青山 美夏人(亜細亜大)|ドラフト・レポート

青山 美夏人(亜細亜大)

ここでは、「青山 美夏人(亜細亜大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



182cm84kg 右右 MAX149km カーブ・ツーシーム・スプリット 横浜隼人
最速149㌔の直球を持つ本格派。デビュー戦で146㌔を計測。カーブ、ツーシーム、スプリットを交える。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   19春:        登板無し
   19秋: 8 2勝0敗  20.1  11  18  6  7  3.10
   20春:        開催中止
   20秋: 7 1勝0敗  24.1  10  24  11  3  1.11(1位)
   21春: 1 0勝0敗    2  4  0  1  0  0.00
   通算: 16 3勝0敗  46.2  25  42  18  10  1.93
          被安打率4.82 奪三振率8.10 四死球率3.47
    ※ 20秋:最優秀防御率

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   19秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   中央大    1.2  1  1  1  0 146㌔
   東洋大     1  0  0  1  0
   立正大    0.2  1  1  0  0
           1  0  3  0  0
   駒澤大 先   5  4  6  0  1 ○
       先   1  0  0  1  1   
   国学大 先   5  4  5  0  3
       先   5  1  2  3  2 ○
          20.1  11  18  6  7 防3.10
       被安打率4.87 奪三振率7.97 四死球率2.66

   20秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   立正大 先  2.2  1  2  2  1 145㌔
   駒澤大     1  0  1  1  0 149㌔
           2  0  5  0  0 146㌔
   国学大 先  8.2  4  6  2  0 148㌔ ○
   東洋大 先  5.1  3  5  2  1 146㌔
   中央大    1.2  1  2  2  1 144㌔
           3  1  3  2  0 144㌔
          24.1  10  24  11  3 防1.11
       被安打率3.70 奪三振率8.88 四死球率4.07

 ■ 高校時代成績

   17夏(背番号19)   回数 被安 奪三 四死 自責
   3回戦:横浜学園 先  5  1  5  1  0
   4回戦:横浜商大    4  1  2  3  0
   5回戦:日大藤沢 先 7.2  8  1  1  1
             16.2  10  8  5  1 防0.54
          被安打率5.40 奪三振率4.32 四死球率2.70

   18夏(背番号1)    回数 被安 奪三 四死 自責
   2回戦:横浜商業    1  2  0  1  0

  最新記事

 ■ 亜大が完封リレーで青学大を破る 2年・市川がリーグ戦初勝利(報知) 21/4/30

 先発は、肩の状態が思わしくなく仕上がりが遅れ、ここまでのリーグ戦で登板のなかった青山美夏人投手。1、2回に4安打を浴び、無失点ながら2イニングのみで降板した。

   21春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   青学大 先   2  4  0  1  0

 ■ 亜大5連勝 青山が「100点」投球で今季初勝利(日刊) 20/10/7

 亜大が国学院大に勝ち、5連勝を果たした。先発の青山美夏人投手(2年)が、8回まで2安打と二塁さえ踏ませぬ好投。9回に2死満塁のピンチを招き田中大成投手(2年)へスイッチし、4安打完封リレーで1点を守り切った。「今日はカーブの調子がよくて、真っすぐを生かすことができた」。100キロ前後のカーブに、140キロ前半の真っすぐツーシーム、スプリットも交え、効果的に緩急をつけた自己最長となる8回2/3を投げ、4安打6三振で無失点。今季、初勝利を挙げた。

 ■ 亜大野球部が新役員、スポーツ推薦合格者発表(スポニチ) 18/12/18

 亜大が来年度の新役員と新入生を発表した。また、スポーツ推薦入試では東海大菅生の名遊撃手として甲子園でも注目を集めた田中幹也内野手、高崎健康福祉大高崎で通算44本塁打を放った大越弘太郎外野手、今秋ドラフト候補にも挙がった横浜隼人の青山美夏人投手ら23人が合格した。

  プロフィール

 神奈川県横須賀市出身。
 青山 美夏人(あおやま・みなと)投手。
 横須賀市立衣笠中時代は硬式野球チーム・横須賀シニアでプレー。

 横浜隼人では1年時秋から背番号11で公式戦に出場。
 県大会3回戦・桐蔭学園戦で初先発を果たし、9回7安打1四球の力投で初完封勝ちを収める。
 2年時夏の予選4戦中3試合に登板し、16回2/3を1失点に抑える好投を披露。
 5回戦・日藤戦で7.2回1失点の粘投を演じたが、打線の援護が無く0-1で完封負けとなった。
 大会後、県選抜で国際試合を経験し、同秋の新チームからエースとしてプレー。
 翌3年春の県4回戦・市金沢戦で高校時代の最速となる145㌔(保土ケ谷)を計測している。
 3年時夏の県大会は横浜商業に5-9逆転(8回表6失点)で敗れ初戦で敗退。
 5-8の8回1死3塁で登板するも適時打を許し、最後の夏の大会をわずか1.2回の登板で終えた。
 1学年下のチームメイトとして最速145㌔左腕・佐藤一磨ら。

 亜細亜大学では1年時秋からリーグ戦に出場。
 救援・先発の両面で8試合、計20.1回に登板し、第6週・駒大2回戦で初先発初勝利を収める。
 2年時秋のリーグ戦で149㌔を計測し、平内らとの3枚看板で8季ぶりVを達成。
 先発3試合を含む7試合24.1回を3失点に抑え、リーグ1位の防御率1.11(1勝0敗)を記録した。
 リーグ通算16試合、3勝0敗、46.2回、防御率1.93。

 182cm84kg、最速149㌔直球を持つ本格派右腕。
 ノーワインドから溜めて前傾しながら重心を下げ、着地早めにヒジを使った腕の振りから投げ込む
 最速149㌔、常時140㌔前後から140㌔台中盤(先発登板時)のストレートと、
 100㌔台の緩い縦のカーブ、130㌔前後で逃げながら沈むツーシーム、120㌔台のスプリット。
 ストレートと縦のカーブとの緩急が持ち味。2シーム、スプリットなどを織り交ぜる。
 1年時秋から救援先発の両面で活躍、デビュー戦の中大戦(1.2回0封)で最速146㌔を投げた。
 遠投95m、50m6秒4。奪三振率8.10、四死球率3.437。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021年05月21日(金)|2022年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑