木下 隆也(佛教大)|ドラフト・レポート

木下 隆也(佛教大)

ここでは、「木下 隆也(佛教大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



木下 隆也(佛教大)

175cm67kg 左左 MAX144km スライダー・チェンジ 奈良大附
最速144㌔直球とスライダー。2年春の選手権で3勝を記録。大きめのテイクバックから投げ込んで行く。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   18春: 4  0勝1敗   8          2  2.25
   19春: 3  0勝0敗   5          0  0.00
   通算: 7  0勝1敗   13          2  1.38(不明分を除く)

 【 全国大会 】
   19選   回数 被安 奪三 四死 自責
   八学大    5  1  5  3  0 139㌔(東ド) ○
   福祉大    3  0  3  1  0 143㌔(神宮) ○
   東海大   5.1  2  8  2  0 143㌔(神宮) ○
        13.1  3  16  6  0 防0.00 ※ 敢闘賞
     被安打率2.03 奪三振率10.80 四死球率4.05

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   18春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   花園大    0.2          0
          1.1  1       0
       先   5          2 ●
   京学大     1          0
           8          2 防2.25 

   18秋(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 失点   
   びわ大     1          0
   京教大 先   7  2       0 ○
   学園大 先   10          1
   花園大 先                 ●
           18          1 防0.50(失点から算出、不明分除く)

 ■ 高校時代成績

   17夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:一条高校 先   7  1  9  2  0封
   準々決:橿原学院 先   4  3  5  2  0
   準決勝:高田商業 先   5  7  5  4  3
   決勝戦:天理高校 先   8  7  8  4  2
               24  18  27  12  5 防1.88(失点から算出)
          被安打率6.75 奪三振率10.13 四死球率4.50

  最新記事

 ■ 仏教大が初の決勝進出(デイリースポーツ) 19/6/17

 仏教大が初の決勝進出を果たした。先発した今秋ドラフト候補の中山怜央投手は四回途中3失点でKOされたが、後を受けた木下隆也投手(2年)が踏ん張った。「決まれば打たれる気はしなかった」と自信を持つスライダーを膝元に集め、直球とのコンビ-ネーションで5回1/3を1失点(自責0)。指揮官も「早めの継投を考えていたので」と期待以上の力投を称えた。
 最速144キロ。ソフトバンク和田にあこがれる左腕は球の切れが自慢。独特の腕が遅れて出てくるフォームから、スライダー、チェンジアップをコースに投げ分ける。右打者の足元に鋭く落ちるスライダーが一番の武器で、打者の左右を苦にしないのもロングリリーフに生きている。(日刊スポーツ)

  プロフィール

 奈良県出身。
 木下 隆也(きのした・りゅうや)投手。
 中学時代は硬式野球チーム・レッドスターベースボールクラブでプレー。

 奈良大附では2年時秋に背番号1の座を獲得。
 以降、同学年の大西健太を抑えて主戦を務め、3年春夏と2季続けて県大会準Vを達成した。
 夏の大会全5試合中4試合に先発し、計24回で27K、18安打5失点をマーク。
 太田神野を擁する強豪・天理高校を相手に7安打8奪三振1-2完投の力投を披露している。
 2学年上に中山怜央坂口大誠、同期に大西健太ら。

 佛教大では1年時春からベンチ入り。
 ルーキーイヤーから年間8試合(先5)に起用され、秋季リーグ戦・京教2回戦で初白星を収めた。
 全国大会には2年春の第68回全日本大学野球選手権大会(初準V)に出場。
 全4試合中3試合にリリーフとして登板し、3勝無敗、13.1回1失点の活躍で敢闘賞に輝いた。
 1回戦(4対3)、準々(4対3)でサヨナラ勝ち、準決勝(6対4)で逆転勝ちを記録。
 八学(5回0封)・福祉(3回0封)・東海(5.1回1失点)の強豪3校を相手に16Kをマークしている。
 通算11試合(先発4)、1勝(0完投0完封)2敗。

 175cm67kg、投げっぷりのいい最速144㌔左腕。
 セットからタメて前傾しながら重心を下げ、早めに着地し、後ろ大きめに肘を使った腕の振りから
 投げ込む最速144㌔、常時135㌔前後から140㌔前後(救援時)の真っ直ぐと、
 110㌔台から120㌔台の切れの良いスライダー、右打者外に投じる110㌔台のチェンジアップ。
 ストレートとスライダーとのコンビネーションが持ち味。両サイドに投げ分けて行く。
 2年春の全国大会で143㌔を計測、計13.1回16K(スライダー9、直球7)1失点の力投を見せた。
 腕が遅れて出てくるフォームでタイミングが取りづらい。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年06月17日(月)|2021年大学生投手 | 京滋大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年大学生投手 | 京滋大学 コメント(0) Page Top↑