飯島 一徹(東農大三)|ドラフト・レポート

飯島 一徹(東農大三)

ここでは、「飯島 一徹(東農大三)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm82kg 右右 MAX147km スライダー・カーブ・ツーシーム
プロ注目の最速147㌔本格派右腕。花咲徳栄相手に完投勝利を記録。打力を生かして5番に座る。

  動 画

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   18秋(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点 
   埼玉2回戦:入間向陽    2.2          1
     3回戦:栄北高校 先   7  1  7  2  0封
     準々決:山村学園 先   9  13  4  1  5
     準決勝:立教新座    1.2  0  1  0  0
     決勝戦:春日共栄     1  1  0  0  0
   関東1回戦:佐野日大     1  2  0  1  3
                22.1          9 防3.63(失点から算出)

   19春(背番号1)       回数 被安 奪三 四死 失点 
   埼玉2回戦:大宮東高 先   9  4       0封
     準々決:花咲徳栄 先   9  8  4  4  5
   関東1回戦:桐光学園 先   3  6  1  4  7
                 21  18       12 防5.14(失点から算出)

  最新記事

 ■ 東農大三プロ注目飯島の夏終わる(日刊スポーツ) 19/7/21

 東農大三の最速147キロ右腕・飯島一徹投手は自責点0ながら3失点を喫し、4回戦で敗退した。この日もプロのスカウトが訪れるなど注目される飯島は進路について「夏が終わってから考えようと思っていました」と話すにとどめた。

   19夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点 
   埼玉2回戦:本庄東高 先   9  5  7  2  2 147㌔
     4回戦:山村国際 先   9  9  9  2  3
                 18  14  16  4  5 防2.50(失点から算出)
             被安打率7.00 奪三振率8.00 四死球率2.00

 ■ 東農大三・飯島が母と磨いた直球で完投勝利(日刊スポーツ) 19/7/13

 東農大三のプロ注目右腕、飯島一徹が2失点完投。直球は自己最速更新の147キロをマークした。
 ▽日本ハム今成スカウト「いいボール放ってるものがいいね

 ■ 東農大三コールド負け 飯島は4回途中7失点で無念KO(スポニチ) 19/5/18

 東農大三が桐光学園に7回コールド負け。初戦敗退を喫した。右腕・飯島一徹投手が先発も、4回途中6安打7失点と乱調だった。バックネット裏にはプロ10球団のスカウトが集結。中日の松永幸男編成部長は「打たれてしまったが体の強さはある」と評した。

過去記事

 ■ 東農大三、花咲徳栄倒した!エース飯島一徹が投打で活躍(SANSPO) 19/4/30

 春季埼玉大会準々決勝で、東農大三が29日、花咲徳栄に7-5で勝って4強入り。18年ぶり2度目の春季関東大会出場を決めた。プロ注目のエース右腕・飯島一徹投手が5失点完投打撃でも左越えの3点勝ち越し二塁打を放って貢献し「花咲徳栄を倒すために来て、勝てて。昨秋の関東大会に負けてから走り込んで、持ち味の真っすぐがよくなった」と涙を流した。名前は、「巨人の星」の父・星一徹に由来。181センチ、82キロの体格から繰り出す直球は最速145キロまで伸び、一昨年夏の甲子園優勝校を倒すまでに進化した。

  プロフィール

 埼玉県北本市出身。
 飯島 一徹(いいじま・いってつ)投手。
 北本市立北本中学校時代は軟式野球部で投手としてプレー。

 東農大三高では1年時から控えとしてベンチ入り。
 2年時夏の予選全3戦に救援エースとして登板し、同年秋の新チーム結成時から主戦を務める。
 県大会全5戦(先2)のマウンドに上り、合計22.1回9失点の粘投で準Vを達成。
 3回戦・栄北戦で7回1安打0封勝利を記録し、準々・山村戦で6-5完投の粘投を披露した。
 直球の自己最速を145キロまで伸ばし、スカウトからも注目される存在へと浮上。
 翌3年春の県大会準々決勝で強豪・花咲徳栄を破る金星(8安打7対5完投)を挙げている。
 同年夏の県大会は山村国際に9安打2-3(自責0)完投で敗れ4回戦で敗退。
 全3試合中2試合に3・5番・投手として先発し、初戦2回戦で最速2㌔更新の147㌔を計測した。
 県大会準優勝が最高成績。甲子園出場実績は無し。

 181cm82kg、最速147㌔直球を持つ右オーバースロー。
 セットから始動して溜めを作ってから重心を下げ、着地早めに肘を使った腕の振りから投げ下ろす
 最速147㌔の威力ある真っすぐと、縦横2種類のスライダー、カーブ、ツーシーム。
 真っ直ぐを武器とする本格派右腕。強豪・花咲徳栄を相手に8安打5失点完投勝利を収めた。
 持ち前の打力を生かして5番打者としてもチームを支える。

  スカウトコメント

日本ハム・今成スカウト|19/7/14
 「いいボール放ってる。ものがいいね」
中日・松永幸男編成部長|19/5/18
 「打たれてしまったが体の強さはある」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年07月22日(月)|2019年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑