武内 未来(火の国サラマンダーズ)|ドラフト・レポート

武内 未来(火の国サラマンダーズ)

ここでは、「武内 未来(火の国サラマンダーズ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 オリ 東京 日ハム 広島 楽天 横浜 西武 阪神 千葉 中日 福岡 巨人
    【21候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



176cm82kg 右右 MAX150km スライダー・カーブ・チェンジ・カット・2シーム・シンカー・フォーク 20歳
力ある直球とスライダー。真颯館では4番・エースとして活躍。3年春に94季ぶりの九州1勝を達成した。

  動 画

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   19春(不明分を除く)    回数 被安 奪三 四死 失点 
   福岡準々決:福工城東 先   7          1
     準決勝:福大大濠 先   9  5       1 142㌔
   九州1回戦:鹿児島商 先   5  6  4  2  3
                 21          5 防2.14(失点から算出)

   19夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点 
   福岡3回戦:鞍手竜徳 先   8  5  9  1  2
     4回戦:久留米高 先   5  2       0
     5回戦:自由ケ丘 先  7.1  10       6
                20.1  17       8 防3.54(失点から算出)

  最新記事

 ■ 真颯館94季ぶり勝利 4番武内が5打点(西日本スポーツ) 19/4/21

 エースで4番の武内が真颯館を歴史的勝利に導いた。投げては5回を3失点にまとめ、打席では2回の3ランを含む4打数2安打5打点の大暴れ。武内は福岡大会で左手首に死球を受けて骨にひびが入っているが、3点リードの2回2死一、二塁、初球を左翼席に運んだ。5回にも中前適時打。「(打撃では)痛みは感じなかった」。マウンドでも「直球が走っていなかった」中で制球重視の投球を見せた。ただ5回、二盗を試みた際に左手を突いて患部を痛め、この回限りで交代した。

   20年公式戦      回数 被安 奪三 四死 自責
   都対予選:鹿児島DW    5  2  2  3  0

 ■ 真颯館、現校名 初の九州大会出場 武内150キロ(西日本スポーツ) 19/4/19

 真颯館は福岡大会で準優勝し、76季ぶり7度目の九州大会出場を果たした。エースで4番の右腕、武内未来を中心に上位進出を目指す。昨秋の筑陽学園戦で先発。「球が高めに浮いていたけど、力で抑えようとして打たれた」と冬の練習では下半身を強化した。昨秋から体重は10キロ増え、2月のブルペンでは最速150キロをマークした。迎えた春の福岡大会では5回戦の嘉穂東戦で死球を左手首に受けて骨にひびが入ったが、次戦の福岡工大城東戦では7回を投げ1失点。準決勝の福岡大大濠戦は1失点で完投した。左手でバットを振れないため左打席で安打を放つなど、打撃でもチームを引っ張り九州大会出場を決めた。

       試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   19春九州: 2 .500  8  4 0 1 1 6 1 1 0  .556 1.125(4番/投中)

  プロフィール

 福岡県行橋市出身。
 武内 未来(たけうち・みく)投手。
 ソフトを経て片島小3年から軟式野球を始め、行橋中では京築ボーイズで投手兼遊撃手。
 中学3年夏に全国大会出場を果たした。

 真颯館高校では1年時夏から控えでベンチ入り。
 翌2年夏の北福岡大会に背番号5として出場し、初戦・刈工戦で2安打の夏大デビューを飾る。
 2回戦・愛真戦に2番手として登板するも1イニング4安打と捕まりチームも大敗。
 2年時秋の大会(県3位)でエースの座を掴み、翌3年春に4番兼任で福岡準Vをなし遂げた。
 5回戦・嘉穂東戦で左手首ヒビのケガ(死球)を負いながらも投打両面で奮闘。
 準々決勝・福工城東戦(10-4)で7回1失点、準決・大濠戦で3-1完投の好投を演じている。
 続く九州大会初戦・鹿児島商戦(先発で5回3失点)で左越えの3ランをマーク。
 同2回戦・熊西戦で右中間3塁打を放ったが、投手陣が崩れ6-9(未登板)で惜しくも敗れた。
 3年時夏の福岡大会は自由ヶ丘高校に6対7サヨナラ負けを喫し5回戦で敗退。
 7回まで4安打0封と好投しながら8回に打たれ、6-6の同点とされたところで無念の降板となった。 
 2学年上に高木渉(西武17年育成1位)、和知巧大ら。

 熊本ゴールデンラークスでは1年目から公式戦に出場。
 同年終了時点で球団の活動休止が決定し、同チーム母体の九州独立L・火の国に入団した。
 二大大会(都市対抗、日本選手権)出場実績は無し。

 176cm82kg、最速150㌔のスリークォーター右腕。
 ノーワインドからゆっくりと足を上げて重心を下げ、着地早めにヒジを使った腕の振りから投げ込む
 最速150㌔(高3春)の威力のあるストレートと、スライダー、カーブなどの変化球。
 冬場のトレーニングにより体重10キロ増を達成、3年春先のブルペン練習で150㌔を叩き出した。
 リストの強さを生かした打撃で4番バッターを務める。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2021年01月23日(土)|独立リーグ候補 | コメント(2) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
ゴールデンラークスが独立球団化すると武内や石森も今年指名できる?
| 匿名 | 2020年09月12日(Sat) 09:38 | URL #wLMIWoss [ 編集]
熊本ゴールデンラークスです。公式Twitterにありました。
| 匿名 | 2020年02月06日(Thu) 11:29 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:独立リーグ候補 | コメント(2) Page Top↑