上田 希由翔(明大)|ドラフト・レポート

上田 希由翔(明大)

ここでは、「上田 希由翔(明大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



上田 希由翔(明大)

182cm88kg 右左 MAX137km 一塁・外野・投手 愛産大三河高 
対応力を兼ね備えた左の強打者。2年夏の東大会でバックスクリーン2ラン。逆方向にも一発を放つ。

  動 画

  打撃成績

 ■ 甲子園成績

     試合 打率 打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   18夏: 1 .500  4  2 0 0 0 0 1 0 0  .500  .500(4番/一)
   通算: 1 .500  4  2 0 0 0 0 1 0 0  .500  .500

  最新記事

 ■ 中日・1位石川昂弥と同等評価も…愛産大三河高・上田希由翔(中スポ) 19/12/11

 愛知県に石川に負けず劣らずの打棒を誇った選手がいる。愛産大三河の上田希由翔内野手だ。その左打ちの鋭いスイングは、プロのスカウトから「石川にも引けを取らない」と高く評価されたほど。実際、スカウト陣の間では「プロ志望届を出せば、指名は有力」との声もあった。だが、上田は志望届を提出せず、進学を選択した。「最初はプロに行きたかった。でも、考えていく中で、不安が増えてきた」。その大きな不安要素の1つが守備。高校では投手、一塁手でプレーしてきたが、打撃を生かして将来は野手に専念するつもりだ。だが、一塁しか守れないようでは、出場機会は限られる。希望進路は、東京六大学リーグ。現在は平日は毎日グラウンドに出て、三塁の守備練習に重点を置いている。

        試合 打率  打 安 二 三 本 点 振 球 盗 出塁率 長打率
   17秋東 海: 1 .333  3  1 0 0 0 0 0 1 0  .500  .333
   18夏東愛知: 6 .565  23 13 5 1 1 15 1 2 0  .600 1.000
   19夏愛 知: 6 .500  20 10 3 0 2 10          .950
   公式戦通算: 13 .522  46 24 8 1 3 25          .935

 ■ 愛産大三河・上田3安打3打点(中日スポーツ) 19/7/7

 愛産大三河の主砲・上田希由翔投手がバットでチームをけん引した。今夏は背番号1だが、この日は「4番・一塁」で出場。3回に左前へ先制適時打、5回に左前適時打を放つと、8回は右翼フェンス直撃の適時二塁打。3安打3打点の固め打ちをみせた。4月にU18W杯高校日本代表1次候補に選ばれ、東邦・石川らトップ選手と練習した。学んだのは中心選手の心構え。この日も4番の責任を果たすため、好機で集中力を高め、3本の適時打でチームを波に乗せた。

  プロフィール

 愛知県岡崎市出身。
 上田 希由翔(うえだ・きゅうと)投手兼一塁手。
 小学校1年時から軟式の野球を始め、岡崎中時代は幸田ボーイズでプレー。

 愛産大三河では1年時夏から控えとしてベンチ入り。
 同秋の新チームで一塁手レギュラーの座を掴み、4番として東海デビュー(1回戦敗退)を果たす。
 翌2年夏の東大会で打率.565を記録し、1996年以来22年ぶりの優勝を達成。
 全6試合ヒット&打点と打棒を振るい続け、計23打数で13安打、7長打15打点をマークした。
 準々決・日福大付戦で中越えの2点スリーベースなど3方向への長打&5打点。
 準決勝・刈谷戦でバックススクリーンへの2ラン(中堅126mの岡崎市民球場)を記録している。
 続く甲子園1回戦で横浜高と対戦し、チーム5安打と振わず0-7の大差で敗戦。
 4回に中安(板川)、最終回に右安(及川)と、好左腕の内寄り直球を捉えて2単打を放った。
 2年時秋から背番号1を背負うも西尾東高に3-5完投で敗れ県2回戦で敗退。
 県選抜としてのぞんだ同年12月の豪州遠征で左中間弾など5試合3発の活躍を演じている。
 3年時夏の予選は中京大中京・高橋宏斗に0対4完封負けを喫し8強で敗退。
 主将・4番・一塁手兼救援としてチームを支え、3回戦で右中間弾含む3長打5打点を記録した。
 甲子園1試合、打率.500、2安打、0本塁打、0打点。 

 182cm88kg、打撃が魅力のピッチャー兼ファースト。
 対応力を兼ね備えた左のスラッガー。ゆったりとした構えから振り切るスイングで鋭い打球を放つ。
 1年秋から4番・一塁手としてレギュラー。2年秋の新チームから主戦を任された。
 中堅126mの岡崎球場で中越え弾を放つなど、2年夏予選で打率.565の活躍を演じている。
 木製バットを使用した2年冬の豪遠征で左中間弾など5試合3本塁打を記録。
 紅林紅太郎擁する駿河総合と対戦した3年春の練習試合にはプロ5球団スカウトが集結した。
 U18W杯日本代表1次候補。高校通算46本塁打。

  スカウトコメント

プロスカウト|19/12/11
 「(スイングは)石川にも引けを取らない。プロ志望届を出せば、指名は有力」

 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2020年02月01日(土)|2023年大学生野手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2023年大学生野手 | 東京六大学 コメント(0) Page Top↑