箱山 優(日本体育大)|ドラフト・レポート

箱山 優(日本体育大)

ここでは、「箱山 優(日本体育大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



183cm73kg 右左 MAX143km スライダー・カーブ・フォーク 日体大柏
長身細身のプロ注目本格派右腕。2年時7月時点で143㌔を計測。日体大・箱山慶人を兄に持つ。

  動 画

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   19春(背番号20)      回数 被安 奪三 四死 失点
   千葉2回戦:千葉黎明 先   4  3       1 141㌔

   19夏(背番号20)      回数 被安 奪三 四死 失点
   千葉1回戦:二松学柏    3.2  3       0
     2回戦:専大松戸     5  6  6  4  7 141㌔
                8.2  9       7 防7.27(失点から算出)

  最新記事

 ■ 日体大柏・箱山、プロ目標に据えて意識変化(日刊スポーツ) 20/8/3

 日体大柏の最速143キロ右腕・箱山優投手が初戦から投打で活躍し、チームを勝利に導いた。5回までに8三振。2安打無失点に抑え、6回から外野の守備についた。打っては3回に二塁への先制適時打を放ち、4番としての役目も果たした。プロ野球を目標に掲げ、意識が変わった。昨年、秋の大会が終わり、伊藤太一監督に「プロに行きたいです」とハッキリと伝えた。秋の大会、練習試合にたくさんのスカウトが視察に訪れた。「投手でも野手でも、評価の高い方で」と、投手、野手、いずれも練習は一切、手を抜かず。現在の目標は「4年後のドラフトで1位で指名される選手になること」と明確だ。

   20夏(背番号1)       回数 被安 奪三 四死 失点
   地区1回戦:芝浦工柏 先   5  2  8  1  0
     3回戦:市立柏高 先   5  2  6  2  1
     決勝戦:西武千葉 先   6  2  5  1  0
   千葉準々決:専大松戸 先   5  5  5  3  7 ※7回0対9で敗戦
                 21  11  24  7  8 防3.43
            被安打率4.71 奪三振率10.29 四死球率3.00

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   20夏: 6 .368 19  7 3 1 0 4 1 6 0  .520  .632(4番/投中)

  プロフィール

 千葉県市川市出身。
 箱山 優(はこやま・ゆう)投手。
 市川市立第八中時代は硬式野球チーム・京葉ボーイズでプレー。
 中学3年春の全国大会で初優勝を達成した。

 日体大柏では1年時から控え投手としてベンチ入り。
 1年生で夏の大会デビュー(救援0.1回)を果たし、同秋の新チームで背番号1のエースを務める。
 県1回戦・敬愛戦で6回1失点の好投を見せるも7回表に4失点し0対5で敗退。
 翌2年春の大会から再び控え(20番)に回り、県2回戦・黎明戦(4対5)で141㌔をマークした。
 2年時夏の県大会は専松に7回4-12(救援で5回7失点)で敗れ2回戦で敗退。
 初回に左適安(内144㌔)、4回に左二(低105㌔)と、148㌔腕・横山から2安打を放っている。
 同年秋予選での登板機会はなく一塁手兼右翼手として打撃でチームに貢献。
 全3試合(県1回戦敗退)で先頭打者を務め、地区初戦・沼南高柳戦で右越え弾を放った。
 実績少なめながらプロからも注目され、3年時夏に県8強(専松7回0-9)を達成。
 4番エース兼センターとしてチームを牽引し、打率.368、4試合21回24K8失点と投打に奮闘した。
 高3夏の15季ぶり県8強が最高成績。甲子園経験は無し。

 183cm73kg、プロ注目の最速143㌔長身右腕。
 セットから重心を下げて開き早めにインステップし、後ろ大きめにヒジを柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速143㌔、常時135㌔前後から140㌔前後(高2夏)のストレートと、
 110㌔台から120㌔台のスライダー、110㌔台のカーブ、その他の持ち球としてフォークボール。
 資質のよさにはプロのスカウト陣も注目。現時点ではコントロールに甘さが残る。
 スラッとした投手体型の持ち主。ミート力ある打撃を生かして4番打者としてもチームに貢献した。
 現日本体育大・箱山慶人を2歳上の兄に持つ。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2020年12月25日(金)|2024年大学生投手 | 首都大学 コメント(2) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
マリンでの専大松戸戦を見てきました

初回に先発投手が専松打線に捕まってしまい、1回1アウト2塁という難しい場面からの登板

最速141キロを計測していました。スライダーもなかなか良かったです。

5回 7失点(エラー絡みも有り)
被安打6 四死球4 奪三振6

初戦の二松学舎柏戦でも登板していた様ですが、投球内容は分かりませんでした。

また、打つ方でも活躍
二松学舎柏戦でも二塁打を放ち、専松の横山相手にもレフト前タイムリーと低めのスライダーを左中間へ二塁打でした。
| 鴎 | 2019年07月13日(Sat) 13:40 | URL #- [ 編集]
「千葉大会展望号」より

すでにオーバーハンドから最速143キロを投げてNPB球団スカウトも注目する存在となっている。

との事です
| 鴎 | 2019年07月05日(Fri) 19:56 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2024年大学生投手 | 首都大学 コメント(2) Page Top↑