又吉 亮文(シンバネットワークアーマンズBC)|ドラフト・レポート

又吉 亮文(シンバネットワークアーマンズBC)

ここでは、「又吉 亮文(シンバネットワークアーマンズBC)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



175cm75kg 右左 MAX147km スライダー・チェンジ 浦添→IPU→香川OG→琉球BO 1年目
リリーフで活躍する右サイドハンド。香川で147㌔腕へと急成長。兄・克樹の後を追ってNPBを目指す。

  動 画

  投手成績

 ■ 独立リーグ時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   18年: 34  2勝1敗   38.1  29  23  13  10  2.35
   19年: 44 5勝2敗13S   63  45  68  30  16  2.29
   通算: 78 7勝3敗13S 101.1  74  91  43  26  2.31
           被安打率6.57 奪三振率8.08 四死球率3.82
    ※ 19年:最多セーブ

 ■ 大学時代成績

 【 全国大会 】
     試合  回数 被安 奪三 四死 自責 
   16神: 1  0.1  0  0  0  0 134㌔(神宮) 桜美林
   17神: 2  1.1  0  0  5  3
          1  0  0  2  0 136㌔(神宮) 慶応大
         0.1  0  0  3  3 136㌔(神宮) 道都大
   通算: 3  1.2  0  0  5  3 防16.20
      被安打率0.00 奪三振率0.00 四死球率27.00

  最新記事

 ■ 兄の背中を追い、独立L・香川でNPBを目指す又吉亮文(デイリースポーツ) 18/2/9

 香川オリーブガイナーズに今季、中日で活躍する又吉克樹投手の弟・又吉亮文投手が入団した。投手を始めたのは浦添高入学後から。当時は上手投げで最速120キロ前後のスピードしかなく、ベンチにも入れなかった。環太平洋大に進み、3年時にスリークォーターにフォームを変更。直球は最速140キロまで伸び、4年秋には明治神宮大会でも登板した。兄も指導した西田真二監督は「体にバネがある。まだ荒削りだけど、伸びしろは十分」と期待を寄せた。

  プロフィール

 沖縄県浦添市出身。
 又吉 亮文(またよし・あきふみ)投手。
 浦添市立浦添中学校に入学後から外野手として野球を始める。
 5歳上の兄に中日・又吉克樹投手(13年2位)。

 浦添高(11年-13年)で自ら希望して投手に転向。
 当時は右オーバースローで最速125㌔に留まり、高校3年間の大部分をベンチ外として過ごした。
 唯一ベンチ入りした2年時秋の県1回戦が最高成績。

 IPU時代(14年-17年)3年時にスリークォーター転向。
 腕の位置を下げたことで真っすぐの力強さを増し、高校時代から15㌔アップの140㌔を計測した。
 4年間を通してタイトル獲得及び投手ベスト10入りなどの目立った実績は無し。
 3、4年時秋の明治神宮大会に救援として登板し、3試合1.2回で5四死球、防16.20を記録した。
 1個上のチームメイトとして和田洸輝(JR北海道ク)ら。

 大卒後は香川OGに四国ILドラフト2位で入団。
 1年目から66試合中34戦(リリーフ33)に登板し、計38回1/3で23K、2勝、防2.35の実績を残す。
 CS・愛媛2回戦で(146㌔を計測)でサヨナラ勝ちを呼ぶ2.1回0封救援を披露。
 2季で78戦(救援77)、計101.1回に起用され、通算7勝3敗13S、91三振、防2.31を記録した。
 独立リーグで最速を147㌔まで伸ばし、2年目19年に最多セーブ(13S)を受賞。
 計44試合63イニングのリリーフ登板で、68奪三振(率9.71)、防御率2.29の好成績を残している。
 通算78試合、7勝(0完投)3敗13S、101.1回、防御率2.31。

 175cm75kg、救援で活躍する右サイドハンド。
 セットから始動して上体を傾けながら重心を下げ、着地早めにヒジを柔らかく使った腕の振りから
 繰り出す最速147㌔直球と、130㌔前後のスライダー、130㌔強のチェンジアップ。
 浦添高校時代から投手に挑戦。IPUでスリークォーター、香川OGでサイドハンドへと転向した。
 リリーフで135㌔前後から140㌔強をマーク。横手よりやや上から投げ込んで行く。
 高校・大学での実績は少なめ。徳島IS2年目に最多13セーブ、計63回68Kの好成績を残した。
 独立リーグ経由の26歳(大卒4年目と同世代)。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021年04月01日(木)|2022年社会人投手 | 中国地区大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年社会人投手 | 中国地区大学 コメント(0) Page Top↑