谷 優希(福井工業大)|ドラフト・レポート

谷 優希(福井工業大)

ここでは、「谷 優希(福井工業大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



186cm94kg 右右 MAX150km スライダー・フォーク 西舞鶴高
最速150㌔の直球と130㌔前後のフォーク。恵まれた体格の抑え投手。コントロールにバラツキが残る。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   18春:        登板無し
   18秋:        登板無し
   19春: 9 0勝0敗   13  7  15  6  0  0.00
   19秋: 6 2勝0敗  6.2  2  7  3  0  0.00
   20春:        開催中止
   20秋: 7 0勝0敗  8.1  11  9  5  2  2.16
   21春:        開催中止            
   通算: 22 2勝0敗   28  20  31  14  2  0.64
         被安打率6.43 奪三振率9.96 四死球率4.50
    ※ 19春:MVP

 【 全国大会 】
     試合  回数 被安 奪三 四死 自責
   19選: 2   2.1  3  0  4  1  
           2  2  0  3  1 145㌔(東ド) 上武大
          0.1  1  0  1  0 139㌔(神宮) 明治大
   21選: 2    5  5  3  6  7
           2  2  3  2  2 144㌔(神宮) 名城大
           3  3  0  4  5 145㌔(神宮) 慶応大
   通算: 4   7.1  8  3  10  8 防9.82
      被安打率9.82 奪三振率3.68 四死球率12.27

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   高法大     1  2  1  0  0
           1  0  2  0  0
   星稜大     1  0  3  0  0
           1  1  1  1  0
   富山大     1  1  0  1  0
   北陸大     1  2  2  1  0
           2  1  1  0  0
   金院大    2.2  0  4  2  0
          2.1  0  1  1  0
           13  7  15  6  0 防0.00
      被安打率4.85 奪三振率10.38 四死球率4.15

   19秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   金沢大    0.2  0  2  1  0
   富山大     3  0  3  1  0
   北陸大    0.2  1  1  0  0
           1  1  0  0  0
          0.2  0  0  0  0 ○※7回裏7得点でコールド勝ち
   星稜大    0.2  0  1  1  0 ○
          6.2  2  7  3  0 防0.00
       被安打率2.70 奪三振率9.45 四死球率4.05

   19秋代決   回数 被安 奪三 四死 自責
   中京大     2  2  1  0  0

   20秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   高法大     2  2  5  0  0
   星稜大     1  0  0  0  0
           1  3  2  2  2
   北陸大     1  1  0  0  0 
   富山大     1  0  0  2  0
           1  3  1  1  0
   金院大    1.1  2  1  0  0
          8.1  11  9  5  2 防2.16
      被安打率11.88 奪三振率9.72 四死球率5.40

  最新記事

 ■ 福井工業大学、因縁の上武大学戦(福井新聞) 19/6/9

 投手陣の柱はクローザーの谷優希MVPに輝いた右腕への信頼は厚く「谷まで最少失点でどうつなげるか」(下野博樹監督)が鍵となる。先発が予想される立石健、南大河から中継ぎの斎藤隼大、武盛智樹、國光瑛人と細かくつなぎ、リードした状態で守護神の谷に回したい。

   21春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責…交流戦扱い
   富国大     1  0  2  0  0
   富山大     2  1  3  3  0
   星稜大     1  0  1  0  0
          0.2  2  0  1  1
          4.2  3  6  4  1 防1.93
      被安打率5.79 奪三振率11.57 四死球率7.71

  プロフィール

 京都府舞鶴市出身。
 谷 優希(たに・ゆうき)投手。

 西舞鶴高では3年生になって夏大デビュー。
 背番号10番の控え投手としてメンバーに入り、初戦・京都両洋戦(2-11)に4イニング登板した。
 高校時代は控え投手で甲子園の経験は無し。

 福井工業大では2年生の春からリーグ戦に出場。
 ベンチ入りと同時に抑え投手の座をつかみ取り、9試合13回15奪三振0封の活躍でMVPに輝く。
 2年時秋のリーグ戦第3週・北陸大3回戦(7回7対0コールド)で初勝利を記録。
 3年間で22試合(リリーフ22)、計28回を投げ、通算2勝0敗、31K、防御率0.64をマークした。
 全国大会には2年時春(2回戦)および4年時春(準V)の大学選手権に出場。
 全て救援で全7戦中4試合に登板し、計7.1回で10四死球、0勝0敗、防9.82の結果を残した。
 2年時春1回戦・上武戦、4年時春決勝・慶大戦で、それぞれ145km/hを計測。
 4年時春の選手権で創部初の準Vを飾ったが、自身は2戦5イニングで7失点と不振に終わった。
 通算22試合、2勝0敗、28回、31奪三振、防御率0.64。

 186cm94kg、150㌔直球を持つ恵まれた体格の右腕。
 セットからタメを作って軽めに重心を下げ、早めに着地し、後ろ小さめに右肘を使った腕の振りから
 投げ込む最速150㌔の真っ直ぐと、130㌔前後のフォーク、120㌔台のスライダー。
 130㌔台後半から140㌔強の直球で押す投球が持ち味。2年春に抑え投手の座をつかんだ。
 現状とらえられる場面がやや多いが、自己最速では大台となる150キロを計測。
 真っすぐで打者の内角を突き、フォーク、スライダーを織り交ぜる。東京ドームで145㌔を計測した。
 制球にはバラツキが残る。全国7.1回で8安打10四死球。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021年06月15日(火)|2021年大学生投手 | 北陸大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生投手 | 北陸大学 コメント(0) Page Top↑