北海道日本ハムファイターズ/ドラフト2020|ドラフト・レポート

北海道日本ハムファイターズ/ドラフト2020

ここでは、「北海道日本ハムファイターズ/ドラフト2020」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



こちらでは日本ハム2020年ドラフト情報をまとめて掲載しています。
※ 12球団個別ページはコテハン限定です(無記名、捨てハンによる書き込みは削除いたします)。

  2019年指名選手

 【1位】河野(JFE 西)左 【2位】立野(東理化)投 【3位】上野(京国際)
 【4位】鈴木(JXエネオス)投 【5位】望月(創価大)投 【6位】梅林(広文大)
 【7位】片岡(東国際)外 【育1】宮田(福岡大)外 【育2】樋口(BC新潟)
 【育3】長谷川(新潟)
  過去記事:2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年
       2011年 2010年 2009年 2008年
  指名選手:2008年~2012年 2013年~2018年
  2020年プロスカウト陣/パ・リーグ編

  注目選手リスト・リンク

 【1位】 
 【上位】 伊藤(苫駒大)投 佐藤(近畿大)
 【候補】 西川(東相模)

 ■ コメント有り

 【右】                | 
 【左】                | 
 【捕】                | 
 【内】                | 
 【外】                |  

 ■ 視察情報有り

 【右】                | 浅利(興国高)
 【左】 早川(早稲田)  鈴木(法政大) |
 【捕】                | 
 【内】                | 
 【外】                | 

  最新記事

 ■ 日本ハム スカウト会議で270人リストアップも「ずぬけた選手がいない」(スポニチ) 20/2/19

 日本ハムは18日、今年2度目のスカウト会議を開いた。リストアップしているのは約270人。大渕隆スカウト部長は「各地区担当から上位候補を中心に名前を出してもらった」と説明し、地元・北海道の苫小牧駒大・伊藤大海投手も挙がったという。今年のドラフト戦線については「昨年の佐々木朗希のようにずぬけた選手がいない。各球団の需要で1位が割れる可能性がある」と見ていた。
 現段階では大学生が多いといい、大渕隆スカウト部長は「(昨年の佐々木朗希のような)ずばぬけた選手はいない。高校生がぐっと上がってくることを期待したい」と話した。(北海道新聞)

 ■ 日本ハム初の道産子1位指名か 侍候補選出の逸材(日刊スポーツ) 20/1/3

 日本ハムが今秋ドラフトで、球団初の道産子1位指名の可能性が浮上した。上位候補としてリストアップしているのは、苫小牧駒大・伊藤大海投手だ。吉村GMは「素晴らしい。一般論だが、現状の能力からして十分、1位指名されることは考えられる」と評価している。伊藤の他にも1位入札候補として、吉村GMは「野手もあると思う。大卒三塁手とか高卒外野手とか。まだ決まっていないけど、難しい選択になる」とも話した。大卒三塁手は近大・佐藤輝明内野手とみられる。高卒外野手は東海大相模・西川僚祐外野手ら逸材が多くそろっている。道産子の伊藤を含めて最後まで動向を見極めることになりそうだ。

 ■ 日本ハム 東京五輪からドラフト指名!? 陸上十種競技・右代に関心(スポニチ) 19/12/31

 日本ハムが来秋ドラフトで、早大ソフトボール部出身の大嶋匠以来の異色指名を行う可能性が出てきた。吉村浩GMは来年の東京五輪中継を録画して、野球の素質のあるアスリートをチェックする考え。地元・北海道出身の陸上十種競技の第一人者・右代啓祐(33)には具体的関心を示した。吉村GM「いい球を投げているよね」と言った。14年8月に日本ハムが道産子アスリートを始球式に呼んだ。右代は1メートル96の長身で野球経験がないのに、最速は141キロと語っていた。15年7月に横浜スタジアムで務めた始球式では133キロを計測。最近も自身のツイッターにグラブをつけて投球練習する動画を「もっと速い球投げたい」というコメントとともにアップしている。右代が戦う十種競技の一つにやり投げがある。吉村GMはオリックス・山本がやり投げトレーニングを取り入れて昨季、今季の好成績につなげたことに興味があった。「高校時のスカウティングで我々は山本君をそこまで評価していなかった。何かの発見がやり投げによってあったのかもしれない」。だから、ドラフト対象には「右代選手に限らず、やり投げをやっている高校生だって可能性を考えていい」と話す。

過去記事

  スカウトコメント

伊藤大海(苫小牧駒大)|20/1/3
 「素晴らしい。一般論だが、現状の能力からして十分、1位指名されることは考えられる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年02月19日(水)|球団別情報 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
ヤクルトとのオープン戦を観戦しましたが、なんとなく選手に覇気がありません。ガッツ式のトレーニングの疲れがあるのか守備ではイージーミスが目立ちますな。

万波は4打席4三振。試合後、茫然としていましたね。1打席目、外のスライダーを空振りし変化球への対応ができないとわかると、2打席目、3打席目は変化球攻め。そして第4打席はストレート勝負もバットに当たらず……。一つ、プロの洗礼を受けた形ですな。
守備のミスは大目に見ましょう。まずは頭の中を整理して焦らないでもらいたい。

今井は若手の中では一番雰囲気が出てきました。うちの左打の野手は「流し打ち」が好きな選手が多いですが、しっかりと振り抜いて一二塁間を鋭く抜いていく打球は素晴らしい。
ポジションは一塁なので中田、清宮と被ります。できればオープン戦中にサードも試してみたいですね。

気になった野手は、この二人でしょうか。もう少し他の選手のアピールがほしいところです。

悪い意味で気になるのは清水です。「打てる捕手」として期待している選手ですが、2年ほど前の一軍に出始めていた頃の方が強いスイングができていたように思います。
彼が今年一年、正捕手として打撃をアピールできなかった場合は世代を問わず上位で捕手を指名したいところです。
| ゆき | 2020年02月23日(Sun) 22:36 | URL #.ciQz8fI [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:球団別情報 | コメント(1) Page Top↑