平間 隼人(徳島インディゴソックス)|ドラフト・レポート

平間 隼人(徳島インディゴソックス)

ここでは、「平間 隼人(徳島インディゴソックス)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



173cm75kg 右左 二塁・遊撃・三塁 鳴門渦潮 23歳
守備走塁を持ち味とする小柄な3番・セカンド。5年目に最多43盗塁を記録。ショート、サードもこなす。
2019年巨人育成1位(支度金200万円、年俸240万円)

  動 画


【三塁到達タイム12秒前後】

  打撃成績

 ■ 独立リーグ時代成績

      試合 打率  打  安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   15年: 33 .313  80  25 5 1 0  9 13  5 4  .353  .400
   16年: 65 .245 245  60 7 4 0 16 41 27 17  .320  .306(遊撃)
   17年: 58 .251 167  42 2 1 2 21 31 27 9  .356  .311(三遊)
   18年: 22 .269  67  18 1 0 0  3 14  6 2  .329  .284(二塁)
   19年: 69 .276 228  63 4 5 2 27 30 36 43  .375  .364(二塁)
   通算: 247 .264 787 208 19 11 4 76 129 101 75  .348  .332
    ※ 19年:盗塁王 19年:前期
MVP

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   13夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:阿波西高 先   5  4  0  1  0
   準々決:池田高校    6.1  4  0  3  0
   準決勝:鳴門高校    1.1  3  0  3  2
              12.2  11  0  7  2 防1.42(失点から算出)
           被安打率7.82 奪三振率0.00 四死球率4.97

  最新記事

 ■ 巨人、育成ドラフト1位の平間と合意(SANSPO) 19/11/20

 巨人から育成ドラフト1位で指名された四国アイランドリーグplus徳島の平間隼人内野手(22)の入団が19日、決まった。支度金200万円、年俸240万円で合意した。背番号は002に決まった。

       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   13夏徳島: 4 .667  12  8 0 0 2 7 0 4 0  .750 1.167(3番/遊)
   14春四国: 3 .308  13  4 1 1 0 0 2 0 0  .308  .538(5番/遊)
   14夏徳島: 5 .353  17  6 1 1 0 3 3 6 0  .522  .529(3番/遊)
   通  算: 12 .429  42 18 2 2 2 10 5 10 0  .538  .714

   【一塁到達タイム】動画1:4.0秒前後(軽く当てた遊安)
            動画2:4.2秒前後(振り切った二ゴ)

 ■ 優勝した徳島インディゴソックス主将 平間隼人さん(徳島新聞) 19/9/25

 2015年に鳴門渦潮高から内野手として入団したが、17年シーズン終了後に一度は退団。しかし、NPB入りへの思いを断ち切れず、18年後期途中に再び徳島のユニホームを着た。前期は打率や盗塁でリーグトップクラスの成績を残して優勝に貢献し、最優秀選手に選ばれた。そんな中、8月中旬に前任の主将の退団に伴い、新主将に指名された。セ・リーグを制した巨人で飛躍を遂げた増田大輝選手とは徳島で1年間共にプレーし、オフには一緒にトレーニングに励む仲。独立リーグ日本一を決めるグランドチャンピオンシップも先頭に立って戦う覚悟だ。

  プロフィール

 徳島県牟岐町出身。
 平間 隼人(ひらま・はやと)二塁手。
 牟岐小時代から軟式野球を始め、牟岐中では軟式野球部に所属。

 鳴門渦潮高では旧チーム時代から遊撃手でレギュラー。
 2年生になって夏大デビュー(3番)を迎え、計12打数で8安打、打率.667本2点7の実績を残す。
 全4戦中3試合に救援・先発で登板し、計12.2回11安打2失点の粘投を披露。
 同年秋の2回戦負け(板野に2-3)を乗り越え、3年時春に県大会V&四国準Vを達成した。
 3年時夏の県大会は河野竜生を擁する鳴門に5-6でせり負け惜しくも準優勝。
 主将・3番・ショートとしてチームを引っ張り、5戦17打数で6安打、打率.353本0点3をマークした。
 高校通算10発超、2学年上に美間優槻、同期に多田大輔ら。

 徳島インディゴソックスでは1年目から公式戦31試合に出場。
 高卒2年目の16年に遊撃レギュラーの座を掴み、主に先頭打者で規定初到達(.245)を果たす。
 3年目2017年のシーズン(前期3B・後期SS)を終えた時点で一時現役を引退。
 NPBへの思い冷めず翌18年8月から復帰し、以降、主にセカンドのレギュラーとして活躍した。
 5年目後期からキャプテンの大役を担い、打率.276(3位)のキャリアハイをマーク。
 先発69試合(3番44、6番13、1番9、9番3)43盗塁の活躍で盗塁王のタイトルを獲得している。
 通算247試合、打率.264、208安打、4本塁打、76打点、75盗塁。

 173cm75kg、守備走塁を持ち味とする小柄な二塁手。
 通算打率.264、ミート力のある左打者。3番(19年)、1番(16年)、9番(17年)などで活躍した。
 出塁すれば果敢に盗塁を敢行。5年目69試合で最多43盗塁を記録している。
 守っては守備範囲の広い内野手。現在はセカンドでプレー、その他、遊撃・三塁を経験した。
 2017年限りで一時現役を退くもNPBへの思いの強さから翌2018年8月に復帰。
 同年オフに行った巨人・増田大輝(15年のチームメイト)との自主トレで一段階の成長を遂げた。
 5年目69試合(先発69)で10失策。盗塁成功率70.5%。

  スカウトコメント

巨人・長谷川スカウト部長|19/11/20
 「積極的なプレーが目立つ選手で非常に楽しみだと思っています。巨人はおとなしい選手が多いので、彼の泥臭いプレースタイルを貫いてほしいです」
巨人・野間口貴彦スカウト|19/10/17
 「身体能力が高い内野手。スピードがあり積極的なプレーをする。人一倍声を出し元気がある。打撃はスイングがシャープで、ボールへのコンタクトがうまい。野球センスがあり今後が楽しみな選手」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年11月20日(水)|2019年ドラフト指名選手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年ドラフト指名選手 | コメント(0) Page Top↑