森 翔平(七十七銀行)|ドラフト・レポート

森 翔平(七十七銀行)

ここでは、「森 翔平(七十七銀行)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



184cm84kg 右右 MAX148km スライダー・カーブ・フォーク 東福岡→国学院大 2年目
最速148㌔直球を武器とする長身オーバースロー。右肘の怪我から復活。楽天・森雄大を兄に持つ。

  動 画

  投手成績

 ■ 社会人時代成績

     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   19日: 1    2.1  2  5  2  1 148㌔ 日本通運 ※平均144.9㌔
   通算: 1    2.1  2  5  2  1 防3.86
       被安打率7.71 奪三振率19.29 四死球率7.71

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   15春:        登板無し
   15秋:        登板無し
   16春:        登板無し
   16秋:        登板無し
   17春:        登板無し
   17秋:        登板無し
   18春:        登板無し
   18秋: 6  0勝1敗  12.1  11  11  3  3  2.19
   通算: 6  0勝1敗  12.1  11  11  3  3  2.19
          被安打率8.03 奪三振率8.03 四死球率2.19

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   18秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   立正大    1.1  1  0  0  0
   亜 大    0.1  0  0  0  0
          3.1  2  3  0  0
   東洋大    4.2  3  7  2  1 ●
          2.2  3  1  1  1
   駒澤大     0  2  0  0  1
          12.1  11  11  3  3 防2.19
       被安打率8.03 奪三振率8.03 四死球率2.19

 ■ 高校時代成績

   13秋(背番号8)      回数 被安 奪三 四死 自責 
   九州1回戦:済々黌高     5  1  4  2  0
     準決勝:創成館高     6  9  5  3  2
                 11  10  9  5  2 防1.64
             被安打率8.18 奪三振率7.36 四死球率4.09

   14夏(背番号8)      回数 被安 奪三 四死 失点
   福岡3回戦:香椎工業 先   3  5       1
     5回戦:東筑高校     4  3       1
                 7  8       2 防2.57(失点から算出)

  最新記事

 ■ 国学院大・森翔平、憧れ兄雄大に続け2年後プロ狙う(日刊スポーツ) 18/12/20

 楽天森雄大投手の弟で、国学院大の最速147キロ右腕・森翔平が19日、七十七銀行への入行が内定した。高2から右肘痛と闘い続けた。「大学ではケガで7季も悔しい思いをしてきた。社会人はもっと厳しく、レベルの高い世界。春に向けて、しっかりと精進し、必死にやって都市対抗で優勝したいです。2年後のプロ入りも目指します」。兄や友の背中を追い、杜の都で結果を出す。

  プロフィール

 福岡県福岡市生まれ。
 森 翔平(もり・しょうへい)投手。
 姪浜小3年から硬式チームで野球を始め、内浜中では軟式野球部で投手兼捕手。
 2歳上の兄に楽天・森雄大投手(2012年1位)を持つ。

 東福岡高校では旧チーム時代からベンチ入り。
 打撃をいかして外野手として定位置を獲得し、3年時春に九州大会ベスト4進出をなし遂げた。
 全4試合で6番・右翼スタメンを務めるとともにいずれも救援として2試合に登板。
 5対3逆転勝利を飾った1回戦・済々黌戦で、5回1安打4奪三振0封の好投を披露している。
 3年時夏の県大会は東筑高校に1-3(4回1失点リリーフ)で敗れ5回戦で敗退。
 背番号8番で4試合中2試合(先発1)に登板し、計7回を8安打2失点にまとめる粘投を見せた。
 1学年下に河野真哉ら。甲子園出場の経験は無し。
 
 国学院大時代に目立った実績は無し。
 ケガの影響で4年春までを出場機会無く過ごし、最終シーズンになってリリーフ6試合を経験した。
 通算6試合、0勝1敗、12.1回、防御率2.19。

 七十七銀行では1年目秋の日本選手権で全国デビュー。
 1回戦・日通戦に4回途中から4番手で登板し、大敗の中で2.1回5三振1失点の結果を残した。
 二大大会1試合、0勝0敗、2.1回、5奪三振、防御率3.86。

 184cm84kg、148㌔直球を持つ長身オーバースロー。
 ノーワインドからタメてグラブを掲げて重心を下げ、着地早めに右肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ下ろす最速148㌔、常時140㌔台前半から後半(リリーフ時)のストレートと、
 120㌔台から130㌔前後のスライダー、130㌔台のフォーク、100㌔前後から100㌔台のカーブ。
 長身から投じる直球を武器とする本格派。スライダー、フォーク、カーブを交える。
 肘痛もあって学生時代の実績は少なめ。1年目の日本選手権で2.1回5K(直球4)を記録した。
 兄・雄大に続くプロ入りが目標。制球にバラツキが残る。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年10月30日(水)|2020年社会人投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年社会人投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑