矢田 真那斗(智弁和歌山)|ドラフト・レポート

矢田 真那斗(智弁和歌山)

ここでは、「矢田 真那斗(智弁和歌山)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm69kg 左左 MAX140km スライダー・フォーク・チェンジ
プロ注目のスリークォーター左腕。2年夏の甲子園で全国デビュー、明徳義塾を5回4K1失点に抑えた。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

   19夏     回数 被安 奪三 四死 自責
   明徳義塾 先   5  3  4  3  1 135㌔
   星稜高校    1.1  1  2  0  0 133㌔
           6.1  4  6  3  1 防1.42
        被安打率5.68 奪三振率8.53 四死球率4.26

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   19春(背番号19)       回数 被安 奪三 四死 失点
   和歌山準々決:南部高校 先   5  5       2
      準決勝:桐蔭高校 先   6  1       0 
   近 畿1回戦:智弁学園    1.2  1  1  2  2
                 12.2  7       4 防2.84

   19夏(背番号17)       回数 被安 奪三 四死 失点
   和歌山3回戦:粉河高校 先   3  1  4  1  0
      準決勝:南部高校 先   6  2  4  1  0
      決勝戦:那賀高校    1.1  1  2  1  0
                 10.1  4  10  3  0 防0.00
              被安打率3.48 奪三振率8.71 四死球率2.61

  最新記事

 ■ 智弁和歌山が初芝立命館に快勝 矢田が6回無失点の好救援(報知) 19/10/20

 センバツ出場校を決めるための重要な参考資料となる秋季近畿大会が開幕した。智弁和歌山が初芝立命館を破り、準々決勝に進出した。4回から小林樹斗をリリーフしたプロ注目左腕の矢田真那斗が好投した。矢田は2日前に習得したばかりのチェンジアップを交え、6回を1安打無失点に抑えた。

   19秋(背番号11)       回数 被安 奪三 四死 失点
   新人戦2回戦:和歌山東 先   5     4     1
   一次予決勝戦:高野山高 先  5.2          3
   二次予準々決:和歌山商 先   4          0
      準決勝:日高中津 先   9  8       2
   近 畿1回戦:初芝立命     6  1  5  3  0
      準々決:智弁学園 先  3.2  12  5  1  9
                 33.1  33  31  15  15 防3.51
              被安打率8.91 奪三振率8.37 四死球率4.05

 ■ 智弁和歌山・矢田 制球力磨いて6回1安打零封(スポニチ) 19/5/11

 智弁和歌山・矢田真那斗投手(2年)が先発し、6回1安打無失点と好投。チームを決勝戦へと導き「自分の持ち味はコントロール。両コーナーを意識した。直球が低く決まっていたので、変化球も生きた」と振り返った。直球の最速は140キロながら、スリークォーターから投じるスライダー、フォークで打者のタイミングを徹底的に外した。好きなプロ野球選手は「タイプが似ている」という理由で日本ハム・宮西。投球の動画は絶好の研究材料だ。

  プロフィール

 和歌山県太地町出身。
 矢田 真那斗(やた・まなと)投手。
 太地小時代から軟式チームで野球を始め、太地中では和歌山南紀ボーイズに所属。

 和智弁時代1年時夏・2年時春の甲子園はベンチ外。
 2年時春の県準々・南部高戦で初先発を果たし、5回を5安打2失点に抑えて初白星を収める。
 以降、主力の一角としてチームを支え、2年時夏の甲子園で全国大会デビュー。
 2回戦・明徳義塾戦(7-1)に先発として登板し、逆転勝ちを呼ぶ5回1失点の粘投を見せた。
 同秋の県大会(背番号11)準決・日高中津戦で8安打4-2完投勝ちをマーク。
 続く近畿大会1回戦・初芝立命館高戦(8-3)で、6回1安打1失点の好リリーフを披露している。
 1学年上に東妻純平黒川史陽、同期に小林樹斗細川凌平ら。

 180cm69kg、プロ注目のスリークォーター左腕。
 セットから上体を傾けて重心を下げ、開き早めにインステップし、肘を柔らかく使った腕の振りから
 繰り出す最速140㌔、常時120㌔台後半から130㌔台前半(2年夏)の直球と、
 110㌔前後から110㌔台のスライダー、120㌔台のフォークボール、その他に新球チェンジアップ。
 ストレートと変化球とのコンビネーションが持ち味の技巧派。内外に投げ分ける。
 一塁側に踏み出してスリークォーターから投じる角度も持ち味。2年生の春から先発を任された。
 プロから注目される控え投手。遠投95m、50m6秒7。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年02月05日(水)|2020年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
体はまだまだ細いですが、球速表示よりも球が速く見えますね。
今はMAXが140キロかも知れませんが5年くらいファームで体作りをすれば面白い存在になるかも知れません。
下位か育成で楽天に欲しいです(* ̄∇ ̄)ノ
| ぽにぽにぽにー | 2020年02月11日(Tue) 15:50 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2020年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑