坂元 創(九州共立大)|ドラフト・レポート

坂元 創(九州共立大)

ここでは、「坂元 創(九州共立大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



188cm88kg 右右 MAX148km スライダー・カーブ・スプリット・チェンジ 春日高校
進学校出身の大型スリークォーター。1年時秋に新人賞を受賞。148㌔直球にスライダーを織り交ぜる。
最終更新日:2022-06-09 (Thu)|2023年大学生投手 福岡六大学 コメント(0)

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   20春:        開催中止
   20秋: 7 3勝1敗   31  28       11  3.19
   21春: 2 0勝1敗    5  5       3  5.40
   21秋: 5 4勝1敗  28.2  23       5  1.57
   22春: 3 1勝0敗   7.2  8       4  4.70
   通算: 17 8勝3敗  72.1  64       23  2.86
    ※ 20秋:新人賞

 【 全国大会 】
     試合   回数 被安 奪三 四死 自責 
   22選: 1   1.2  2  2  0  1 147㌔(神宮) 福岡大
   通算: 1   1.2  2  2  0  1 防5.40
      被安打率10.80 奪三振率10.80 四死球率0.00

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   20秋(2完1封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   福工大     1  0       0
           2  4       5
   福教大 先   7  2       0 ○
   日経大 先   9  12  6  4  2 ○
   九工大 先   5  1  9  1  0 ○封
   九産大 先  6.1  8       4 ●
          0.2  1       0
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   九産大 先   5  4       2 ●…優勝決定戦
           36  32       13 防3.25

   21春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   九工大    1.2  0       0
   九産大 先  3.1  5       3 ●
           5  5       3 防5.40

   21秋(2完1封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   福教大 先   6  1       0 ○
   日経大 先   9  5  6  2  1 ○
   福工大 先   5  7       1 ○
   九工大 先   5  3  4  2  0 ○封
   九産大 先  3.2  7       3 ●
          28.2  23       5 防1.57

 ■ 高校時代成績

   18夏(背番号1)     回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:筑紫台高 先   7  5     2  0
   3回戦:博多高校 先   9  8  5  2  4
   4回戦:久留米商 先  7.1  11  2  9  8
              23.1  24    13  12 防4.63(失点から算出)
                 被安打率9.26 四死球率5.01

   19夏(背番号1)     回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:浮羽工業 先   3  0  6  0  0 145㌔(プロ計測)
   3回戦:純真高校 先   9  6  14  2  2 
   4回戦:飯塚高校 先   9  5  4  5  2
   5回戦:大牟田高 先   9  4  6  4  1
   準々決:西短大付 先   8  9  7  3  2
               38  24  37  14  7 防1.66(失点から算出)
           被安打率5.68 奪三振率8.76 四死球率3.32

  最新記事

 ■ 九共大が開幕3連勝 2年生右腕の坂元創が完投勝ち(スポニチ) 21/9/11

 九共大が開幕3連勝。2年生右腕の坂元創が日経大をソロによる1点に抑え、今季リーグ戦完投勝ち一番乗りとなる2勝目を挙げた。昨秋は1年生ながら最速148キロを記録し、3勝1敗で新人王を受賞。今春は右肩を傷め0勝1敗に終わったが、この秋は「試合に向かう気持ちが全然違っている。エースにふさわしい」と上原監督も大きな期待を寄せるほどに成長した。

   22春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   日経大     3  2       0
   九工大     1  0       0 ○
   九産大 先  3.2  6       4
          7.2  8       4 防4.70

 ■ 九共大2年生コンビ 坂元・木村 春V6九産大止める!!(西スポ) 21/4/9

 九共大が9年ぶりの春の優勝を狙う。坂元創と木村仁の2年生右腕コンビがキープレーヤーだ。昨秋は坂元が6試合に登板し、3勝を挙げた。九産大との優勝決定戦も先発を任され、敗れはしたがチームの柱として信頼を得た入学前に股関節の手術を受け準備不足のままリーグ戦に突入。勝ち星は挙げたものの納得できる投球には程遠かったという。成長を支えたのは仲里清前監督だった。昨秋から週に2~3日、指導を受けた。体の軸をつくって投げるようにと始動を受けた坂元は「制球が良くなってインコースに投げられるようになった」と成長を実感。昨秋を上回る5勝を目標に挙げた。

 ■ 九共大・坂元 公式戦初先発で初勝利(スポニチ) 20/9/26

 九共大は公式戦初先発の坂元創投手(1年)が7回2安打無失点の好投で大学初勝利を飾った。制球が不安定で6つの四死球を与えるなど毎回のように走者を出したが、5回の2死満塁を防ぐなど持ち前の粘り強いピッチングを披露した。

過去記事

 ■ 春日・坂元創「7割くらいの力」上々スタート(日刊スポーツ) 19/7/11

 春日の坂元創投手が、最後の夏初戦でパーフェクト投球を披露した。6回裏無死一塁で2番手として登板。打者9人に対して6三振を奪った。今年の1月に右股関節を痛めて、ブルペンに入ったのは5月。6月の練習試合にようやく完投できるまで復活していた。ネット裏で観戦したヤクルト松田スカウトは「常時140キロは超えている。しっかりスピードがでるし力が球に伝わっている体幹を鍛えればもっとよくなる」と将来性を高く評価した。現在は大学進学予定だが、将来はプロ入りを描いている。

 ■ 春日が零封勝ち発進 2年生エース坂元、投打に大活躍(西日本スポーツ) 18/7/11

 初の甲子園出場を目指す公立の春日が零封勝ちで発進した。先発の2年生エース坂元が8回の投球開始前に両脚がつって交代するアクシデントがあったが、救援した井上達も2イニングを無安打に抑えた。坂元は打っても4回に先制二塁打8回は本塁打と大活躍。「完投は考えず思い切り投げた。最後は並んで校歌を歌いたかった」と途中交代を残念がった。

  プロフィール

 鹿児島県鹿児島市出身。
 坂元 創(さかもと・そう)投手。
 白水小1年生の時からソフトボールを始め、春日西中時代は福岡スワローズに所属。

 春日高では1年時秋から控え投手としてベンチ入り。
 翌2年春の大会(県2回戦)で主戦の座を掴み、同夏3回戦・博多戦で5-4完投勝利を収める。
 シード校・久留米商に7.1回11安打9四死球8失点と打ち込まれ4回戦で敗退。
 2年時秋の県2回戦・博多戦で142㌔を出したが、打線が振わず惜しくも1対2で敗戦となった。
 翌1月に負った右股関節痛を克服し、3年時夏(ノーシード)に8強進出を達成。
 全5試合先発で計38回37奪三振(率8.76)23安打14四死球7失点の粘投を披露している。
 シード校の飯塚高(5対2)および大牟田高(5対1)をいずれも9回完投で撃破。
 初戦・浮羽工戦で145㌔(プロ測定)をマークし、3回戦・純真高戦で14奪三振の力投を見せた。
 県大会ベスト8が最高成績。甲子園出場経験は無し。

 九共大進学後1年生の春はコロナ禍で開催中止。
 1年時秋のリーグ戦で先発1番手の座を獲得し、先発3勝、防御率3.19の活躍で新人賞に輝く。
 2年生の春に発症した右肩痛を克服し、同年秋に最多タイとなる4勝をマーク。
 4季で17試合(先発11)、計72.1回を投げ、通算8勝(4完2封)3敗、防2.86の実績を残した。
 全国大会には3年時春の第71回全日本大学選手権(2回戦で敗退)に出場。
 2回戦・福岡大戦(0対2)に3番手として登板し、1.2回1失点と打たれながらも147㌔を計測した。
 通算17試合、8勝(4完投2完封)3敗、72.1回、防御率2.86。

 188cm88kg、進学校出身の大型スリークォーター右腕。
 セットポジションからタメを作って軽く重心を下げ、着地早めに肘を使った腕の振りから投げ下ろす 
 最速148㌔、常時140㌔前後から145㌔強(3年時春の大学選手権)の直球と、
 120㌔台から130㌔強の2種類のスライダー、120㌔後半のSFF、その他カーブ、チェンジアップ。
 高校時代は進学校野球部のエースとして活躍。スカウトからも注目されていた。
 最速では148㌔を計測するまっすぐを持ち味とする大型右腕。スライダーなどの変化球を交える。
 高3夏の被安打率5.68、奪三振率8.76、四死球率3.32。

  スカウトコメント

ヤクルト・松田スカウト|19/7/11
 「常時140キロは超えている。しっかりスピードがでるし力が球に伝わっている。体幹を鍛えればもっとよくなる」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2022-06-09 (Thu)|2023年大学生投手 | 福岡六大学 コメント(0) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2023年大学生投手 | 福岡六大学 コメント(0) Page Top↑