入倉 京一郎(山梨学院大)|ドラフト・レポート

入倉 京一郎(山梨学院大)

ここでは、「入倉 京一郎(山梨学院大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm86kg 左左 MAX149km スライダー・カーブ 大分豊府高
最速149㌔の直球とスライダー。山学大で球速15㌔アップを達成。不安定なコントロールに課題が残る。

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   16春:        登板無し
   16秋:        登板無し           二部
   17春:        登板無し
   17秋: 1 0勝0敗  0.2  2  0  3  2 27.00
   18春: 2 0勝0敗  3.1  1  6  7  0  0.00
   18秋:        登板無し
   19春: 1 0勝0敗   1  0  0  2  0  0.00
   19秋: 4 0勝0敗   4  1  5  7  0  0.00
   一部: 8 0勝0敗   9  4  11  19  2  2.00
        被安打率4.00 奪三振率11.00 四死球率19.00

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   新医大     1  0  0  2  0

 ■ 高校時代成績

   13夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:日田林工     2  2  0  0  1…2対5で敗戦

   14夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:日田三隈 先   7  3       2…1対2で敗戦

   15夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:大分高専    4.1  3       2…2対4で敗戦

  最新記事

 ■ 山梨学院大の149キロ左腕・入倉「12球団OK」(スポーツ報知) 19/10/14

 山梨学院大・入倉京一郎投手は、県内の高校、大学から唯一、プロ志望届を提出した。大分豊府高時代は最速134キロ。山梨学院大に進み、肉体改造に取り組んだ。その結果、球速、体重ともに入学時から15キロアップ。180センチ、86キロの恵まれた体格で恵まれた体格で剛球を投げ込むようになった。関甲新リーグは2年秋に初登板し、主に中継ぎで活躍。「球威に自信がある。直球とスライダーで空振りを取るスタイル」と、持ち味をアピールする。4年生になり「春までは独立リーグも考えていた」と入倉。しかし8月の練習試合で、NPB数球団の視察を受け、「チャンスがあるなら(志望届を)出そうと思った」と大舞台への挑戦を決意した。須田喜照監督は「真っすぐで三振を取れる。プロでは即戦力というより、2~3年育成されるタイプだと思う」と評価し、さらなる伸びしろを感じている。

   19秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   新医大     2  0  4  3  0
   白鴎大    0.1  0  0  2  0
   上武大    0.2  0  0  1  0
   作新大     1  1  1  1  0
           4  1  5  7  0 防0.00
      被安打率2.25 奪三振率11.25 四死球率15.75

  プロフィール

 大分県大分市生まれ。
 入倉 京一郎(いりくら・きょういちろう)投手。
 八幡小4年時から軟式野球を始め、大分西中では軟式野球部に所属。

 高校時代、夏の県大会は3年続けて1回戦で敗退。
 救援先発で全3試合(先発1、救援2)に登板し、13.1回を8安打5失点に抑える粘投を見せた。
 県大会2回戦が最高成績。甲子園出場経験は無し。

 山梨学院大では2年時秋からリーグ戦に出場。
 4年間で8試合(全て救援)9イニングに登板し、通算0勝0敗、防御率2.00(4失点)を記録した。
 計19四死球と制球力に課題を残しながらも投球回数を超える11三振を奪取。
 入学後の体作りで70kgだった体重を16kg増やし、149㌔(15キロアップ)左腕へと成長を遂げた。
 リーグ通算8試合、0勝0敗、9回、11奪三振、防御率2.00。

 180cm86kg、素材型の最速149㌔左腕。
 最速149㌔の直球とスライダーとのコンビネーションが持ち味。大学で最速15㌔アップを達成した。
 救援8試合9イニングで19四死球を出した不安定なコントロールに課題が残る。
 元ヤクルト・伊藤彰コーチに好資質を買われ、大分から関甲新リーグ・山梨学院大へ進学した。
 被安打率4.00、奪三振率11.00、四死球率19.00。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年10月29日(火)|2019年大学生投手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年大学生投手 | 関甲新学生 コメント(0) Page Top↑