高杉 勝太郎(東海大)|ドラフト・レポート

高杉 勝太郎(東海大)

ここでは、「高杉 勝太郎(東海大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



177cm72kg 右右 MAX149km スライダー・カーブ・チェンジ 東海大札幌
伸びのある直球が武器の本格派。神宮大会で先発を経験。直球で内角を突き、縦スラなどを交える。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   18春:        登板無し
   18秋:        登板無し
   19春:        登板無し
   19秋: 2  2勝0敗   6  7       1  1.50
   通算: 2  2勝0敗   6  7       1  1.50

 【 全国大会 】
   19神    回数 被安 奪三 四死 自責
   東福大 先   2  5  1  2  2 144㌔
   関西大     2  1  0  2  0 142㌔
           4  6  1  4  2 防4.50
      被安打率13.50 奪三振率2.25 四死球率9.00

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   19秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   帝京大     4  7       1 ○
   筑波大     2  0       0 ○
           6  7       1 防1.50

   19秋代決   回数 被安 奪三 四死 自責
   上武大     3  5  3  2  1 146㌔

 ■ 高校時代成績

   16春(背番号17)       回数 被安 奪三 四死 自責
   全 道2回戦:函館工業     4  2  1  4  0
      準決勝:北海道栄     2  1  1  0  0
                  6  3  2  4  0 防0.00
              被安打率4.50 奪三振率3.00 四死球率6.00

   16夏(背番号11)       回数 被安 奪三 四死 失点
   南大会1回戦:ラサール 先   4  3       0

   16秋(背番号1)       回数 被安 奪三 四死 自責
   全 道1回戦:旭川実業 先   6  4  6  3  0
      2回戦:札幌日大 先  6.2  11  5  3  8
                 12.2  15  11  6  8 防5.68
             被安打率10.66 奪三振率7.82 四死球率4.26

   17夏(背番号1)       回数 被安 奪三 四死 自責
   全 道1回戦:駒苫高校 先   8  8  9  2  1

   17夏(背番号1)       回数 被安 奪三 四死 失点
   南大会準々決:北海道栄 先   7  9  6  3  3
      準決勝:函館工業 先   7  4  7  6  2
      決勝戦:北海高校 先   9  14  6  5  6
                  23  27  19  14  11 防4.30(失点から算出)
             被安打率10.57 奪三振率7.43 四死球率5.48

  最新記事

 ■ 強豪揃い混戦模様/南北海道展望(日刊スポーツ) 17/7/8

 北海道栄のエース北村悠貴は、鋭いスライダーと気持ちで押す直球で42年ぶりの夏の甲子園を狙う。東海大札幌の最速145キロ右腕、高杉勝太郎も好調で、好投手同士の対決も注目される。

  プロフィール

 北海道札幌市出身。
 高杉 勝太郎(たかすぎ・しょうたろう)投手。
 二条小学校1年生の時から野球を始め、東海大四中では札幌南シニアに所属。

 東海大札幌では2年時春から控え投手としてベンチ入り。
 同年秋の新チーム結成時から主戦投手を務め、3年時夏に南北海道大会準優勝を達成した。
 現DeNA・阪口皓亮を擁する北海高校に14安打5-6完投で敗れ惜しくもV逸。
 いずれも先発として全4試合中3試合に登板し、計23回27安打11失点に抑える粘投を見せた。
 当時の最速は145㌔。南大会準Vが最高で甲子園経験は無し。

 東海大では2年時秋からリーグ戦に出場。
 シーズン終盤の帝京大2回戦で初登板を果たし、4回7安打1失点の粘投で初勝ち星を収める。
 全国大会には2年時秋の第50回記念明治神宮大会(ベスト4で敗退)に出場。
 先発救援で3試合中2試合、計4回に登板し、0勝0敗、6安打4四死球、防4.50の実績を残した。
 リーグ通算2試合、2勝0敗、6回、防御率1.50。

 177cm72kg、最速149㌔の本格派右腕。
 セットポジションから始動してタメて重心を下げ、開き早めに右肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速149㌔、常時135㌔前後から140㌔台前半(先発時)の伸びのある直球と、
 120㌔前後で縦に曲がるスライダー、100㌔台のカーブ、120㌔台で逃げて沈むチェンジアップ。
 細身ながら最速では149㌔を計測。直球で内角を突き、スライダーなどを交える。
 2年時秋の横浜市長杯で146㌔(ハマスタ)を計測、続く神宮大会で1回戦の先発を経験した。
 現時点では被安打数が多め。制球に甘さが残る。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年12月13日(金)|2021年大学生投手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生投手 | 首都大学 コメント(0) Page Top↑