清水 蓮(ヤマハ)|ドラフト・レポート

清水 蓮(ヤマハ)

ここでは、「清水 蓮(ヤマハ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



清水 蓮(ヤマハ)

175cm70kg 右右 MAX149km スライダー・カーブ・チェンジ・フォーク・カット・ツーシーム 共栄大 1年目
多彩な変化球を操るプロ注目149㌔右腕。1年春にMVP受賞。主戦として通算25勝の実績を残した。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   16春: 7  4勝1敗  50.1  35  27  17  9  1.61(2位)
   16秋: 6  3勝2敗  43.2  40  40  8  11  2.27(4位)
   17春: 9  5勝2敗   57  47  42  15  19  3.00(9位)
   17秋: 7  3勝3敗   51  36  42  19  11  1.94(3位)
   18春: 5  0勝0敗   4.2  3  9  1  0  0.00
   18秋: 6  3勝2敗  42.1  31  32  12  6  1.28(3位)
   19春: 5  3勝1敗  35.1  19  39  10  1  0.25(1位)
   19秋: 8  4勝2敗  49.2  38  37  14  6  1.09(2位)
   通算: 53 25勝13敗  334 249 268  96  63  1.70
          被安打率6.71 奪三振率7.22 四死球率2.59

    ※ 16春19秋:MVP 16春17春19秋:最優秀投手 16春17春19秋:最多勝利
      19秋:ベストナイン 16秋:最優秀新人

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責
   16春: 1 先  2.2  4  3  2  0 140㌔(東ド) 中央学大 ●
   17春: 1 先  7.1  6  9  3  3 142㌔(東ド) 石巻専大 ●
   通算: 2    10  10  12  5  3 防2.70
       被安打率9.00 奪三振率10.80 四死球率4.50

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   16春(2完1封) 回数 被安 奪三 四死 失点 
   高千穂 先   9  5  5  1  0 ○封…初登板初完封
   創価大 先  9.2  5  1  3  2 ○
   流経大 先  5.2  7  2  3  4
       先   9  4  6  2  2 ○
   杏林大 先   6  4  4  5  1 ●
          2.1  2  1  0  1
   国際大 先  8.2  8  7  3  2 ○
          50.1  35  27  17  12 防1.61
       被安打率6.26 奪三振率4.83 四死球率3.04

   16秋(3完0封) 回数 被安 奪三 四死 失点 
   杏林大 先   9  6  11  0  1 ○ 140㌔
   創価大 先  4.2  6  4  4  3 ●
       先   5  5  2  0  2 
   流経大 先   8  8  6  4  5 ●
   高千穂 先   8  9  6  0  4 ○
   国際大 先   9  6  10  0  2 ○
          43.2  40  40  8  17 防2.27
       被安打率8.24 奪三振率8.24 四死球率1.65

   17春(2完1封) 回数 被安 奪三 四死 失点 
   駿河台 先   9  5  8  1  0 ○封
   国際大 先   9  4  11  1  2 ●
       先   9  7  7  1  3 ○
   流経大 先   2  5  1  0  3 
   杏林大 先  2.2  7  1  2  6 ●
           4  6  3  1  1 ○
       先  8.1  7  7  2  4 ○
   創価大 先   9  3  3  4  4 ○
           4  2  1  3  0
           57  47  42  15  23 防3.00
       被安打率7.42 奪三振率6.63 四死球率2.37

   17秋(3完1封) 回数 被安 奪三 四死 失点 
   杏林大 先   8  5  7  1  2 ●
          0.1  2  0  0  1 ●
   流経大 先   9  6  10  3  0 ○封
   国際大 先   9  9  1  4  1 ○
   駿河台 先  9.2  7  11  1  3 ○
   創価大 先   6  5  2  5  3 ●
       先   9  4  10  5  1
           51  36  42  19  11 防1.94
       被安打率6.35 奪三振率7.41 四死球率3.35

   18春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 失点 
   杏林大     1  0  2  0  0
          1.2  2  3  0  0
           1  0  2  0  0
   創価大    0.1  0  0  1  0
          0.2  1  2  0  0
          4.2  3  9  1  0 防0.00
      被安打率5.79 奪三振率17.36 四死球率1.93

   18秋(3完2封) 回数 被安 奪三 四死 失点 
   駿河台 先   9  4  6  3  1 ○
   杏林大 先  4.2  2  3  4  0
   国際大 先   9  4  10  2  0 ○封
   流経大 先   9  8  6  0  1 ●
   創価大 先   9  6  6  1  0 ○封
       先  1.2  6  1  2  5 ●
          42.1  31  32  12  7 防1.28
       被安打率6.59 奪三振率6.80 四死球率2.55

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 失点 
   学芸大 先   8  4  12  4  0 ○
   流経大 先  4.1  3  1  2  0
   創価大 先   9  4  14  2  2 ● 145㌔
   杏林大 先   7  4  6  2  1 ○
   国際大 先   7  4  6  0  0 ○
          35.1  19  39  10  3 防0.25
       被安打率4.84 奪三振率9.93 四死球率2.55

 ■ 高校時代成績

   14春(背番号15)      回数 被安 奪三 四死 自責
   関東2回戦:東海浦安     1  1  1  0  0
     準決勝:山梨学付 先   7  9  4  2  5
                 8  10  5  2  5 防5.63
            被安打率11.25 奪三振率5.63 四死球率2.25

  最新記事

 ■ ヤマハ野球部が新体制 大本(掛川西高出)ら新加入3人(静岡新聞) 19/12/11

 内定選手は大本拓海捕手(立命大)、清水蓮投手(共栄大)、永浜晃汰内野手(東北福祉大)の3人。清水は最速149キロの本格派右腕で、制球力にも定評がある。東京新大学リーグではMVP2回、最多勝3回、最優秀投手賞3回など数々のタイトルを獲得した。

   19秋(3完1封) 回数 被安 奪三 四死 失点 
   学芸大 先   9  5  9  2  0 ○封
   創価大 先   6  5  6  2  2 ●
          0.2  1  0  1  0
          2.1  2  2  2  1 ●
   流経大 先  9.2  6  7  1  4 ○
       先   6  6  4  1  0
   杏林大 先   7  6  3  0  1 ○
   国際大 先   9  7  6  5  2 ○
          49.2  38  37  14  6 防1.09
       被安打率6.89 奪三振率6.70 四死球率2.54

   19秋代決   回数 被安 奪三 四死 失点 
   上武大 先  5.1  3  2  3  2 ●

 ■ 共栄大・清水 勝負の青グラブで今季初完封(中日スポーツ) 18/9/30

 開幕から4連勝どうしの首位決戦は、共栄大が2-0で東京国際大に先勝した。雨の中での試合となり、プロ注目清水蓮投手(3年)が4安打完封勝ちした。スライダーを軸に打たせて取る丁寧なピッチングで昨秋以来の完封。昨秋のリーグ戦後に違和感があった肩はもう万全だ。

  プロフィール

 群馬県桐生市生まれ。
 清水 蓮(しみず・れん)投手。
 桐生西小ファイターズで軟式野球を始め、中央中時代は桐生ボーイズで外野手。

 樹徳進学後1年時秋に内野手から投手へ転向。
 2年時春の関東大会に背番号15として出場し、先発救援で2試合8イニング大舞台を経験した。
 3年時夏の県大会は柳沢力を擁する高崎商に7回1対9で敗れベスト8で敗退。
 背番号10として全4試合に登板し、2戦で先発を務めたが、それぞれ2.2回、5.2回でKOとなった。
 1学年上のチームメイトに野平大樹(SUBARU)ら。

 共栄大では1年時春からエースとしてベンチ入り。
 1年生ながら全5カードで1回戦の先発を務め、最多4勝の活躍でMVP、及び最優秀投手に輝く。
 開幕戦・高千穂大戦で6対0初完封、創大1回戦で10回TB5対2完投を記録。
 主戦を欠く創大、流経大が苦しむ中、勝ち点5を奪い、創部15年目での初優勝を達成した。
 以降、主に1番手としてチームを牽引し、同秋のリーグ戦で最優秀新人を受賞。
 4年間で53試合(先発42)、計334回をこなし、通算25勝(16完6封)、防1.70の実績を残した。
 2季ぶりの優勝を遂げた2年時春にキャリアハイの5勝(最優秀投手賞)をマーク。
 最終学年の春に防御率1位(創価大1回戦で10回TB14K1-2完投の力投)を記録している。
 真っ直ぐの最速を145㌔まで伸ばし、プロスカウトからも注目される存在に浮上。
 4年時秋のリーグ戦で3度目の優勝を果たし、MVP、最優秀投手、ベスト9の3冠を獲得した。
 全国大会には1、2年春の大学野球選手権大会(いずれも初戦敗退)に出場。
 全2戦10イニング(7失点)に先発として登板し、2年春1回戦で8回途中4失点の粘投を見せた。
 通算53試合、25勝(16完6封)13敗、334回、防御率1.70。

 175cm70kg、多彩な変化球を操る149㌔右腕。
 ノーワインドアップから溜めを作って重心を下げ、着地早めに右肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速149㌔、常時130㌔台中盤から140㌔強(2年春の大学選手権)の直球と、
 120㌔前後のスライダー、110㌔台のチェンジアップ、120㌔台のフォーク、120㌔台のツーシーム。
 ひと通りの変化球を器用に操る好右腕。1年春の開幕戦からエースを任された。
 直球に縦スラを始めとする多彩な変化球を交え、与四死球率2.59のコントロールで投げ分ける。
 2年時秋のリーグ戦後に右肩の違和感を経験した。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年12月11日(水)|2021年社会人投手 | 東京新大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2021年社会人投手 | 東京新大学 コメント(0) Page Top↑