オリックスバファローズ/ドラフト2020|ドラフト・レポート

オリックスバファローズ/ドラフト2020

ここでは、「オリックスバファローズ/ドラフト2020」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



こちらではオリックス2020年ドラフト情報をまとめて掲載しています。
※ 12球団個別ページはコテハン限定です(無記名、捨てハンによる書き込みは削除いたします)。

  2019年指名選手

 【1位】宮城(興南高)左 【2位】紅林(駿河総)内 【3位】村西(近畿大)
 【4位】前 (津田学)投 【5位】勝俣(国武大)内 【育1】佐藤(横隼人)
 【育2】谷岡(武田高)投 【育3】中田(大阪桐)投 【育4】平野(日章学)
 【育5】鶴見(常磐高)捕 【育6】大下(白鴎大)外 【育7】佐藤(仙台大)
 【育8】松山(富山TB)
  過去記事:2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年
       2011年 2010年 2009年 2008年
  指名選手:2008年~2012年 2013年~2019年
  2020年プロスカウト陣/パ・リーグ編

  注目選手リスト・リンク

 ■ リストアップ

 【1位】 
 【上位】 佐藤(近畿大)
 【候補】 来田(明石商)外 西川(東相模)

 ■ コメント有り

 【右】 栗林(トヨタ)         | 中森(明石商)  笠島(気比高)
 【左】 佐藤(慶応大)  早川(早 大) | 東田(西脇工)
 【捕】                | 
 【内】                | 西野(大阪桐)  船曳(大阪桐)
 【外】                | 仲三河(桐蔭)

 ■ 視察情報有り

 【右】                | 浅利(興国高)
 【左】 武次(関国大)         |
 【捕】 深尾(関国大)  榮枝(立命大) | 
 【内】                | 
 【外】 小川(同 大)         | 
 

  最新記事

 ■ オリックス 近大・佐藤をリストアップ パワー魅力「糸井2世」として期待(デイリー) 20/2/6

 オリックスが今秋ドラフト上位候補として佐藤輝明内野手をリストアップしていることが5日、分かった。球団関係者が「リストに入っています。糸井2世でしょう。見ていくことになる」と明かした。佐藤は187センチの大型三塁手。左打席からでも左翼スタンドにも運べるパワーが魅力。俊足、強肩も相まって母校の先輩でもある阪神・糸井の再来と言われている。オリックスはここ数年、三塁のレギュラー不在に悩まされている。昨年のドラフトでは1位で三塁手の石川(東邦)を指名したが、クジで外れた。正三塁手が現れなければ、佐藤指名へと一気に動く可能性もある。

 ■ 【オリックス】球界初の女性スカウト乾絵美氏…インタビュー(スポーツ報知) 20/1/26

 ―今後は高校生、大学生、そして社会人らを見ていくことになるがポイントは?
 「まずはボールに対する顔つきを見たいですね。加えて、結果が出ない時に、どう変えてくるかが大事だと思います。自分で修正する力があるのか、そこも見たいです。あとは周囲の人に与える影響力。プレーひとつで雰囲気を変えられる、チームに与える影響力というのも大事だと思います」
 ―関西を担当。現段階で気になっている選手は?
 「まだこれからで、あくまで個人的なものですが、明石商の来田(涼斗)くん(外野手)はオリックスジュニアのメンバーだったので頑張ってほしいです。あとは関西大の野口(智哉)くん(内野手)。彼もオリックスジュニア。当時からいいなと思っていたので、面白そう。会うのが楽しみですね」

 ■ オリックス、古屋氏と中川氏が退団へ 来季も育成路線は継続(スポニチ) 19/12/17

 オリックスの古屋英夫編成部副部長(64)と中川隆治アマスカウトグループ長(47)が、今季限りで退団することが分かった。今秋のドラフトで中心となった2人の退団により、来季からスカウト体制は一新。牧田勝吾チーフアマスカウトや山口和男スカウトらが中心となり進めていく模様だ。一方でドラフト戦略は来季も不変。今季は球団初となる「社会人選手の未獲得」や「支配下選手より育成選手の獲得が上回る」といった育成路線に舵を取ったが、関係者によると「来年もその路線」だといい、育成のオリックスを推し進める。

過去記事

 ■ オリックスに日本初女性スカウト ソフトボール金メダリスト乾さん(デイリー) 19/12/16

 来年1月1日付で北京五輪・ソフトボール金メダリスト乾絵美氏(36)をアマチュアスカウトに起用することが15日、分かった。現在球団事業運営部コミュニティグループに在籍する同氏の抜てき。日本球界初となる女性スカウトは『オリックス・ベースボール・アカデミー』にいた。乾氏はアテネ五輪、北京五輪の2大会でソフトボール日本代表に捕手として参加。銅メダル、金メダルの獲得に貢献した。現役引退後の2010年3月にオリックスに入団し、ジュニアチームや地域の野球普及活動に携わってきた。ほかに高校野球の大阪予選などが開催される大阪信金スタジアムの運営業務も兼ねてきたが、スカウティングは未経験だ。乾氏の抜てきについて球団関係者は「固定観念にとらわれない視点で選手を見てもらえる人を探していた。たまたま女性だったということです」と説明した。今季最下位に低迷したオリックスだが、6月に福良淳一GMが就任して以来、球団改革は急速に進んでいる。

 ■ オリックス下山真二氏打撃コーチが編成スカウト異動(日刊スポーツ) 19/11/7

 オリックスは7日、1軍打撃コーチを務めた下山真二氏(43)と2軍外野守備・走塁コーチだった早川大輔氏(44)が、1日付で球団本部編成部アマチュアスカウトグループに異動したことを発表した。

 ■ 明石商・来田涼斗に早くも熱視線 オリックスジュニア卒の“生え抜き”(報知) 19/4/9

 オリックスが来年のドラフトに向けて、早くも明石商・来田涼斗外野手に熱視線を送っていることが8日、分かった。今春センバツの準々決勝の智弁和歌山戦で甲子園史上初の先頭&サヨナラ弾をマークしたスーパー2年生は、オリックスジュニア出身。これまで西武・森、ロッテ・藤原などの逸材が同ジュニアに在籍したが、プロでは一人も縁がなかった。球団関係者は「夢がある話ですね」と、今度こそ“生え抜き”のバファローズ戦士誕生を期待している。来田は2014年の「NPB12球団ジュニアトーナメント」で4番を任された。当時のジュニアチームの監督を務めた元近鉄・羽田耕一氏は「体の使い方がうまくてセンスがいい。これから伸びていくだろう」と潜在能力の高さを評価。明石商では強打の1番として、チームを春夏通じて初の4強に導いた。

  スカウトコメント

佐藤輝明(近大)|球団関係者|20/2/6
 「リストに入っています。糸井2世でしょう。見ていくことになる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年02月06日(木)|球団別情報 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
管理人様
2020年ページの作成ありがとうございます。

ドラフト関連の話としては、堀井氏がJR東日本の監督から慶大の監督になりました。
堀井氏は三菱自動車岡崎で監督を務めていた時から、オリックスに多数の選手を送り込んでおり、良い関係を結べているアマチュア野球界関係者の一人です。
「慶大→オリックス」という経歴は近年だとあまり思い浮かばないですが、これを期に慶大は勿論、東京六大学野球連盟ともパイプを築ければ。
| 横浜のバファローズファン | 2019年11月08日(Fri) 19:03 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:球団別情報 | コメント(1) Page Top↑