川島 隆志(JR九州)|ドラフト・レポート

川島 隆志(JR九州)

ここでは、「川島 隆志(JR九州)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



川島 隆志(JR九州)

178cm72kg 左左 MAX146km スライダー・カーブ・ツーシーム・チェンジ 宮崎第一 1年目
高校で急成長を遂げた146㌔左腕。直球のキレが持ち味。明石商業相手に9K0封の好投を見せた。

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   18秋         回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:日南学園 先   9  5  9  1  1
   3回戦:宮崎商業 先   9  4  14  2  1
   準々決:高鍋高校 先   9  3  9  5  0封
   準決勝:小林西高 先  8.2  11  3  4  3
              35.2  23  35  12  5 防1.01
           被安打率5.80 奪三振率8.83 四死球率3.03

   19春         回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:三校連合 先   9  5  7  1  2
   3回戦:都城高校 先   9  4  7  3  1
   準々決:鵬翔高校 先   9  6  12  3  0封
   準決勝:都城東高 先   9  9  8  4  3
   決勝戦:小林西高 先   9  9  5  3  5
               45  33  39  14  11 防1.60
           被安打率6.60 奪三振率7.80 四死球率2.80

   19春招待試合     回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:明石商業 先   9  5  9  5  0 144㌔

  最新記事

 ■ 宮崎第一の速球派、川島が敗退「悔しさはプロで晴らす」(asahi.com) 19/7/25

 都城東―宮崎第一の戦いは140キロ超の投手の投げ合い。宮崎第一の先発は左の川島隆志投手(3年)。対する都城東は有馬太玖登投手(2年)。共に大会屈指の速球投手だ。五回まではロースコアの展開だった。一転したのが六回、機動力を駆使した都城東の攻撃この回だけで5失点して主導権を奪われた。川島投手は「打たれて負けたという気はしない。この悔しさは社会人野球プロ野球に上がって活躍することで晴らしたい」と前を向いた。

   19夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:都農高校 先   5  3  10  1  0封146㌔
   3回戦:宮崎工業 先   9  8  17  4  3
   準々決:都城東高 先   9  6  11  5  5
               23  17  38  10  8 防3.13(失点から算出)
          被安打率6.65 奪三振率14.87 四死球率3.91

 ■ 高鍋、逆転勝ち MRT招待高校野球最終日(宮崎日日新聞) 19/5/13

 第56回MRT招待高校野球大会最終日は12日、宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で3試合を行った。宮崎第一は明石商と0-0、都城西は桐蔭学園と3-3でともに引き分けた。宮崎第一はエース川島隆志が、選抜大会ベスト4の明石商から9三振を奪い5安打無失点に切った。

  プロフィール

 宮崎県宮崎市出身。
 川島 隆志(かわしま・りゅうし)投手。
 清武小3年時に軟式野球を始め、清武中では軟式野球部に所属。

 宮崎第一では1年時夏から控え投手としてベンチ入り。
 2年時秋の新チームで背番号1の座を掴み取り、全4戦完投で18年ぶりの県4強進出を果たす。
 強豪・日南学園相手の初戦2回戦で5安打9奪三振1失点完投勝利をマーク。
 続く3回戦・宮崎商業戦で14Kの快投を演じ、準々決・高鍋戦で3安打完封勝利を挙げた。
 入学後の練習で着実に球速を伸ばし、3年時春の宮崎大会で145㌔を計測。
 5試合(5完投1完封)45回30奪三振11失点の活躍で10年夏以来の県準Vを達成している。
 同5月の招待試合で明石商と対戦し、選抜4強校を相手に0-0引分けと善戦。
 来田を1安打に封じるなど散発5安打で完投し、最終回9回に144㌔(サンマリン)を計測した。
 3年時夏の県大会は有馬擁する都城東に6安打1対5完投で敗れ8強で敗退。
 全3試合23回(38K)を1人で投げ抜き、初戦で146㌔、2回戦で大会タイ17奪三振を記録した。
 県大会準優勝が最高成績。甲子園出場経験は無し。

 178cm72kg、高校で急成長を遂げた146㌔左腕。
 ノーワインドから軽めに重心を下げてインステップし、左ヒジを柔らかく使った腕の振りから投げ込む
 最速146㌔の切れの良い真っすぐと、スライダー、カーブ、2シーム、チェンジアップ。
 回転数2200を記録するストレートが持ち味。高校進学後に25km/h超の最速アップを達成した。
 3年夏の県大会3試合23回で38奪三振(率14.87)。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年11月28日(木)|2022年社会人投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年社会人投手 | コメント(0) Page Top↑