佐藤 一磨(横浜隼人)|ドラフト・レポート

佐藤 一磨(横浜隼人)

ここでは、「佐藤 一磨(横浜隼人)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



188cm88kg 左左 MAX148km スライダー・カーブ・チェンジ
角度ある直球を武器とするプロ注目大型左腕。3年春の県大会で3戦19回1失点の好投を見せた。
2019年オリックス育成1位(支度金330万円、年俸240万円)

  動 画

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   19春(2完2封)     回数 被安 奪三 四死 失点
   1回戦:綾瀬西高 先   5  0  9  0  0封…5回参考完全試合
   2回戦:川崎工科 先   6  2  6  1  0封
   3回戦:立花学園 先   8          1
               19          1 防0.47(失点から算出)

  最新記事

 ■ オリ育成D1・佐藤、球団初の背番号「001」(SANSPO) 19/11/12

 オリックスは11日、新横浜プリンスホテルで、育成ドラフトで1位指名した横浜隼人高の左腕・佐藤一磨投手と支度金330万円、年俸240万円で仮契約した。背番号は、球団初の『001』。中川スカウトグループ長は、令和の最初の日に佐藤を見て、夏の神奈川大会を見て、この日の仮契約となったことで、「縁を感じる。見る度に目を見張る成長があって、入団テストも見て決まったエンジンの大きな左腕で、特徴のある、真っすぐが魅力」と期待した。

   19夏         回数 被安 奪三 四死 失点
   3回戦:日大藤沢 先   5  3  4  3  1 ※5回までで交代 148㌔
              0.1  2  0  0  1 ※10回から再登板
              5.1  5  4  3  2 防3.38(失点から算出)
           被安打率8.44 奪三振率6.75 四死球率5.06

 ■ プロの評価急上昇、横浜隼人・佐藤は謙虚に吉報待つ(日刊スポーツ) 19/10/9

 夏の日大藤沢戦では自己最速148キロをマークした。フォームは独特だ。上半身主導で、リリースポイントも高い。動画サイトを眺めて「自分のフォームが変だな、というのは分かります」と笑う。プロ志望届の提出後、9球団から調査書が届いた。「最初は下位か育成の候補かなと思っていたけれど、多分そこまで残っていない」と話すスカウトもいるなど、プロの評価は上がってきているようだ。

 ■ 横浜隼人 無念サヨナラ負け ドラフト候補・佐藤は涙も「悔いなし」(スポニチ) 19/7/17

 延長10回にもつれ込む激闘の末、横浜隼人が力尽きた。エース佐藤一磨投手と日大藤沢のエース左腕・武冨陸投手のドラフト候補左腕対決。佐藤は2点リードの5回に1点差に迫られて一塁守備へ。背番号20の右腕・加藤大投手(2年)にマウンドを託した。佐藤は10回に再登板。1死一塁から失策も絡み、最後は5番・菊地にサヨナラ打を浴びた
 「上のステージで野球をやりたい」と試合後にプロ志望の意向を示した。(SANSPO)

過去記事

 ■ 横浜隼人・佐藤、成長著しい最速145キロ左腕(日刊スポーツ) 19/7/5

 横浜隼人のエース左腕・佐藤は成長著しい注目素材だ。中学時代の最速は120キロ台中盤だった。高校入学時は185センチ、72キロと細身。水谷監督とつきっきりでキャッチボール、体力づくりから始めて、2年春に最速137キロ。その後も成長を続けて145キロを記録した。

 ■ 横浜隼人・佐藤一 横浜の及川に負けん!!(スポニチ) 19/6/9

 プロ注目の大型左腕、横浜隼人の佐藤一磨投手はノーシードからの進撃を誓った。プロの投手の平均に匹敵する2300回転を誇る切れのいい直球で、激戦区を勝ち抜くつもりだ。

 ■ 神奈川は横浜隼人の大型左腕・佐藤一磨にも注目(SANSPO) 19/5/2

 5月1日、横浜隼人は同校グラウンドで立正大淞南と練習試合を行い、佐藤は先発で5回を投げ、2安打無四球6三振無失点で終えた。オリックスの中川スカウトグループ長のスピードガン計測で最速は141キロ、長身から角度のある直球とカーブで押し、投げた後に佐藤はこう話した。「フォームを変えているところで、力まないように下半身を意識して遠投のような感じで投げました」。鍛えられた体は1メートル88、88キロまで成長し、直球の最速143キロまで進化。この日は使わなかったがスライダー、チェンジアップで押す投球は、指揮官に方針転換させるほどの期待となっている。「とにかくフルスイングで打ち勝つ野球をめざしてきたが、この夏は投手を中心に、守って細かく点を取ることを考えている」。既に7球団が視察した横浜隼人の『令和の夏』が注目される。

 ■ 横浜隼人完封負け夏ノーシード 粘投佐藤「悔しい」(日刊スポーツ) 19/4/13

 横浜隼人が完封負けし、夏の神奈川大会でのノーシードが決まった。水谷哲也監督は「相手投手にうまく緩急をつけられ、崩されてしまった」と敗因を話した。一方で「佐藤はしっかり投げてくれた」と、先発左腕の佐藤一磨投手の粘投を評価した。188センチの長身から丁寧に低めに集め、8回1失点。6回に死球の走者を長打でかえされてしまったが、十分に試合を作った。
 横浜隼人の左腕・佐藤には、プロのスカウトも注目している。(報知高校野球)

  プロフィール

 神奈川県藤沢市生まれ。
 佐藤 一磨(さとう・かずま)投手。
 大道小1年から軟式チームで野球を始め、村岡中時代は大和リトルシニアに所属。

 横浜隼人では旧チーム時代からベンチ入り。
 2年時夏の南大会を登板無く初戦敗退で終え、同年秋の新チーム結成時からエースを務める。
 翌3年春の県大会全3戦の先発を務め、初戦・綾瀬西高戦で5回完全を達成。
 続く川工戦で6回2安打0封勝利を記録し、敗れた3回戦・立花戦でも8回1失点と善戦した。
 3年夏の予選は武冨陸擁する日大藤沢に延長10回3-4で敗れ3回戦で敗退。
 5回1失点1点リードで降板するも8回に並ばれ、再登板した10回にサヨナラ打を浴びて惜敗した。
 現時点で甲子園出場などの目立った実績は無し。

 188cm88kg、直球を武器とするプロ注目大型左腕。
 セットから上体を傾けて軽く重心を下げ、早めに着地し、左ヒジを使った腕の振りから投げ下ろす
 最速148㌔の角度のある直球と、スライダー、カーブ、チェンジアップなどの変化球。
 2年秋の新チームでエースの座を獲得。3年春の県大会で3試合19回1失点の好成績を残した。
 プロからも注目される将来性が魅力。実績はまだ少ない。

  スカウトコメント

オリックス・中川スカウトグループ長|19/11/12
 「縁を感じる。見る度に目を見張る成長があって、入団テストも見て決まった。エンジンの大きな左腕で、特徴のある、真っすぐが魅力」
オリックス・中川隆治スカウト|19/10/17
 「長身から角度のあるMAX146キロのスピンの効いたストレートが魅力の投手。落差のあるスライダー、チェンジアップは武器になる球種。将来、大きく伸びる可能性を秘める大型左腕」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年11月12日(火)|2019年ドラフト指名選手 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
令和の金田正一
| Bs 捲り | 2019年10月19日(Sat) 08:58 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年ドラフト指名選手 | コメント(1) Page Top↑