長谷川 威展(金沢学院大)|ドラフト・レポート

長谷川 威展(金沢学院大)

ここでは、「長谷川 威展(金沢学院大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



178cm81kg 左左 MAX146km スライダー・チェンジ 花咲徳栄高
最速146㌔直球を持つ左サイドハンド。大学日本代表候補。直球とスライダーを武器にリリーフを担う。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   18秋:        登板無し
   19春: 8  0勝0敗  9.2  7  11  6  1  0.93
   19秋: 7  1勝0敗  12.1  3  13  2  0  0.00
   通算: 15  1勝0敗   22  10  24  8  1  0.41
          被安打率4.09 奪三振率9.82 四死球率3.27

 【 全国大会 】
   19神    回数 被安 奪三 四死 自責 
   九産大     1  1  1  3  1 143㌔
   関西大     1  2  1  1  0 141㌔
           2  3  2  4  1 防4.50
     被安打率13.50 奪三振率9.00 四死球率18.00

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責 
   富山大     1  1  1  0  0
   高法大     1  0  2  0  0
   星稜大     1  0  1  0  0
           0  2  1  0  1
   北陸大     2  1  2  2  0
   福工大    0.2  0  1  3  0
          1.2  2  1  0  0 
          2.1  1  2  1  0
          9.2  7  11  6  1 防0.93
      被安打率6.52 奪三振率10.24 四死球率5.59

 ■ 高校時代成績

   17夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:大宮南高     1  0  0  1  0
               1  0  0  1  0 防0.00
           被安打率0.00 奪三振率0.00 四死球率9.00

  最新記事

 ■ V目標「食らいつく」 金沢学院大19年ぶり神宮野球(中日新聞) 19/11/12

 明治神宮野球大会の大学の部に、金沢学院大が十九年ぶりに出場する。軸は先発を担う松井友飛投手(二年)長谷川威展投手(二年)、孫大怜也投手(四年)らとの継投で勝ち抜いてきた

   19秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責 
   富山大     3  1  2  1  0
           2  1  4  0  0
   北陸大     1  0  3  0  0
           2  0  1  0  0
          2.1  1  2  1  0 ○
   星稜大     1  0  0  0  0
   福工大     1  0  1  0  0
          12.1  3  13  2  0 防0.00
       被安打率2.19 奪三振率9.49 四死球率1.46

   19秋代決   回数 被安 奪三 四死 自責
   日国関     3  0  3  1  0
   中京大    3.2  3  4  2  3
          6.2  3  7  3  3 防4.05
       被安打率4.05 奪三振率9.45 四死球率4.05

  プロフィール

 埼玉県さいたま市出身。
 長谷川 威展(はせがわ・たけひろ)投手。
 さいたま市立桜木中学校時代は硬式野球チーム・和光シニアでプレー。
 北関東選抜で日台国際親善大会に参加した。

 花咲徳栄高校では2年時12月に投手転向。
 翌3年夏の予選1戦1回に救援で登板したが、続く甲子園本大会(優勝)はメンバー外となった。
 同期に清水達也西川愛也綱脇慧、1学年下に野村佑希ら。

 金沢学院大では1年時春から救援3試合を経験。
 翌2年春からリリーフで主力投手の一角を担い、同秋のリーグ戦で防0.00(12.1回)をマークした。
 入学後の練習で最速を146㌔まで伸ばし、2年時11月に代表候補入りを達成。
 2年間(18春除く)で15試合、計22回に起用され、1勝0敗、24K、防御率0.41の実績を残した。
 全国大会には2年時秋の第50回記念明治神宮大会(2回戦で敗退)に出場。
 全2試合(2回2K1失点)に中継ぎとして登板し、バラツキを見せながらも最速143㌔を計測した。
 通算15試合、1勝0敗、22回、24奪三振、防御率0.41。

 178cm81kg、リリーフで活躍する左サイドハンド。
 セットからやや捻って前傾しながら軽く重心を下げ、着地早めにヒジを柔らかく使った腕の振りから
 繰り出す最速146㌔の真っ直ぐと、120㌔台のスライダー、130㌔前後のチェンジ。
 横手投げで130㌔中盤から140㌔強をマークする救援左腕。小さめのテイクバックから投じる。
 大学で最速146㌔左腕へと成長を遂げ、2年生で日本代表候補入りを達成。
 北陸リーグ戦15試合(全てリリーフ)22回で24三振(率9.82)を奪取した。制球にバラツキが残る。
 力ある直球とスライダーが持ち味。四死球率3.27。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年11月23日(土)|2021年大学生投手 | 北陸大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生投手 | 北陸大学 コメント(0) Page Top↑