加藤 泰靖(上武大)|ドラフト・レポート

加藤 泰靖(上武大)

ここでは、「加藤 泰靖(上武大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



加藤 泰靖(上武大)

184cm86kg 右右 MAX153km スライダー・カーブ・カット・フォーク 志学館高
最速153㌔直球を持つ速球派。高2春に投手転向。大学2年秋の横浜市長杯で153㌔を計測した。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   19春:        登板無し
   19秋: 4 2勝0敗   12  15  15  5  7  5.25
   20春:        開催中止
   20秋: 6 5勝0敗  27.2  26  20  25  9  2.93
   21春: 6 0勝0敗  7.1  3  8  3  1  1.23
   通算: 16 7勝0敗   47  44  43  33  17  3.26
         被安打率8.43 奪三振率8.23 四死球率6.32
    ※ 20秋:最多勝

 【 全国大会 】
   21選    回数 被安 奪三 四死 自責
   西工大 先   9  4  5  3  0 149㌔(神宮) ○封
   慶応大    1.2  4  0  3  4 149㌔(神宮) ●
         10.2  8  5  6  4 防3.38
      被安打率6.75 奪三振率4.22 四死球率5.06

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   19秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   平国大 先   5  5  6  2  3 ○
   作新大     3  2  5  0  0 ○
   山学大     2  4  3  1  1 
   新医大     2  4  1  2  3
           12  15  15  5  7 防5.25
      被安打率11.25 奪三振率11.25 四死球率3.75

   19秋代決   回数 被安 奪三 四死 自責
   東海大    1.1  1  2  1  0 150㌔(ハマスタ)

   20秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責 
   常磐大 先  5.2  9  5  6  5 ○
   作新大 先   5  4  1  3  0 ○
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   新医大     3  2  1  2  1 ○
   新医大 先   5  6  4  2  1 ○
   白鴎大 先   5  3  4  8  0 ○
   平国大 先   4  2  5  4  2
          27.2  26  20  25  9 防2.93
       被安打率8.46 奪三振率6.51 四死球率8.13

   20秋関東   回数 被安 奪三 四死 自責 
   武蔵大     2  1  3  1  0 153㌔(ハマスタ)

  最新記事

 ■ 上武大・加藤泰靖が大仕事 150球熱投で4安打完封(スポニチ) 21/6/7

 上武大の背番号16を背負う加藤泰靖(3年)は、今春リーグ戦は全て救援登板だった。それでも、谷口英規監督は「最近、状態が良かったので起用した」と先発マウンドに送り出した。「真っすぐが走っていた。普段通り、真っすぐで押して、要所で変化球という投球をした。相手が凄くいい投手なので投げ勝つことを課題としていた」。12個の内野ゴロを打たせ、最後までスコアボードに「0」を並べた150球を投げきり「(周りから)声をかけてもらって、気持ちの整理ができた」と喜んだ。

   21春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   作新大     2  2  4  0  1
   関学大     1  0  0  2  0
   山学大    0.2  1  0  0  0
   新医大     1  0  1  0  0
   平国大     1  0  0  1  0
   白鴎大    1.2  0  3  0  0
          7.1  3  8  3  1 防1.23
       被安打率3.68 奪三振率9.82 四死球率3.68

 ■ 上武大・加藤が自己最速153キロ 高2で投手転向(日刊) 20/11/11

 上武大の加藤泰靖投手(2年)が153キロの剛球を武器に試合を締めくくった。3点リードの8回、2番手としてマウンドに上がり、2回を3奪三振無失点に抑えた。自己最速を2キロ上回る153キロをマーク。すぐには気付かず、ベンチに戻ってチームメートから声をかけられて初めて知ったという。

  プロフィール

 千葉県木更津市出身。
 加藤 泰靖(かとう・たいせい)投手。
 木更津市立第一中学校を経て志学館高校に進学。

 志学館進学後2年生の春に捕手から投手へ転向。
 以降、主に控え(17年秋のみ主戦)を務め、3年生の春に県8強、同夏に県4強の実績を残した。
 3年時春の県大会2回戦・稲毛戦で、9回3安打、7対1(責0)完投勝ちを記録。
 高校最後の試合となった夏の東大会準決・成田戦で146㌔(2回1失点救援)をマークしている。
 東千葉大会4強が最高成績。甲子園出場経験は無し。

 上武大学では1年生の秋からリーグ戦に出場。
 開幕戦・平国1回戦で初登板初先発を果たし、5回6K3失点の粘投でリーグ戦初勝利を飾る。
 関甲新2位進出の横浜市長杯で150㌔(準決・東海戦、1.1回2K0封)を計測。
 3季で16試合(先発6)、計47回に登板し、通算7勝0敗、43K、防御率3.26の実績を残した。
 2年時秋のリーグ戦で先発の座を掴み、主に2番手で最多5勝、防2.93を記録。
 続いて行われた横浜市長杯準々・武蔵大戦で最速153㌔(2回3K無失点)を計測している。
 全国大会には3年時春の第70回全日本大学野球選手権(4強入り)に出場。
 先発救援で全4戦中2試合、計10.2回を投げ、1勝1敗、5奪三振、防御率3.38を記録した。
 優勝校・慶応大と準決勝で当たり、打撃戦の末に1.2回4失点、6対10で敗戦。
 150㌔左腕・隅田との投げ合いとなった1回戦・西工大戦で4安打1対0完封勝利を収めている。
 通算16試合、7勝(0完投0完封)0敗、47回、防御率3.26。

 184cm86kg、最速153㌔のストレートを持つ速球派右腕。
 セットポジションから膝を引き上げて重心を下げ、着地早めに右肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速153㌔、常時140㌔前後から140㌔後半(先発時)のストレートと、
 120㌔台のスライダー、110㌔台のカーブ、130㌔強のカットボール、130㌔台のフォークボール。
 140㌔超のまっすぐに4種類の変化球を交えて打たせて取るピッチングが持ち味。
 2年時秋の横浜市長杯で最速153㌔を計測、横浜スタジアムで150㌔強の真っすぐを連発した。
 体の柔らかさも特徴の一つ。奪三振率8.23、四死球率6.32。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021年06月14日(月)|2022年大学生投手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年大学生投手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑