岩本 真之介(東海大)|ドラフト・レポート

岩本 真之介(東海大)

ここでは、「岩本 真之介(東海大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 横浜 西武 中日 日ハム 広島 福岡 巨人 楽天 阪神 千葉 東京 オリ
    【22候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



181cm75kg 左左 MAX145m スライダー・カーブ・チェンジ 市和歌山
最速145㌔直球と100㌔台のカーブ。2年生の春にMVP受賞。しなやかな腕の振りから投げ込んでいく。
最終更新日:2022-06-10 (Fri)|2024年大学生投手 首都大学 コメント(1)

  動 画

  投手成績

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   21春: 1 0勝0敗   1  2  1  0  0  0.00
   21秋:        登板無し
   22春: 7 7勝0敗   57  38  45  17  6  0.95(2位)
   通算: 8 7勝0敗   58  40  46  17  6  0.93
         被安打率6.21 奪三振率7.14 四死球率2.64
    ※ 22春:MVP 22春:最優秀投手

 ■ 甲子園成績

   19春     回数 被安 奪三 四死 自責
   市立呉高 先  11  2  9  4  2 134㌔ ○…7回2死までノーヒット
   高松商業    3.2  3  0  1  0 132㌔
   習志野高     6  8  4  3  2 134㌔ ●
          20.2  13  13  8  4 防1.74
       被安打率5.66 奪三振率5.66 四死球率3.48

投手成績詳細

 ■ 大学時代成績

   21春(0完0封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   武蔵大     1  2  1  0  0 137㌔

 ■ 高校時代成績

   18秋(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点 
   新人2回戦:那賀高校 先  7.1  7  9  3  3
   一次2回戦:耐久高校 先   9  3  16  1  0封
     代表決:粉河高校 先   9  4  8  2  1
   二次準々決:和歌山東 先  11  6  7  2  1
     準決勝:田辺高校 先   9  6  4  2  1
   近畿1回戦:近江兄弟 先   9  13  8  0  4 157球
     準々決:龍谷平安 先  8.2  8  2  9  5 149球 135㌔
                 63  47  54  19  15 防2.14
             被安打率6.71 奪三振率7.71 四死球率2.71

   19夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   予選2回戦:日高中津 先   7  8  2  3  2
     3回戦:和歌山東 先   5  4  7  1  2
     準々決:南部高校     2  0  2  0  0
                 14  12  11  4  4 防1.93
             被安打率7.71 奪三振率7.07 四死球率2.57

   19秋(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点 
   新人1回戦:県和歌山 先   4          0
     2回戦:初芝橋本     2          3
     準々決:桐蔭高校    6.2  0  10     0
     決勝戦:日高中津     4          0…4年ぶり新人戦V
   二次1回戦:箕島高校 先   6          0
     準決勝:和歌南陵 先  8.2  5  9     1…0-1サヨナラ負け
                31.1          4 防1.15(失点から算出)

   20夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点 
   予選2回戦:笠田高校     3  1  5  0  0
     3回戦:智弁和歌     4  6  1  6  5
                 7  7  6  6  5 防6.43(失点から算出)
             被安打率9.00 奪三振率7.71 四死球率7.71

  最新記事

 ■ 東海大2季連続V王手 岩本真之介が大学初の完封勝利(日刊) 22/5/15

 東海大が投手戦を制し、2季連続75度目の優勝に王手をかけた。勝ち点を獲得した方が優勝となる武蔵大との最終カードで、先勝した。先発の最速145キロ左腕・岩本真之介投手(2年)が、9回3安打10奪三振無失点の好投で勝利を呼んだ。

   22春(4完1封) 回数 被安 奪三 四死 自責
   日体大 先   9  6  3  3  1 ○ 143㌔ ※初完投初勝利
   筑波大 先   8  6  6  0  0 ○
   帝京大 先   8  6  10  2  1 ○
   桜美林 先   5  5  8  0  0 ○
       先   9  5  5  3  2 ○
   武蔵大 先   9  3  10  4  0 ○封    ※初完封勝利
       先   9  7  3  5  2 ○
           57  38  45  17  6 防0.95
       被安打率6.00 奪三振率7.11 四死球率2.68

   【体重変遷】高1春61kg→高1秋71kg→高3夏78kg→大2春75kg

 ■ 日体大、サヨナラ負けで今季初黒星 矢沢打者専念も無安打(日刊) 22/4/10

 日体大が東海大にサヨナラ負けした。プロ注目の二刀流、矢沢宏太投手は「4番・DH」で野手に専念。相手左腕の岩本真之介投手(2年)に苦しめられ、4打数無安打に終わった

 ■ 市和歌山は雪辱ならず、智弁和歌山に敗戦(日刊スポーツ) 20/8/1

 市和歌山は逆転負けし、7-8で敗れた昨春県大会決勝のリベンジはかなわなかった。1点リードの6回に救援登板したエース左腕・岩本真之介投手が満塁弾を浴びるなど、4回6安打5失点で智弁和歌山打線に屈した。「制球が定まらなかった。いつもより変な力が入っていました」。力みが制球に影響した。「(小林)樹斗や細川(凌平)はプロに行くと思う。4年後、そのレベルになりたい」。相手の主力の名前を挙げながら淡々と先を見据えた。

過去記事

 ■ 市和歌山が初戦を突破 岩本が救援3回5K(日刊スポーツ) 20/8/1

 市和歌山が初戦を突破し、智弁和歌山との3回戦に駒を進めた。7回からは左腕・岩本真之介投手がリリーフ。最速141キロの直球を軸に、3回1安打5奪三振。二塁を踏ませない投球で、相手に反撃の隙を見せなかった。

 ■ 市和歌山・岩本 開幕サヨナラ勝利呼ぶ134球力投(デイリースポーツ) 19/3/23

 市立校同士による注目の開幕ゲームは市和歌山が延長十一回サヨナラ勝ちした。エース・岩本真之介投手(2年)は七回2死までノーヒット投球だったが、2死二塁から右前打で失点。九回はスクイズで同点にされた。最後はチームが延長サヨナラ勝ち。「ノーヒットは意識していなかったが、1本打たれて空気が変わったので、ここで切り替えないとと思って投げた」と粘り強い投球が勝利を呼んだ。

 ■ 自炊で体づくり 左腕・岩本真之介(スポニチ) 19/2/20

 2年生ながら背番号1を背負う岩本は、将来性を高く評価されるサウスポー。速球は130キロ台中盤だが、角度とリーチを生かし打者には球速以上の速さを感じさせ、制球力もある。昨秋は先発した6試合はすべて完投。龍谷大平安こそ9四死球と乱れたが、防御率1.62と安定感を誇る。

  プロフィール

 和歌山県広川町生まれ。
 岩本 真之介(いわもと・しんのすけ)投手。
 南広小1年時から軟式チームで野球を始め、耐久中では和歌山湯浅ボーイズに所属。
 中3夏に和歌山選抜メンバー入りを達成した。

 市立和歌山では1年生の春から控えとしてメンバー入り。
 体作りを優先して1年時夏の予選ベンチを外れ、同秋の新チームから背番号1のエースを務める。
 1次戦・耐久高戦で16Kの快投を演じ、3安打1四死球、5-0完封勝ちを記録。
 すべて先発として7試合(6完投)、計63回に登板し、54K15失点、防2.14の好成績を残した。
 V校・龍谷大平安に8.2回8安打4対5サヨナラ完投負けを喫し近畿8強で敗退。
 滋賀2位・近江兄弟社と対戦した同1回戦で、13安打無四球、8-4完投勝ちを記録している。
 翌2年春の選抜全3戦、20.2回を投げ、防1.74の活躍で52年ぶりの8強に進出。
 初戦・呉戦で11回2安打3-2完投勝ちを収め、2回戦・高松商戦で3.2回0封救援を見せた。
 2年時夏の県大会を8強敗退で終え、同秋の新人戦で9年ぶりの優勝を達成。
 続く2次戦で和歌山南陵と接戦を演じたが、打線振わず0-1サヨナラ負けで4強敗退となった。
 3年時夏の和歌山独自大会は智弁和歌山に4対7逆転で敗れ3回戦で敗退。
 3-2の6回表から救援で登板するも制球に苦しみ、4イニングで満弾を含む6安打5失点を許した。
 1個上に緒方隆之介、1個下に小園健太松川虎生ら。

 東海大学では1年生の春からベンチ入り。
 2年生の春のリーグ戦で先発の座を掴み取り、最多7勝0敗、防0.95でMVP、最優秀投手に輝く。
 先発7試合(1回戦3)、計57回をこなし、武蔵1回戦で10K1-0初完封を記録。
 2季で8試合(先発7)、計58回を投げ、通算7勝(4完投1封)0敗、46K、防0.93をマークした。
 全国大会には2年時春の第71回全日本大学選手権(1回戦で敗退)に出場。
 初戦・佛教大戦に先発として登板し、7回を2点に抑えたが、打線が振わず0-2で敗戦となった。
 通算8試合、7勝(4完投1完封)0敗、58回、防御率0.93。

 181cm75kg、手足の長いプロ注目長身左腕。
 セットから始動をして溜めて重心を下げ、早めに着地し、テイクバック深めに柔らかい腕の振りから
 投げ込む最速145㌔、常時130㌔前半から140㌔前後(大1春)のストレートと、
 110㌔台から120㌔台のスライダー、100㌔台から110㌔強のカーブ、120㌔台のチェンジアップ。
 粘り強さが持ち味の好左腕。真っすぐに変化球を交え、両サイドに投げ分ける。
 高校入学当初61キロだった体重を75キロまでアップ。大学2年春のリーグ戦で145㌔を計測した。
 被安打率6.00、奪三振率7.11、四死球率2.68。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2021年プロマーク状況



最終更新日:2022-06-10 (Fri)|2024年大学生投手 | 首都大学 コメント(1) Page Top↑
 Comments
この記事へのコメント
落ちるボールあればいいねー
| 匿名 | 2022年05月29日(Sun) 10:23 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2024年大学生投手 | 首都大学 コメント(1) Page Top↑