オリックスバファローズ/ドラフト2020|ドラフト・レポート

オリックスバファローズ/ドラフト2020

ここでは、「オリックスバファローズ/ドラフト2020」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



こちらではオリックス2020年ドラフト情報をまとめて掲載しています。
※ 12球団個別ページはコテハン限定です(無記名、捨てハンによる書き込みは削除いたします)。

  2019年指名選手

 【1位】宮城(興南高)左 【2位】紅林(駿河総)内 【3位】村西(近畿大)
 【4位】前 (津田学)投 【5位】勝俣(国武大)内 【育1】佐藤(横隼人)
 【育2】谷岡(武田高)投 【育3】中田(大阪桐)投 【育4】平野(日章学)
 【育5】鶴見(常磐高)捕 【育6】大下(白鴎大)外 【育7】佐藤(仙台大)
 【育8】松山(富山TB)
  過去記事:2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年
       2011年 2010年 2009年 2008年
  指名選手:2008年~2012年 2013年~2019年
  2020年プロスカウト陣/パ・リーグ編

  注目選手リスト・リンク

 ■ リストアップ

 【1位】 
 【上位】 佐藤(近畿大)
 【候補】 来田(明石商)外 西川(東相模)

 ■ コメント有り

 【右】 栗林(トヨタ)  大道(八学大) | 中森(明石商)  笠島(気比高)
     石井(JR東)  宇田川(仙大) | 伊東(いな総)  小辻(瀬田工)
     伊藤(苫駒大)  山崎(東海大) | 黒田(佐和高)
     村上(東洋大)  小野(ホンダ) |
     平川(鷺宮製)         |
 【左】 佐藤(慶応大)  早川(早 大) | 東田(西脇工)  高田(静岡商)
     藤井(JXエネオス)         |
 【捕】                | 田所(いな総)  関本(履正社)
 【内】 牧 (中央大)         | 西野(大阪桐)  船曳(大阪桐)
                    | 井上(花咲徳)  小深田(履正)
 【外】 五十幡(中大)  今川(JFE 東) | 仲三河(桐蔭)

 ■ 視察情報有り

 【右】                | 浅利(興国高)  川瀬(大分商)
 【左】 武次(関国大)         |
 【捕】 深尾(関国大)  榮枝(立命大) | 山下(京外西)  二俣(磐田東)
 【内】                | 中山(中京中)
 【外】 小川(同 大)         | 
 

  最新記事

 ■ オリックス福良GMが2年連続入団テスト構想示唆(日刊スポーツ) 20/5/23

 オリックス福良淳一GMが、2年連続で入団テストを行う構想を示した。甲子園大会中止を残念がった上で、「影響は大きい。一冬越えてどれくらい成長があったか見られない」と言及。入団テストの実施を問われて「考えていかないといけない。集まっていいのかという状況にもよる」と明かした。独自で代替開催が検討される地方大会や、再開した場合の部活動を視察できるか現時点では不明。福良GMは「それができないと2年生までの(材料で)でやるしかない。社会人なら大体の力は分かっているが高校生は急に伸びる。下位指名は難しくなる」とドラフト戦略への影響を懸念した。

 ■ オリックス 近大・佐藤をリストアップ パワー魅力「糸井2世」として期待(デイリー) 20/2/6

 オリックスが今秋ドラフト上位候補として佐藤輝明内野手をリストアップしていることが5日、分かった。球団関係者が「リストに入っています。糸井2世でしょう。見ていくことになる」と明かした。佐藤は187センチの大型三塁手。左打席からでも左翼スタンドにも運べるパワーが魅力。俊足、強肩も相まって母校の先輩でもある阪神・糸井の再来と言われている。オリックスはここ数年、三塁のレギュラー不在に悩まされている。昨年のドラフトでは1位で三塁手の石川(東邦)を指名したが、クジで外れた。正三塁手が現れなければ、佐藤指名へと一気に動く可能性もある。

 ■ 【オリックス】球界初の女性スカウト乾絵美氏…インタビュー(スポーツ報知) 20/1/26

 ―今後は高校生、大学生、そして社会人らを見ていくことになるがポイントは?
 「まずはボールに対する顔つきを見たいですね。加えて、結果が出ない時に、どう変えてくるかが大事だと思います。自分で修正する力があるのか、そこも見たいです。あとは周囲の人に与える影響力。プレーひとつで雰囲気を変えられる、チームに与える影響力というのも大事だと思います」
 ―関西を担当。現段階で気になっている選手は?
 「まだこれからで、あくまで個人的なものですが、明石商の来田(涼斗)くん(外野手)はオリックスジュニアのメンバーだったので頑張ってほしいです。あとは関西大の野口(智哉)くん(内野手)。彼もオリックスジュニア。当時からいいなと思っていたので、面白そう。会うのが楽しみですね」

過去記事

 ■ オリックス、古屋氏と中川氏が退団へ 来季も育成路線は継続(スポニチ) 19/12/17

 オリックスの古屋英夫編成部副部長(64)と中川隆治アマスカウトグループ長(47)が、今季限りで退団することが分かった。今秋のドラフトで中心となった2人の退団により、来季からスカウト体制は一新。牧田勝吾チーフアマスカウトや山口和男スカウトらが中心となり進めていく模様だ。一方でドラフト戦略は来季も不変。今季は球団初となる「社会人選手の未獲得」や「支配下選手より育成選手の獲得が上回る」といった育成路線に舵を取ったが、関係者によると「来年もその路線」だといい、育成のオリックスを推し進める。

 ■ オリックスに日本初女性スカウト ソフトボール金メダリスト乾さん(デイリー) 19/12/16

 来年1月1日付で北京五輪・ソフトボール金メダリスト乾絵美氏(36)をアマチュアスカウトに起用することが15日、分かった。現在球団事業運営部コミュニティグループに在籍する同氏の抜てき。日本球界初となる女性スカウトは『オリックス・ベースボール・アカデミー』にいた。乾氏はアテネ五輪、北京五輪の2大会でソフトボール日本代表に捕手として参加。銅メダル、金メダルの獲得に貢献した。現役引退後の2010年3月にオリックスに入団し、ジュニアチームや地域の野球普及活動に携わってきた。ほかに高校野球の大阪予選などが開催される大阪信金スタジアムの運営業務も兼ねてきたが、スカウティングは未経験だ。乾氏の抜てきについて球団関係者は「固定観念にとらわれない視点で選手を見てもらえる人を探していた。たまたま女性だったということです」と説明した。今季最下位に低迷したオリックスだが、6月に福良淳一GMが就任して以来、球団改革は急速に進んでいる。

 ■ オリックス下山真二氏打撃コーチが編成スカウト異動(日刊スポーツ) 19/11/7

 オリックスは7日、1軍打撃コーチを務めた下山真二氏(43)と2軍外野守備・走塁コーチだった早川大輔氏(44)が、1日付で球団本部編成部アマチュアスカウトグループに異動したことを発表した。

 ■ 明石商・来田涼斗に早くも熱視線 オリックスジュニア卒の“生え抜き”(報知) 19/4/9

 オリックスが来年のドラフトに向けて、早くも明石商・来田涼斗外野手に熱視線を送っていることが8日、分かった。今春センバツの準々決勝の智弁和歌山戦で甲子園史上初の先頭&サヨナラ弾をマークしたスーパー2年生は、オリックスジュニア出身。これまで西武・森、ロッテ・藤原などの逸材が同ジュニアに在籍したが、プロでは一人も縁がなかった。球団関係者は「夢がある話ですね」と、今度こそ“生え抜き”のバファローズ戦士誕生を期待している。来田は2014年の「NPB12球団ジュニアトーナメント」で4番を任された。当時のジュニアチームの監督を務めた元近鉄・羽田耕一氏は「体の使い方がうまくてセンスがいい。これから伸びていくだろう」と潜在能力の高さを評価。明石商では強打の1番として、チームを春夏通じて初の4強に導いた。

  スカウトコメント

佐藤輝明(近大)|球団関係者|20/2/6
 「リストに入っています。糸井2世でしょう。見ていくことになる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年05月23日(土)|球団別情報 | コメント(15) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
プロ野球が開幕して一週間が経ちましたが、絶望的なまでに投打が噛み合いませんね(泣)。
「先発投手が好投したら打線が沈黙」し「打線が奮起して点を取ったら投手が踏ん張れず」と、正直どこから手を着ければ良いのか分かりません。

シーズンが進めば改めて補強ポイントは見えてくると思いますが、ディクソンや海田、比嘉や増井の高齢化が進みつつあるリリーフ陣は何かしらの手当が必要になりそうです。
守護神候補としては、伊藤(苫小牧駒大/右投手)に山﨑康晃(DeNA)のような雰囲気を感じます。
山崎(東海大/右投手)は右肘に不安がある為「リリーフ起用で、一年間持つのか?長期的に活躍出来るのか?」という不安を感じます。個人的には先発投手として育てたい選手です。
| 横浜のバファローズファン | 2020年06月27日(Sat) 20:38 | URL #- [ 編集]
補強ポイントの一つにストッパー。コメントにあった伊藤、栗林、山崎らが候補。外国人では当たりハズレがあるので、自前で育ててほしい。来田も地元の逸材でほしいが、現状ではストッパーと捕手。
| タスキ | 2020年06月25日(Thu) 22:14 | URL #- [ 編集]
新刊の野球太郎で牧田スカウトの各選手に対する評価コメントなど載ってましたが、なんとなく投手なら伊藤大海、野手なら牧秀悟の評価が高い印象でした。次点で栗林かな?
近大佐藤や来田あたりは少し微妙なテンションのような…。
特に牧は「ホームラン王取れるかも」なんで評価してるくらい。(そこまでの長距離ヒッターというイメージじゃないですが、良いクラッチヒッターになってくれそう)
さぁ、どうなりますかね。
| たにさま | 2020年06月25日(Thu) 15:22 | URL #- [ 編集]
初めましてのコメント失礼します。

正直打線の強化も若手の育成もどちらもしたい…というワガママな考えを持ってしまっています。佐藤輝選手も,来田選手も,古川選手もどれも魅力的で目移りしてしまいます。

ただ,ここしばらくの報道を見た感じ,来田優勢なのかなという気がしないでもないです。西浦が思ったほどの伸びを見せていませんし。逆に廣澤がUTとして定着しつつある昨今,内野はそこまで無理に指名する必要はなさそう…と考えると,2位は大卒の投手,3位も投手になるのかなあ…なんて予想しています。

古川捕手も魅力を感じるのですが,「捕手を同じ出身校から2人はとらない」という暗黙のルール的なものを聞いたことがあるので,ミヤビがいる現状どうでしょうか…。

理想は3位~4位で漆原と競わせるストッパー候補を指名してほしいなあというところです。
| room2466 | 2020年06月16日(Tue) 19:19 | URL #1Rydl/jg [ 編集]
>たにさまさん

気を遣わせてしまい、こちらこそすいません。

仰る通り投手陣も苦しいですね。
ただ「計算はできないが、期待はできる」投手が複数名いることに加え、今年のドラフト候補の中に大エースになれそうなスケール感と、プロ1年目から先発で回れそうな完成度、耐久性を併せ持つ投手が見当たらないことを考えると、現状は長打の打てるポイントゲッター型の野手優先で構わないかと。

仮に投手1位指名なら、個人的なイチオシは山崎(東海大/右投手)です。
トミー・ジョン手術をする可能性は他のドラフト候補投手と比較すると高いのかもしれませんが、キレを感じさせる球質、高い制球力は2020年ドラフト候補の中でも飛び抜けています。
プロ1年目は右肘のリハビリと体力強化メインで、2年目から一軍の主戦にという青写真が描けます。
| 横浜のバファローズファン | 2020年06月05日(Fri) 23:15 | URL #- [ 編集]
>横浜のバファローズファンさん
すいません、否定するつもりではなかったのです。
皆さま、ご意見は違いますものね。

古川なんかも打ってくれそうな期待感はありますよね。
やっぱり兎にも角にも打者が欲しい。
投手も荒西をなんとか使おうとしてるくらいだから結構厳しいですが…。

捕手では若月の打撃が伸びてきている気がします。
結果もそうですが、構え、スイングからして期待感が上がりました。
今年、しっかり結果を残すことがあれば捕手の優先度は下がりそうですが、頓宮が怪我なのか二軍でも捕手やってないのが心配…。
| たにさま | 2020年06月05日(Fri) 21:12 | URL #- [ 編集]
ソフトバンクを見ると甲斐の育成だけではなく、栗原、九鬼の指名、さらに昨年は即戦力で海野を指名している。昨年は捕手が豊富なのに指名は育成選手1名だけ。捕手強化に疑問。伏見、飯田、松井らには伸び代が見られない。今年は高校生なら二俣、ドラフト解禁になる猪田の指名の検討をお願いします。
| タスキ | 2020年06月05日(Fri) 19:30 | URL #- [ 編集]
一位は編成的に右の外野手で相模の西川か地元の星の来田の二択かと…
外したら中森かなと…
近大佐藤は昨年の段階ならありだと思ってたが、勝俣と言う掘り出し物を指名したので縁はないのかなと…
捕手は頓宮が捕手登録してる時点で獲得するなら高卒捕手かなと…
今年のドラフトは高校野球が中止など特殊なので、恐らくチームの編成上手薄なところや数年先だれかがfaなど流出を見越してのドラフトになるような…
各球団育成指名が増えると思うが育成ドラフトが本指名と同じくらい重要かなと。

| ひろし | 2020年06月04日(Thu) 22:34 | URL #- [ 編集]
>たにさまさん

「十人十色」という言葉がある通り、物事に対する捉え方や考え方は人それぞれありますからね。
確かに優先的に出場機会を与えることで成長を促す方法は、日本ハムの成功例がある通り否定はしません。
しかし、堂林(広島)を見れば分かるように右肩上がりに成長する保証はありませんし、特別扱いされなくなった(秋季キャンプメンバーから外された)途端に急激に成長した筒香(レイズ)の例もあります。
人間という不確定要素がある以上、何事においても「これをやったら大丈夫」という解はないでしょう。

ドラフトに話を戻すと、たにさまさんの推す佐藤(近大/三塁手・外野手)のポテンシャルは(投手も含めた)2020年ドラフト指名候補の中でもNo.1届言っても過言ではないでしょう。
昨年の秋季リーグ戦では新打撃フォーム(MLBトレンドのバレルを意識?)が合わずに打撃不振に陥りましたが、新打撃フォームに挑戦したチャレンジ精神を評価。そこまで心配していません。
一方、同じく昨年の秋季リーグ戦での一塁手起用の要因となった右肘痛の状態は不安です。強いスローイングが出来ないと途端に起用が難しくなりますので。
| 横浜のバファローズファン | 2020年06月04日(Thu) 21:57 | URL #- [ 編集]
なんか即戦力に近い捕手を欲しがっている方が多いのですかね。
ただでさえ頓宮の出場機会が限られていてヤキモキしているのに、近しい年齢(大卒や社会人)を取ると余計に頓宮の成長を阻害しそう…と思ってしまうのです…。(頓宮を再コンバートするなら別ですが、頓宮の意思は硬そうですし)
第3捕手なら松井雅人、伏見、飯田あたりで数年はごまかせるでしょうし、捕手を取るなら次世代の高校生だと思うのです。
内野コンバートも可能で、捕手としても行けそうな星稜高校の内山は2位ならアリかな?という気はします。

やっぱり、今後があんまりワクワクしないのは外野だと思うんですけどねぇ…。
.300の15本、.280の30本…このどちらかでもやってくれそうな期待感がある若手がいるかなぁ、と。(宗がもしかしたら前者なら…?他の選手は正直、難しいのでは…)
コンバート前提で打力を買って古川ならアリだと思います。
| たにさま | 2020年06月04日(Thu) 10:02 | URL #- [ 編集]
とりあえず捕手が欲しいね、若月と頓宮だけではキツイ、古川が欲しいな!
外野手は西浦 宗 佐野と有望株が3人いるし永遠の期待枠駿太 ロマン砲杉本 これに吉田もいるし優先順位は低い!
内野手は紅林 太田 宜保の有望株3人に中川 勝俣
数は揃ってきた
投手は高卒だけで良い、
| ベル | 2020年05月28日(Thu) 22:49 | URL #- [ 編集]
現状の戦力を見てみると、内野は24歳以下の若手に中川、勝俣、太田、宜保、紅林と期待株も多い。
しかし外野は正尚は別格としても将来的なFAや負担軽減でDHなど考えると、外野三枠が薄い。
駿太、宗、佐野、西浦…出てきたとしても.280、10本くらいのイメージしか湧かない選手たちが多い。(宗がドカンと突き抜けてくれたら良いのだけど…)

やっぱりどかっとセンターに柳田、丸、秋山…そういう選手が欲しい。
そうなると、脚もあり長打力もある佐藤輝明選手に目がいってしまいます。
打撃面は少し時間がかかるかもしれないですが、1年目から即戦力の打者なんてほとんどいないので2、3年後にレギュラーのイメージで。
内野の牧選手も魅力がありましたが、足がそれほど速くないので外野には向かないかもと思い、どちらかといえばやはり佐藤選手かと。
チームとして勝負をかけたいのが2〜3年後くらいで、今年は高卒より大卒が欲しいなぁと思ってしまいます。

<一位>
佐藤(外れは残ってれば牧。いなければ仕方なし、高卒で内山・来田・井上朋あたり)

<二位>
一位で野手が取れてれば、思っているより薄い投手陣に補強。(左腕で山野太一、藤井聖、佐々木健など)
一位で佐藤か牧が取れてた上に高卒野手が残ってるなら優先するのもあり?

<三位〜五位>
ちょっとパッと名前が出てこないですが大卒か社会人投手&高卒投手&高卒外野手。


仮にこんなんやったら嬉しいかも…という完全に個人的な主観で。
近大佐藤→井上朋(か来田か内山)→吉川貴大(大商大。オリ2軍完封負け)→笠島尚樹(敦賀気比。由田元スカウトもコメント)→今川優馬(残ってるかなー?)
| たにさま | 2020年05月26日(Tue) 11:42 | URL #- [ 編集]
連投失礼します。

先程のコメントを踏まえた上で、私の現状の希望(上位指名)としては
1位:古川(上武大/捕手)
2位:森井(セガサミー/右投手)
ですね。
古川は大学3年時に打率、本塁打数が向上したことに加え、三振数が減ってきた、つまり打撃が洗練されつつある点を評価。守備面でも本職の捕手だけでなく、三塁手や遊撃手を急遽任されてもそつなくこなす汎用性の高さはプロでも重宝されるでしょう。
森井はオリックスの最近のドラフト指名のトレンドでもある高卒3年目の社会人投手。昨年迄の二大大会(都市対抗、日本選手権)登板経験がないことからも分かる通り、まだまだ安心して試合を任せられる訳ではないですが、184cm94kgの体格と最速152km/hの速球、21才という若さから、今年のドラフト候補の中で大エースになる可能性があるなら彼だろうと。

プロ野球が開幕すれば補強ポイントも見えてくるでしょうが、近年はバランスの良いドラフト指名を続けていますので、比較的自由に(気に入った選手から)指名できる点は◎です。
| 横浜のバファローズファン | 2020年05月24日(Sun) 15:19 | URL #- [ 編集]
ページが更新されましたので久々に投稿を。

新型コロナウイルスの影響で高校生の夏季大会の公式戦が中止となり、大学生及び社会人は秋に公式戦自体はありますが、再開の目処が立っているかというと……。
このような状況になってしまった以上、前年迄の評価を基にドラフト会議での指名選手及び指名順位を決めていかなければなりませんが、指名年のプレーを十分に確認できていないことから
・ポテンシャル型…上位指名
・実践的なタイプ…中位以降の指名
の傾向になるのではないかと。

ただ短期間で良くも悪くも劇的に変わる高校生の指名はリスキーですね。
昨年2019年を例にすると、佐々木(大船渡高/右投手)や奥川(星稜高/右投手)、西(創志学園高/右投手)は順調に成長しドラフト1位指名。
しかし彼らと共に「BIG4」と呼ばれた及川(横浜高/左投手)は調子が上がらずドラフト3位指名。
その及川に代わって「高校生No.1左腕」と呼ばれるようになり、ドラフト1位指名された宮城(興南高/左投手)は2018年12月時点では「ドラフト指名候補」でした。
理想としては上手く成長曲線を描いている選手を中下位で指名できれば良いのですが……。
| 横浜のバファローズファン | 2020年05月24日(Sun) 15:00 | URL #- [ 編集]
管理人様
2020年ページの作成ありがとうございます。

ドラフト関連の話としては、堀井氏がJR東日本の監督から慶大の監督になりました。
堀井氏は三菱自動車岡崎で監督を務めていた時から、オリックスに多数の選手を送り込んでおり、良い関係を結べているアマチュア野球界関係者の一人です。
「慶大→オリックス」という経歴は近年だとあまり思い浮かばないですが、これを期に慶大は勿論、東京六大学野球連盟ともパイプを築ければ。
| 横浜のバファローズファン | 2019年11月08日(Fri) 19:03 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:球団別情報 | コメント(15) Page Top↑