チームになって登板機会を増やし、下に次ぐ投手として関東初V、神宮準Vを飾る。
 1年時冬に発症した胸郭出口症候群(手術)を克服して142㌔右腕へと成長。
 全13戦中6試合(先3)、計26回に登板し、25安打10四死球、24K10失点の粘投を見せた。
 背番号10番ながら神宮大会4戦中2試合(9回12安打7失点)で先発を経験。
 関東大会決勝・山梨学院戦(140㌔計測)で、6安打7K、3-0初先発初完封を記録している。
 翌3年夏の県大会を準優勝で終え、同年8月の甲子園交流戦で聖地デビュー。
 38年ぶり出場の21世紀枠・帯広農と対戦し、1-4敗戦の中で1回1三振0封の結果を残した。
 大会後、志望届を高野連に提出し、9月はじめの高校生合同練習会に参加。
 シート打撃で最速146㌔(平均141.5)をマークし、打者7人を1単打2四球2K(直球2)に抑えた。
 2学年上に山下航汰(巨人18年育成1位)、同期に下慎之介ら。

 191cm90kg、プロ注目の最速146㌔長身右腕。
 セットで溜めて軽く重心を下げながら早めに着地し、開き早めに肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ下ろす最速146㌔、常時140㌔弱から140㌔前半(合同練習会)の直球と、
 120㌔弱から120㌔台のスライダー、110㌔台から120㌔台のチェンジアップ、110㌔台のカーブ。
 最速では146㌔を計測する長身投手。スライダー、落ちるチェンジアップを交える。
 1年時冬に患った胸郭出口症候群を克服、2年時秋になって2番手として一定の実績を残した。
 主戦・下と共にプロから注目されている。遠投110m。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2020年12月24日(木)|2024年大学生投手 | 首都大学 コメント(1) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
あまり話題になっていないけど、甲子園交流試合で投げた3年生の投手のうち、高橋、中森、小林の上位候補3人を除いた中で一番面白いと感じたのがこの投手。
身長の高さと肩の可動域の広さは天性のものだし、これだけの長身でありながらフォームのバランスも悪くない。

気になるのが左肩の開きが早いことで、胸が早く正面を向いてしまうことでボールに力を伝え切れていないのかなという気はするが、それでも現状で140km中盤の球速が出ている。

健大高崎では投手育成に関して、球数制限や登板間隔は厳格に決められているものの、トレーニング方法については個人の裁量に任されている部分が多いらしく、本人がそこまで体の開きを意識してこなかったのかもしれない。
逆に言えば、そこを上手く指導できればプロでも大化けしそうで、ドラフトでも下位で指名してみると意外な掘り出し物になるのではないかと思う。
| 東京漢(とんちんかん) | 2020年08月29日(Sat) 13:45 | URL #mQop/nM. [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2024年大学生投手 | 首都大学 コメント(1) Page Top↑