申原 理来(大阪桐蔭)|ドラフト・レポート

申原 理来(大阪桐蔭)

ここでは、「申原 理来(大阪桐蔭)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



183cm90kg 右右 MAX145km
恵まれた体格のプロ注目145㌔右腕。威力ある直球が武器。近大附属戦で2回5奪三振を記録した。

  動 画

  最新記事

 ■ ひと足早く来年のドラフト候補を紹介(スポーツ報知) 19/10/16

 大阪桐蔭では、1年秋から主軸を務める西野力矢内野手、仲三河優太外野手、エースの藤江星河投手、最速144キロを誇る申原理来投手らがスカウト注目を集めている。

   19秋(背番号11)      回数 被安 奪三 四死 失点
   大阪2回戦:渋谷高校     1  0  1  0  0
     5回戦:近大附属     2  1  5  0  1
   近畿1回戦:立命宇治     1  0  1  1  0
     決勝戦:天理高校    0.1  0  0  0  0
                4.1  1  7  1  1 防2.08
            被安打率2.08 奪三振率14.54 四死球率2.08

  プロフィール

 兵庫県神戸市出身。
 申原 理来(のぶはら・りく)投手。
 神戸市立西代中学校時代は硬式野球チーム・神戸甲南ボーイズでプレー。

 大阪桐蔭進学後1年時夏の甲子園はベンチ外。
 2年時から控えとして背番号(夏ベンチ外)を付け、秋の予選で府大会V、近畿準Vを経験した。
 いずれもリリーフで4試合に登板し、4.1回で7K(率14.54)、防御率2.08を記録。
 7回コールド9対1の大勝を収めた大阪5回戦・近大附戦で2回5奪三振の力投を披露している。
 同学年に藤江星河伊東光亮仲三河優太西野力矢ら。

 183cm90kg、プロ注目の最速145㌔右腕。
 セットポジションから溜めを作って早めに着地し、テイクバック大きく肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速145㌔の威力のあるストレートと、チェンジアップなどの変化球。
 ストレートを武器とする本格派の右腕。プロからも注目される控え投手。実績はまだ少ない。
 2年時秋の予選で4試合(全てリリーフ)4.1回1安打7奪三振1失点をマーク。
 大阪大会5回戦・近大附戦(7回コールド9対1)で2回5奪三振(1失点)の力投を披露している。
 被安打率2.08、奪三振率14.54、四死球率2.08。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年12月30日(月)|2020年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑