近藤 俊太郎(石川ミリオンスターズ)|ドラフト・レポート

近藤 俊太郎(石川ミリオンスターズ)

ここでは、「近藤 俊太郎(石川ミリオンスターズ)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



185cm82kg 右右 MAX146km スライダー・カーブ・カット・フォーク・ツーシーム 金沢星稜大 24歳
フォーク、ツーシームを得意球とする長身146㌔右腕。大学時代に北陸リーグ通算22勝の実績を持つ。

  動 画

  投手成績

     試合  勝敗  回数 被安 奪三 四死 自責 防御率
   18年: 9 3勝4敗  57  48  33  27  19  3.00
   通算: 9 3勝4敗  57  48  33  27  19  3.00
         被安打率7.58 奪三振率5.21 四死球率4.26

 ■ 大学時代成績

     試合  勝敗   回数 被安 奪三 四死 自責 防御率  
   14春:         登板無し
   14秋: 5  3勝2敗  31.1          7  2.01(8位)
   15春: 8  5勝2敗   74         10  1.22(7位) 
   15秋: 7  3勝4敗  57.1         12  1.88(7位)
   16春: 7  3勝2敗  43.1         11  2.28(9位)
   16秋: 5  2勝1敗  28.2          6  1.88(7位)
   17春: 7  3勝4敗  47.2         13  2.45(7位)
   17秋: 5  3勝0敗   28          3  0.96(3位)
   通算: 44 22勝15敗 310.1         62  1.80
    ※ 15春:敢闘賞

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   12夏         回数 被安 奪三 四死 失点 
   1回戦:羽咋高校 先   6  5       4

   13夏         回数 被安 奪三 四死 失点 
   1回戦:金沢二水 先   6  5       3
   2回戦:金沢錦丘 先   5  3       2
   3回戦:星稜高校 先   7  6       1
               18  14       6 防3.00(失点から算出)

 最新記事

 ■ 石川・近藤俊太郎、華麗な舞を披露「自分のルーツ大事にしたい」(スポーツ報知) 19/2/3

 石川ミリオンスターズの最速146キロ右腕・近藤俊太郎(23)が、金沢市民芸術村で2日まで上演された舞台「雪吊りベーブ・ルース」に出演。日本舞踊孝藤流の名取「孝藤俊太郎」として、十八番の「利家一代」など華麗な舞を披露した。3歳から日舞を始め、伏見台小6年時に名取を襲名。善通寺、NHKホールなど多くの舞台を踏んでいる近藤は、8年ぶりの舞台を「踊りはいかに自分の芸を見せられるかが肝なので、野球と通ずるものがある。自分のルーツなので、これからも踊りは大事にしたい」と充実した表情で振り返った。昨季は右肩の負傷で思うような投球ができなかったが、「今季はリベンジの年。NPBに行くことは大前提。そのためには、いかにインパクトを残すか。150キロ以上を投げたい」と意気込んでいる。昨秋のドラフトで、金沢星稜大の後輩の泉圭輔(21)がソフトバンクに6位指名された。「すぐに僕も(NPBに)行くよ」とメッセージを送ると、「待っとるよ」と返事が来た。「後輩から『待っとるよ』と言われたからには泉以上の順位でNPB入りしたい」と発奮する。
 近藤俊太郎は左足肉離れからの復帰戦を7回2失点と好投し、デビュー戦勝利以来となる2勝目を挙げた。プロ注目の右腕が1カ月ぶりの戦列復帰で回復をアピールした。(北國新聞18/5/23)

  プロフィール

 石川県金沢市生まれ。
 近藤 俊太郎(こんどう・しゅんたろう)投手。
 伏見台小1年の時から軟式野球を始め、高尾台中時代は軟式野球部に所属。
 3歳の時から日舞を習い、小6時に名取を襲名した。

 野々市明倫では1年夏から控えとしてベンチ入り。
 同オフのトレーニングで体重・球速アップを果たし、翌2年春の大会で主戦投手の座を獲得した。
 3年夏の石川大会は岩下大輝らを擁する星稜高校に1対4で敗れ3回戦敗退。
 敗れはしたものの強豪校を相手に7回までを6安打無四球4失点に抑える粘投を披露している。
 当時から最速140㌔超を計測。甲子園出場経験は無し。

 金沢星稜大には一般入試で入学。
 1年秋のリーグ戦で先発2番手の座を掴み取り、3完投勝利、防御率2.01(8位)の実績を残す。
 以降、先発(2年春から主戦)を担い、卒業まで7シーズン続けて投手十傑入り。
 計44試合(先39)310回1/3を投げ抜き、星稜大では最多の22勝、防御率1.80を記録した。
 最多タイ5勝(5完投0完封)の自己最高成績を残した2年春に敢闘賞を獲得。
 3年春のリーグ最終戦・高岡法大2回戦でノーヒットノーラン(7回コールド9対0)を達成している。
 1学年下のチームメイトとして泉圭輔(SB18年6位)ら。

 石川ミリオンスターズでは1年目から公式戦に出場。
 開幕2戦目4月8日の富山戦で初登板を果たし、7回3安打、9K0封の好投で初勝利を収める。
 その後、右肩をケガした影響で7月7日を最後に戦線から離脱(練習生契約)。
 いずれも先発として9試合57イニングに起用され、3勝(0完投)4敗、防御率3.00の実績を残した。
 通算9試合、3勝(0完投)4敗、57回、防御率3.00。

 185cm82kg、最速146㌔のストレートを持つ長身右腕。
 セットからタメてグラブを掲げながら重心を下げ、着地早めに肘を使った腕の振りから投げ下ろす
 最速146㌔のストレートと、スライダー、カーブ、カットボール、フォーク、ツーシーム。
 フォーク、ツーシームが得意球。最速では146㌔を計測する直球に一通りの変化球を交える。
 BCL1年目は肩の負傷もあって不完全燃焼。シーズン途中から練習生となった。
 強豪・福井工大から3完投勝ちを挙げるなど、北陸大学リーグで通算22勝の実績を残している。
 遠投110m、50m6秒2。奪三振率5.21、四死球率4.26。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年02月28日(木)|独立リーグ候補 | 北陸大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:独立リーグ候補 | 北陸大学 コメント(0) Page Top↑