竹本 祐瑛(JR東日本東北)|ドラフト・レポート

竹本 祐瑛(JR東日本東北)

ここでは、「竹本 祐瑛(JR東日本東北)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



186cm94kg 右右 MAX150km スライダー・カット・カーブ・チェンジ・スプリット 駒大 1年目
威力のある直球と縦のスライダー。恵まれた体格のプロ注目右腕。4年時秋に大台150㌔を計測した。

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率 
   17春: 1  0勝0敗   0.2  1  0  0  0  0.00二部
   17秋:         登板無し           二部
   18春: 1  0勝0敗    1  0  0  2  0  0.00
   18秋:          登板無し
   19春: 12  0勝6敗   51  45  41  21  22  3.88(8位)
   19秋: 11  2勝6敗   45  37  34  26  19  3.80
   20春:         開催中止
   20秋: 9  3勝3敗  51.1  43  39  19  13  2.28(5位)
   一部: 33  5勝15敗 148.1 125 114  68  54  3.28
          被安打率7.58 奪三振率6.92 四死球率4.13
   二部: 1  0勝0敗   0.2  1  0  0  0  0.00
          被安打率13.50 奪三振率0.00 四死球率0.00

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   17春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責(2部)
   青学大    0.2  1  0  0  0

   18春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   国学大     1  0  0  2  0

   19春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   亜 大 先   6  2  3  2  1 141㌔ ●
       先   4  5  5  0  0 141㌔
   中央大 先   4  4  6  1  2 
       先  7.2  8  9  1  4 145㌔
       先  2.2  5  2  2  5 138㌔ ●
   東洋大 先  5.1  4  3  3  3 143㌔ ●
       先  3.1  3  2  4  2 141㌔ ●
   国学大 先  4.1  6  2  1  3 138㌔ ●
          2.1  1  0  1  0 138㌔
           3  2  2  1  0 141㌔
   立正大     3  1  4  1  0 141㌔
          5.1  4  3  4  2     ●
           51  45  41  21  22 防3.88
       被安打率7.94 奪三振率7.24 四死球率3.71

   19秋(1完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   国学大 先  2.2  3  3  5  2 ●
       先  5.2  4  5  2  2 ●
   中央大 先  4.2  3  2  2  1 ●
           2  2  3  2  2 ●
   東洋大 先  5.1  3  8  1  2
          1.2  0  2  0  0 ○
       先   6  7  3  3  1
   亜 大 先   9  5  5  5  2 ○ 145㌔
       先   5  5  2  4  3 ●
   立正大 先   2  5  0  2  4 ●
           1  0  1  0  0
           45  37  34  26  19 防3.80
       被安打率7.40 奪三振率6.80 四死球率5.20

   19秋入替   回数 被安 奪三 四死 自責
   拓殖大     6  2  8  1  0 ○

 ■ 高校時代成績

   16夏           回数 被安 奪三 四死 自責
   東北2回戦:仙台育英 先   9  13  7  2  7

   16夏           回数 被安 奪三 四死 失点
   青森2回戦:鶴田金木 先   3  2       0
     4回戦:野辺地西 先   7  1  6  0  0封
     準々決:青森商業 先   6  4  8  1  0封
     準決勝:八学光星     4  7  5  0  4
                 20  14       4 防1.80(失点から算出)

  最新記事

 ■ 早大・早川、6回2失点、駒大・竹本は好救援(スポニチ) 20/8/26

 早大―駒大とのオープン戦にはネット裏に巨人オリックス、西武のスカウト陣が並んだ。早大は早川が先発して6回を2失点(自責1)。一方、駒大のドラフト候補・竹本祐瑛は8回から登板しリードを守り切った。西武は潮崎哲也編成グループディレクター、渡辺智男、竹下潤両スカウトと3人体制で2人をチェックコメントは出さなかったが収穫ありの表情だった

   20秋(1完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   国学大     6  7  7  4  3 ●
       先  7.2  9  2  4  6 ●
   亜 大    3.1  2  2  1  0   150㌔
   中央大     2  1  2  0  0   148㌔
       先   8  7  2  4  2 ○
   立正大     5  1  6  2  0 ○ 149㌔
          5.1  3  7  2  1 ●
   東洋大 先   9  10  6  1  1 ○ 148㌔
           5  3  5  1  0
          51.1  43  39  19  13 防2.28
       被安打率7.54 奪三振率6.84 四死球率3.33

  【登板内訳】先発19試合(1回戦9、2回戦4、3回戦6)、リリーフ15試合

 ■ 駒大・竹本 エースの自覚で早大封じ、5回2失点(スポニチ) 20/3/1

 東都1部の駒大が1日、早大とオープン初戦を行い大勝した。今季初の対外試合の先発を任されたのが竹本祐瑛投手。5イニングを投げ2点は失ったが毎回の5奪三振など安定した投球だった。先日の紅白戦では148キロをマーク。カットボール、チェンジアップの精度も上がって頼もしさが増した

 ■ 駒大・竹本、中学時代のライバル・ロッテ種市が刺激(日刊スポーツ) 19/4/23

 八戸市出身の駒大・竹本祐瑛投手(3年)が、同学年で三沢市出身の種市篤暉投手の背中を追う。今季リーグ開幕週、亜大との第2戦では公式戦初先発で6回1失点。中1日で迎えた第3戦でも、先発で4回1失点(自責0)と好投した。白銀中時代から何度も対戦してきた種市の存在も刺激の1つだ。「中学から投げ合ってきましたが、だいぶ先を行かれてしまいましたね。プロで活躍するのはすごい」。最速は高校時代から3キロ増の145キロ。変化球も交えた投球テンポの総合力で勝負する。

  プロフィール

 青森県八戸市生まれ。
 竹本 祐瑛(たけもと・ひろあき)投手。
 白銀小時代から軟式の野球を始め、白銀中時代は軟式野球部に所属。

 八戸西高では1年時から控えとしてベンチ入り。
 2年時春の大会から主戦としてチームを牽引し、3年時春に34年ぶり2度目の県大会Vを飾った。
 決勝・聖愛高校戦で4安打13K5対4サヨナラ完投勝利(9回裏4得点)を記録。
 続く東北大会初戦2回戦・仙台育英戦(5対9完投負け)で左翼席への2ラン弾を放っている。
 3年時夏の青森大会は八学光星に3-9(4回7安打4失点)で敗れ4強で敗退。
 全5戦中4試合に主に先発として登板し、2戦連続完封、計20回14安打4失点の力投をみせた。
 高校時代の最速は143㌔。甲子園出場経験は無し。

 駒澤大では1年時春から2部リーグ戦に出場。
 3年時春になって主力投手の座を獲得し、0勝6敗、防御率3.88(8位)で初十傑入りを果たす。
 先発救援で12試合51イニングをこなすも勝ちに繋がらず勝ち点0の6位に低迷。
 全14戦中8試合(1・3回戦各3)の先発を務め、中大2回戦で自己最速の145㌔を計測した。
 以降2年間3季(6位2度、4位1度)で32試合(全37戦)に登板する奮闘を披露。
 8回まで0-0の投手戦となった3年時秋の亜大1回戦で3-2初完投サヨナラ勝ちを収めている。
 入学後のトレーニングで力強さを増し、4年時秋の亜大1回戦で150㌔を計測。
 4年間で34試合(先19)、計149イニングを投げ、通算5勝15敗、114K、防3.26の実績を残した。
 東都通算34試合、5勝(2完投0完封)15敗、149回、防御率3.26。

 186cm94kg、恵まれた体格の右オーバースロー。
 ワインドアップから始動をして溜めて重心を下げ、着地早めに肘を使った腕の振りから投げ下ろす
 最速150㌔、常時130㌔後半から140㌔後半(先発時)の威力あるストレートと、
 130㌔台のスライダー、130㌔台のカット、120㌔前後のチェンジアップ、130㌔前後のスプリット。
 八戸西時代からプロスカウトが注目。新たな変化球としてスプリットを習得した。
 ストレートに縦スラなどを交え、落ち着いた投球で試合を作る。高校では主軸としても活躍した。
 先発救援の両面をこなす。遠投105m、50m6秒6。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021年01月01日(金)|2022年社会人投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2022年社会人投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑