松尾 一樹(NTT西日本)|ドラフト・レポート

松尾 一樹(NTT西日本)

ここでは、「松尾 一樹(NTT西日本)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



184cm90kg 右右 MAX147km 広陵高 3年目
将来性の高さを注目される最速147㌔右腕。高3春の県大会で好投を見せた。実績はまだ少ない。

  動 画

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   17春(背番号10)   回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:神辺旭高    2          0
   3回戦:吉田高校    2          0
   準々決:高陽東高    1          0
   準決勝:如水館高    2          0
              7          0 防0.00

  最新記事

 ■ NTT西日本の大江、野村、辻本、松尾らドラフト候補が始動(報知) 20/1/6

 今秋ドラフト候補のNTT西日本・大江克哉投手、野村勇内野手、辻本勇樹捕手(いずれも23)、松尾一樹投手(20)が6日、京都府内の同社グラウンドで始動した。広陵高(広島)卒で右腕の松尾は、184センチの長身から投げる最速147キロの直球が武器だ。スカウトの注目を集める4選手が、日本選手権と都市対抗大会優勝に貢献する。

  プロフィール

 広島県呉市出身。
 松尾 一樹(まつお・かずき)投手。
 阿賀ブルーマリンで軟式の野球を始め、阿賀中時代は瀬戸内シニアでプレー。

 広陵時代に甲子園登板など目立った実績は無し。
 同期の主戦投手・平元銀次郎らの陰に隠れ、3年時夏(甲子園準V)をベンチ外として過ごした。
 3年時春(県大会準優勝)の1季のみ背番号10の控え投手としてメンバー入り。
 県大会全6試合中4試合に全て救援で登板し、合計7イニングを無失点に抑える力投を見せた。
 1学年上に今西拓弥、同期に平元銀次郎中村奨成ら。

 高校卒業後は社会人のNTT西日本に入社。
 大原監督からポテンシャルの高さを高評価され、身体作りと平行して練習試合で経験を積んだ。
 2年目2019年までに公式戦での登板機会は無し。

 184cm90kg、長身小顔のプロ注目147㌔右腕。
 セットからタメを作って重心を下げ、小さめのテイクバックを取り、右肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速147㌔(NTT西日本入社時点でマーク)の力ある直球と変化球。
 ストレートを武器とする本格派右腕。入社後2年間の体作りで83kgから90kgまで体重を上げた。
 潜在能力高く将来性が魅力。実績はまだ少ない。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年01月08日(水)|2020年社会人投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年社会人投手 | コメント(0) Page Top↑