金田 悠太朗(東海理化)|ドラフト・レポート

金田 悠太朗(東海理化)

ここでは、「金田 悠太朗(東海理化)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



177cm70kg 右右 MAX148km スライダー・カーブ 厚木北高→帝京大 1年目
しなやかさのある細身の右腕。3年春に147㌔をマーク。東海大相手に5回1安打0封の好投を見せた。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   17春:        登板無し
   17秋:        登板無し
   18春: 3 0勝1敗  3.2  10  0  4  5 12.27
   18秋: 1 0勝1敗
   19春: 6 1勝2敗   28  18  18  10  6  1.93(5位)
   19秋: 6 1勝1敗  16.1  17       5  2.76
   20春:        開催中止
   20秋: 2 0勝0敗   2  3  2  2  0  0.00
   通算: 17 2勝4敗   50  48       16  2.88(18秋を除く)

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   18春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   東海大 先  1.1  5  0  2  3 ●
   武蔵大    1.1  3  0  2  2
   日体大     1  2  0  0  0
          3.2  10  0  4  5 防12.27
       被安打率24.55 奪三振率0.00 四死球率9.82

   19秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   日体大 先  7.1  4  3  2  1…開幕投手
           1  3  0  0  1
   武蔵大 先   3  6       2 ●
   筑波大     2  2  0  1  0 ○
           2  2       1
   東海大     1  0  0  0  0
          16.1  17       5 防2.76

 ■ 高校時代成績

   15夏         回数 被安 奪三 四死 自責
   2回戦:横須賀工 先  8.2  6  7  2  1

   16夏(背番号3)    回数 被安 奪三 四死 自責
   3回戦:桐光学園 先   8  10  2  1  4…中川颯を右安1本に抑える力投

  プロフィール

 ■ 厚木北・金田完投負けも「やり切れた」(日刊スポーツ) 16/7/22

 厚木北は打線が3安打に抑えられ、完封負けした。0-0の2回表に1死満塁のチャンスを作ったが、あと1本が出なかった。完投したものの勝利に届かなかった金田悠太朗投手は「勝ちたかったし悔しいが、個人としてはベストな出来だった。やり切れた」と話した。

   20秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   筑波大     1  1  1  0  0 144㌔
   武蔵大     1  2  1  2  0 144㌔
           2  3  2  2  0 防0.00
      被安打率13.50 奪三振率9.00 四死球率9.00

  プロフィール

 神奈川県厚木市出身。
 金田 悠太朗(かねだ・ゆうたろう)投手。
 厚木市立玉川中時代は硬式野球チーム・厚木シニアでプレー。

 県立厚木北高校では内野手兼投手として活躍。
 1年時秋から投手としての本格的な練習を始め、高校3年間で140㌔超右腕へと成長を遂げた。
 3年時夏の県大会は中川颯を擁する強豪・桐光に0対4で敗れ3回戦で敗退。
 背番号3ながら5番・ピッチャーとして先発で出場し、8回10安打4失点で完投する粘投をみせた。
 県大会4回戦が最高成績。甲子園出場経験は無し。

 帝京大学では2年時春からベンチ入り。
 3年時春になって救援・先発で登板機会を掴み、1勝2敗、防1.93(5位)で十傑入りを果たした。
 3回0封救援を演じた開幕週・日体大1回戦(147㌔を計測)で初勝利を記録。
 シーズン中盤以降の3カードで先発投手を務め、東海大1回戦で5回1安打0封の好投をみせた。
 通算17試合、2勝4敗、50回、防御率2.88。

 177cm70kg、しなやかさのある細身の148㌔右腕。
 ノーワインドからゆっくり始動してタメて重心を下げ、着地早めにヒジを柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速148㌔の伸びのあるストレートと、スライダー、カーブなどの変化球。
 細身ながら常時140㌔強(リリーフ時)を計測。120㌔台のスライダー、100㌔台のカーブを交える。
 大学3年春のリーグ戦で147㌔(平塚)をマークした。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2020年12月10日(木)|2022年社会人投手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年社会人投手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑