市川 大晴(亜細亜大)|ドラフト・レポート

市川 大晴(亜細亜大)

ここでは、「市川 大晴(亜細亜大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm72kg 右右 MAX148km スライダー・カーブ 常葉大橘
癖球が持ち味の148㌔右腕。高3春の県大会で147㌔を計測、常菊戦で5回無失点の好投を見せた。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   20春:         開催中止
   20秋:         登板無し
   21春: 5  1勝1敗  12.1  13  8  5  3  2.19
   通算: 5  1勝1敗  12.1  13  8  5  3  2.19
          被安打率9.49 奪三振率5.84 四死球率3.65

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   17秋(背番号11)      回数 被安 奪三 四死 自責  
   静岡3位決:静岡市立 先   4  3       0
   東海1回戦:愛産三河 先   4  3  1  1  0
     2回戦:中京院中 先   3  4  3  0  2
                 11  10       2 防1.64

   18夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   静岡1回戦:小笠高校 先  4.2  8  3  3  8
     2回戦:静岡高校 先   4  5       3
                8.2  13       11 防11.42(失点から算出)

   19夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   静岡2回戦:池新田高     1  0  2  2  0 141㌔
     3回戦:駿河総合    3.2          1 144㌔
                4.2          1 防1.93(失点から算出)

  最新記事

 ■ 亜大・市川が好救援で初勝利 憧れの先輩・阪神高橋追い掛ける(日刊) 21/4/30

 亜大が、3投手の継投で完封勝利した。3回からマウンドに上がった市川大晴投手が4回を投げ2安打無失点。リーグ戦4試合目の登板にして初勝利を挙げた。生田勉監督は「市川の真っすぐは動く。同じボールがないのが特長」と分析。オープン戦でも、社会人野球の打者がスイングにならなかったという。亜大の先輩、阪神高橋遥人投手とは同じ地元で、同じ道を歩んできた。現在の最速は148キロ。高橋の大学最速151キロ、そしてドラフトへ。市川の夢はますます広がる。

   21春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   国学大     1  2  0  1  1 141㌔
   中央大    0.1  1  1  1  0 139㌔
   青学大     4  2  1  1  0 ○
   東洋大 先   4  3  3  1  1
   立正大 先   3  5  3  1  1 ●
          12.1  13  8  5  3 防2.19
       被安打率9.49 奪三振率5.84 四死球率3.65

 ■ 駿河総合・紅林、常葉大橘の市川から同点打(スポーツ報知) 19/7/24

 駿河総合の紅林弘太郎遊撃手が第3シードの常葉大橘のエース右腕・市川大晴から同点打を放つなど4―3で創部以来初の4回戦進出を果たした。9球団が集結したプロ注目対決は、駿河総合の紅林に軍配が上がった。1点に迫った5回。なお1死二塁の好機に常葉大橘は、MAX147キロ右腕の市川が2番手でマウンドに上がった。「やっと来たな。あいつと一対一の勝負がしたかった」。4球目の真ん中低めの速球を左翼へ打ち返す貴重な同点打。この回3点を奪い、逆転勝利に貢献した。
 この日の最速は、6回に紅林に投じた初球の144キロ初戦となった2回戦で痛めた右薬指は「影響がなかった」と言い訳にしなかったが、試合後は悔し涙を流した。今後は大学進学を希望しており「4年後にプロを目指したい」と顔を上げた。(日刊スポーツ)

 ■ 令和最初の「常葉対決」は橘に軍配(スポーツ報知) 19/5/2

 令和時代が幕を開けた1日、準々決勝が行われた。常葉大菊川と常葉大橘が対戦。新時代最初の「兄弟校対決」は、橘に軍配が上がった。1―2の5回から右腕エース市川大晴がマウンドに上がり、自己最速タイの147キロを連発。菊川打線を3安打に抑えると、打線も7回に追いつき、8回に勝ち越し。3―2で逆転勝ちした。菊川の主砲・伊藤勝仁に全球ストレート勝負を挑み、単打1本に抑えた市川は「令和最初の対戦。意識していました」と、ライバルを倒しての4強進出を喜んでいた。
 今春は球が走らず、手応えを感じた試合は、準々決勝の常葉大菊川戦のみ。1点を追う5回から登板し、3安打無失点。逆転勝ちにつながる投球を披露した。(日刊スポーツ)

  プロフィール

 静岡県静岡市生まれ。
 市川 大晴(いちかわ・たいせい)投手。
 小学2年の時から軟式野球を始め、西奈中では軟式野球部でエース。

 常葉大橘高校では1年生の秋からベンチ入り。
 背番号11の控えながらエース格として起用され、東海大会全2戦(7回3失点)で先発を務める。
 翌2年夏の予選に主戦として挑むも静高に4回3失点KOで敗れ3回戦で敗退。
 全3戦中2戦の先発を担ったが、計8.2回で13安打を浴び、投球回超の大量11失点を許した。
 2年時秋の大会を地区敗退で終え、3年時春に静岡大会ベスト4進出を達成。
 準々・常葉大菊川戦(147㌔計測)で逆転勝ちを呼ぶ5回3安打0封の好救援を演じている。
 3年時夏の予選は紅林擁する駿総に3-4(3.2回1失点)で敗れ3回戦で敗退。
 5回裏1死二塁から救援するも同点、及び逆転を許し、その後は両軍得点無く1点差で敗れた。
 1学年上のチームメイトとして夏目大捕手(専大)ら。

 亜細亜大では2年時春からリーグ戦に出場。
 救援先発で5試合(先2)、計12.1回に登板し、第5週・青学2回戦(4回0封)で初勝利を収めた。
 リーグ通算5試合、1勝1敗、12.1回、防御率2.19。

 175cm72kg、プロ注目の最速148㌔右腕。
 セットポジションから始動して溜めて重心を下げ、着地早めに右肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速148㌔の微妙に動く真っ直ぐと、スライダー、カーブなどの変化球。
 中学時代は最速130㌔弱。高1秋に139㌔、高3春に147㌔と、常葉大橘で球速アップを遂げた。
 現状被安打が多め。遠投110m、50m6秒3。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021年05月17日(月)|2023年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2023年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑