石澤 大和(東農大北海道オホーツク)|ドラフト・レポート

石澤 大和(東農大北海道オホーツク)

ここでは、「石澤 大和(東農大北海道オホーツク)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



176cm75kg 左左 MAX145km 網走南ヶ丘
最速145㌔の直球と縦横2種類のスライダー。3年春の網走桂陽戦で7者連続を含む17Kを記録した。

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   21春: 2  2勝0敗   12          0  0.00
   通算: 2  2勝0敗   12          0  0.00(不明分を除く)

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   21選: 1 先  0.1  2  0  3  3 140㌔(神宮) ● 上武大
   通算: 1    0.1  2  0  3  3 防81.00
       被安打率54.00 奪三振率0.00 四死球率81.00

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   18夏(背番号1)       回数 被安 奪三 四死 失点
   地区予1回戦:美幌高校 先   ?          ?
      2回戦:遠軽高校 先   9  3  10     0封
      代表決:紋別高校 先   7  6  11  3  2
                  16  9  21     2 防1.13
                    被安打率5.06 奪三振率11.81

   19夏(背番号1)        回数 被安 奪三 四死 失点
   地区予1回戦:北見緑陵 先   9  5  8  2  2
      2回戦:遠軽高校 先   7  6  8  4  1
      代表決:北見工業 先   9  4  8  2  0封
   北大会1回戦:武修館高 先   9  6  10  0  3
                  34  21  34  8  6 防0.00
              被安打率5.56 奪三振率9.00 四死球率2.12

  最新記事

 ■ 網走南ケ丘のプロ注目左腕・石沢、2失点完投発進!(スポーツ報知) 19/6/24

 網走南ケ丘が北見緑陵に9―2で快勝発進。先発したプロ注目の左腕・石沢大和が、9回5安打2失点(自責0)8奪三振で、昨秋に敗れた相手に雪辱を果たした。角度ある直球を主体に、キレ味抜群のスライダーを織り交ぜ8奪三振をマークした。入学時は59キロも地道な食トレで71キロに到達。桜田直久監督は「球の力がついてきた」と認めた。今春の地区予選で石沢は145キロを計測。「網走の逸材」と騒がれたが、2回戦で遠軽に9―16で敗れるなど、地区の壁に埋もれてきた。

 ■ 北大会、10年連続出場ならず/遠軽が惜敗(朝日新聞) 18/6/30

 遠軽は網走南ケ丘に0―1で惜敗し、10年連続の北大会出場はならなかった自慢の打線は、網走南ケ丘の石沢大和投手(2年)に散発3安打。遠軽の佐藤貴之監督は「石沢投手対策は考えたのだが、ナイスピッチングだった」と相手投手をたたえ、「(連続出場が途絶えて)悔しさはあるが、選手はよくやってくれた」と振り返った。

  プロフィール

 北海道網走市出身。
 石澤 大和(いしざわ・やまと)投手。
 小学生時代に軟式チームで野球を始め、網走三中では野球部で全道大会出場。
 小学6年生の時に日本ハムJr.チーム入りを果たした。

 網走南ヶ丘高では1年生の夏から公式戦に出場。
 控え投手ながら主力陣の一角として起用され、代決・北見商戦で初先発初完封勝ちを収める。
 翌2年夏の地区予選に主戦として挑み、2回戦・遠軽戦で10K1-0完封を記録。
 続く代決・紋別戦で7回11Kの力投をみせたが、打撃陣が抑えこまれ0-2で完封負けとなった。
 3年時春の大会で145㌔を投げるも遠軽に9対16で敗れ3季連続の地区敗退。
 145㌔腕・冨水大和と投げ合った支部1回戦で17K(8安打6-3)完投の快投を披露している。
 3年時夏の大会は武修館に6安打10K0-3完投負けで惜しくも北1回戦敗退。
 地区予選からの全4戦(1完封)を一人でこなし、34回34K6失点、防御率0.00の結果を残した。
 北北海道大会8強が最高成績。甲子園経験は無し。

 東農大北海道では1年時秋からリリーフでベンチ入り。
 2年時春のリーグ戦で先発の座を掴み取り、2勝0敗、12回0封の活躍で3季ぶりの優勝を飾った。
 全国大会には2年時春の第70回全日本大学野球選手権(8強入り)に出場。
 準々・上武戦の先発を任されたが、0.1回3失点KOと振わず、チームも7回3対11で敗退となった。
 リーグ通算2試合、2勝(0完投)0敗、12回、防御率0.00。

 176cm75kg、最速145㌔の直球を持つプロ注目左腕。
 ワインドアップから右膝を高く上げて重心を下げ、着地早めに左肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速145㌔(高3春に計測)の真っ直ぐと縦横2種類の鋭いスライダー。
 常時130㌔中盤から後半を計測する好左腕。110㌔台から120㌔前後のスライダーを交える。
 高3春の地区初戦・網走桂陽戦で7者連続を含む17K(1四球3失点)を記録。
 1年生の秋から4試合のリリーフ登板を経験し、2年時春のリーグ戦で先発投手の座を獲得した。
 体をやや捻って投げ込んで行く。高3夏の奪三振率9.00。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021年06月10日(木)|2023年大学生投手 | 北海道学生 コメント(1) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
武修館高校との準々決勝は投手の投げ合いか、打者の打ち合いかが楽しみな一つですね。
| ゆうと | 2019年07月14日(Sun) 15:36 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2023年大学生投手 | 北海道学生 コメント(1) Page Top↑