辻本 勇樹(NTT西日本)|ドラフト・レポート

辻本 勇樹(NTT西日本)

ここでは、「辻本 勇樹(NTT西日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



173cm73kg 右左 捕手 北海高→仙台大 2年目
二塁送球1.9秒台、プロ注目の強肩捕手。大江竜聖から右三塁打、清水昇から左二塁打を放った。

  動 画

  打撃成績

 ■ 社会人時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19都: 3 .000  11  0 0 0 0 0 2 0 0  .000  .000( 8番/捕)
   19日: 3 .125  8  1 0 0 0 0 2 2 1  .300  .125(8・9番/捕)
   通算: 6 .053  19  1 0 0 0 0 4 2 1  .143  .053

 ■ 大学時代成績

     試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15春:          出場無し
   15秋: 11 .156  32  5 1 0 1 6 4 5 0  .270  .281
   16春: 11 .300  30  9 5 0 0 9 3 8 2  .447  .467(10位)
   16秋: 1   -  0  0 0 0 0 0 0 0 0   -   -
   17春: 11 .303  33 10 2 1 1 10 10 7 1  .425  .515( 6位)
   17秋: 10 .387  31 12 1 1 3 9 5 9 6  .525  .774( 4位)
   18春: 11 .250  36  9 0 0 1 6 9 11 5  .426  ,333
   18秋: 11 .424  33 14 2 2 2 6 3 11 10  .568  .788( 4位)
   通算: 66 .303 195 59 11 4 8 46 34 51 24  .447  .523
    ※ 16春17春秋18秋:ベストナイン 17秋:最多本塁打

  最新記事

 ■ NTT西日本の大江、野村、辻本、松尾らドラフト候補が始動(スポーツ報知) 20/1/6

 今秋ドラフト候補のNTT西日本・大江克哉投手、野村勇内野手、辻本勇樹捕手(いずれも23)、松尾一樹投手(20)が6日、京都府内の同社グラウンドで始動した。仙台大出身の辻本は強肩と俊足が売りで、社会人日本代表として昨年11月下旬から約1か月間、アジアウインターリーグに参加した。スカウトの注目を集める4選手が、日本選手権と都市対抗大会優勝に貢献する。

       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19年AWB: 11 .148  27  4 1 1 1 2 12 5 2  .281  .370

   【二塁送球タイム】 19年都対2回戦:1秒97(3回)、1秒91(6回)
            19年都対3回戦:1秒91(1回)
   【一塁到達タイム】 19年都対2回戦:9回4秒08(一ゴ) 
            19年都対3回戦:6回4秒28(一ゴ)、8回4秒20(二ゴ)
            19年都対準決勝:2回4秒20(二ゴ)、6回4秒23(二ゴ)
            19アジアWL決勝戦:7回3秒72(三安)…セーフティバント

  プロフィール

 北海道札幌市出身。
 辻本 勇樹(つじもと・ゆうき)捕手。 
 東札幌ジャイアンツで軟式の野球を始め、日章中では硬式・札幌南シニアに所属。

 北海高校では1年時から控えとしてベンチ入り。
 2年生の夏から正捕手を任されたが、僅差の敗戦が続き、以降4季中3季で地区敗退を喫した。
 同期に佐藤龍世(西武18年7位)、戸川大輔(西武14年育成1位)ら

 仙台大学では1年時秋から仙台六大学リーグ戦に出場。
 1年生ながら8番・捕手としてスタメンで起用され、第4節・宮教1回戦でライトへの1号ソロを放つ。
 以降、主に正妻としてチームを引っ張り、捕手ベストナインのタイトルを4度受賞。
 4年間7シーズンで合計66試合に出場し、通算59安打、打率.303本8点46の実績を残した。
 2・3年時春の6番起用を経て、同年秋から5番、最終年から3番の主軸で活躍。
 3年時秋に右越え3本塁打(1位)、4年時秋に盗10(2位)、打率.424のキャリアハイを残している。
 通算66試合、打率.303、59安打、8本塁打、46打点、24盗塁。

 NTT西日本では1年目から公式戦に出場。
 春先のスポニチ大会から正妻として先発を担い、夏秋の二大大会で2季連続の8強入りを飾る。
 主に8番打者で全6試合にスタメンで出場するも打率.053点0と打撃面で苦戦。
 シーズン後、社会人日本代表メンバーに選ばれ、12月に行われたAWBで初優勝を達成した。
 12/7に行われたNPBホワイト戦で右中間を破る三塁打(到達タイム11.75秒)。
 同月9日に行われたNPBレッド戦で左翼フェンス直撃二塁打(清水昇の外140㌔)を放っている。
 二大大会6試合、打率.053、1安打、0本塁打、1盗塁。

 173cm73kg、プロ注目の小柄な強肩捕手。
 仙六通算8発、振り切るスイングで左右に長打を放つ左打者。アベレージの低さに課題が残る。
 左打ちで一塁到達タイム4.1秒前後から4.2秒台。大4秋に10盗塁を記録した。
 社会人1年目から正捕手を務め、夏秋と全国8強進出を達成。二塁送球1.9秒台を計測する。
 アジアウインターリーグ11試合で4安打3長打。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年01月10日(金)|2020年社会人野手 | 仙台六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年社会人野手 | 仙台六大学 コメント(0) Page Top↑