佐々木 繕貴(東北福祉大)|ドラフト・レポート

佐々木 繕貴(東北福祉大)

ここでは、「佐々木 繕貴(東北福祉大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



180cm77kg 右右 MAX147km 古川学園
最速147㌔直球を持つプロ注目右腕。大2夏の新人戦で147㌔をマーク。高3春38回で36Kを奪った。
最終更新日:2022-05-26 (Thu)|2023年大学生投手 仙台六大学 コメント(0)

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   20春:        開催中止
   20秋:        登板無し
   21春:        登板無し
   21秋:        登板無し
   22春: 1 0勝0敗   2  1  5  0  0  0.00
   通算: 1 0勝0敗   2  1  5  0  0  0.00
         被安打率4.50 奪三振率22.50 四死球率0.00

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   18春           回数 被安 奪三 四死 自責
   東北2回戦:弘前東高    2.1  3  0  3  2
                2.1  3  0  3  2 防7.71
            被安打率11.57 奪三振率0.00 四死球率11.57

   19春           回数 被安 奪三 四死 失点
   北部1回戦:利府高校 先   9  8  9  3  3
     準々決:迫桜高校 先   5  1  9  2  0封
   宮城1回戦:宮城農業 先   9  2  9  1  1
     2回戦:学院榴岡 先   9  8  7  5  3
     準々決:東北学院 先   6  8  2  3  6
                 38  27  36  14  13 防3.08(失点から算出)
             被安打率6.39 奪三振率8.53 四死球率3.32

   19夏           回数 被安 奪三 四死 失点
   宮城2回戦:松島高校 先   9  11  5  4  5
                 9  11  5  4  5 防2.00
            被安打率11.00 奪三振率5.00 四死球率5.00

  最新記事

 ■ 古川学園8強で夏シード獲得 146キロ佐々木が完投(日刊スポーツ) 19/5/23

 古川学園が5-3で東北学院榴ケ岡を下しての8強入りで、夏のシード権を獲得した。佐々木繕貴投手が9回145球、8安打3失点(自責1)の完投勝利。昨夏は準々決勝で敗退。秋は地区大会で2連敗し、県大会進出すら逃した。現状を打破し、徹底的に体を鍛えようと外部からトレーナーを招きウエート、体幹トレを積んできた。昼食時には部員全員が集まりご飯1キロを食べる食トレも。178センチできゃしゃだった佐々木は体重が7キロ増え71キロに、当初は40キロだったベンチプレスも75キロまで上げられるようになった。今月8日の練習試合で146キロを計測。すでにプロのスカウトも視察に訪れており、米倉監督も「もうひと皮むければ150キロも出ると思う」と素材にほれこむ。

   22春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   東工大     2  1  5  0  0

  【身長体重】高2冬178cm64kg→高3春178cm71kg→大3春180cm77kg

  プロフィール

 宮城県大崎市出身。
 佐々木 繕貴(ささき・よしき)投手。
 大崎市立古川中学校を経て古川学園に進学。

 古川学園では1年生の時からベンチ入り。
 2年時春の大会に背番号10の控えとしてのぞみ、リリーフ(2.1回2失点)で東北デビューを果たす。
 2年生の秋の予選で地区敗退を喫し、同オフにウエートトレ、及び食トレを敢行。
 真っすぐの最速を135㌔から146㌔まで伸ばし、プロスカウトからも注目される存在に浮上した。
 翌3年春の公式戦6戦中5戦に先発し、4完投1完封の活躍で県8強まで進出。
 計38イニングの登板で36三振(奪三振率8.53、14四死球13失点)を奪う力投を演じている。
 3年時夏の県大会は松島高校に0-5(自責2)完投で敗れ初戦2回戦で敗退。
 5回表に先制点を許すと8回・9回にも各2失点し、打撃陣が15残塁の拙攻で完封負けとなった。
 県大会準Vが最高成績。甲子園経験は無し。

 東北福祉大では3年生の春からリーグ戦に出場。
 開幕戦・東北工大1回戦に2番手として登板し、2回5K、1安打0封の好投でデビュー戦を飾った。
 リーグ通算1試合、0勝0敗、2回、5奪三振、防御率0.00。

 180cm77kg、最速147㌔直球を持つプロ注目右腕。
 ワインドアップから始動してタメてから重心を下げ、着地早めにヒジを使った腕の振りから投げ込む
 最速147㌔(大学2年6月の新人戦で計測)の直球とスライダーなどの変化球。
 オフの体作りで64kgだった体重を71kgまで増やし、直球の最速を135㌔から146㌔に引き上げた。
 高3春5試合38回で奪三振率8.53。ベンチプレス75kg。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2022-05-26 (Thu)|2023年大学生投手 | 仙台六大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2023年大学生投手 | 仙台六大学 コメント(0) Page Top↑