野澤 秀伍(東洋大)|ドラフト・レポート

野澤 秀伍(東洋大)

ここでは、「野澤 秀伍(東洋大)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【20候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



野澤 秀伍(東洋大)

174cm73kg 左左 MAX138km スライダー・チェンジ・カーブ 龍谷大平安
力のある直球とタイミングを外すチェンジアップ。3年春の選抜1回戦で11回4安打完封勝利を挙げた。

  動 画

  投手成績

 ■ 甲子園成績

   19春     回数 被安 奪三 四死 自責
   津田学園 先  11  4  7  2  0 135㌔ ○封
   盛岡大付 先   9  12  7  1  1 133㌔ ○
   明豊高校    4.1  5  4  1  0 135㌔ ● ※ 延長11回0対1サヨナラ負け
          24.1  21  18  4  1 防0.37
       被安打率7.77 奪三振率6.66 四死球率1.48 

投手成績詳細

   18夏予          回数 被安 奪三 四死 失点
   京都2回戦:京都八幡 先   5  3  3  3  1
                  5  3  3  3  1 防1.80(失点から算出)
             被安打率5.40 奪三振率5.40 四死球率5.40

   18秋(背番号1→11)    回数 被安 奪三 四死 失点
   京都1回戦:京都学園 先   6  4  7  2  0封
     2回戦:立命宇治 先  2.1  4  2  2  3
     準々決:乙訓高校    4.2  2  4  2  0
     準決勝:京都国際 先  1.1  5  0  1  5
   近畿1回戦:天理高校    0.1  0  0  0  0
     準々決:市和歌山    6.2  2  6  0  1 138㌔
     準決勝:履正社高 先   7  3  3  2  0封138㌔ 101球
     決勝戦:明石商業 先  12  11  8  4  1 138㌔ 179球
   神宮1回戦:札幌大谷 先  5.1  5  2  2  6 135㌔
                45.2  36  32  15  16 防2.17
             被安打率7.09 奪三振率6.31 四死球率2.96

  最新記事

 ■ 龍谷大平安・原田監督「夏頑張ろう」エース野沢労う(日刊スポーツ) 19/3/31

 龍谷大平安がベスト8で姿を消した。0-0の粘り合いが続いたが、延長11回にエース野沢秀伍投手がサヨナラ打を打たれた。5年ぶりの優勝には届かなかったが、野沢の1本立ちや課題の守備の改善など、夏に向けてステップになる大会だった。

   19夏(背番号1)      回数 被安 奪三 四死 失点
   京都3回戦:日星高校 先   7  6  7  0  2
     4回戦:西城陽高    4.2  0  5  1  0
     準々決:塔南高校 先   9  11  5  2  4
     準決勝:立命宇治 先   9  12  3  0  5
                29.2  29  20  3  11 防3.34(失点から算出)
             被安打率8.80 奪三振率6.07 四死球率0.91

 ■ 龍谷大平安の「じじい」野沢 胃腸炎も11回完封(日刊スポーツ) 19/3/25

 龍谷大平安が京都勢の春夏通算甲子園200勝を達成した。エース野沢秀伍投手が11回を完封した。2日前から胃腸炎にかかっており、腹を下していた。気弱そうな顔から野沢を「じじい」と名付けた原田監督も「球速が出ない。心配していた」とハラハラ。だが力で押せない分、逆に持ち前の制球に細心の注意を払った。本調子より平均で5キロほど遅い130キロ前後の直球をコーナーに決め、宝刀チェンジアップを低めに決めた

 ■ 龍谷大平安サヨナラV!野沢12回1失点完投ショー(日刊スポーツ) 18/11/4

 延長12回の熱戦に勝利し、龍谷大平安が5年ぶり6度目の優勝を果たした。龍谷大平安の先発・野沢秀伍投手が、12回11安打1失点完投。179球を投げ抜いたが、最後まで球威は衰えなかった。府大会では背番号1を背負いながら、今大会は背番号11。悔しさが原動力になった。

  プロフィール

 岐阜県可児市生まれ。
 野澤 秀伍(のざわ・しゅうご)投手。
 南帷子小1年の時から軟式野球を始め、西可児中では美濃加茂シニアに所属。

 龍谷大平安では2年時春から控え投手としてベンチ入り。
 同年夏の甲子園を登板なく3回戦敗退で終え、2年時秋に主戦格として近畿Vの実績を残す。
 京都大会で背番号1を担うも思う様な投球ができず計14.1回で8失点を献上。
 続く近畿大会全4戦(先2)に背番号11で登板し、26回で2失点と別人の様な好投を見せた。
 サヨナラ勝ちを収めた準々決・市和歌山戦で6.2回6K1失点の好救援を披露。
 準決勝・履正社戦で7回3安打完封勝ち、決勝・明商戦で12回2-1完投勝ちを収めている。
 翌3年春選抜前の胃腸炎を乗りこえ、同大会で2勝&防0.37(24.1回)を記録。
 と投げ合った1回戦で11回2-0完封をマークし、2回戦・盛付戦で9-1完投の粘投をみせた。
 3年時夏の京都大会は優勝校・立命館宇治に2対5でせり負けベスト4で敗退。
 遊失策で逆転を許すなど4失策と守備が乱れ、打撃陣も5安打と振わず12安打完投で敗れた。
 1個上のチームメイトに小寺智也島田直哉松田憲之朗ら。

 174cm73kg、出所に見づらさのある最速138㌔左腕。
 ワインドアップから上体を前に傾けて重心を下げ、後ろ小さめに肘を使った腕の振りから投げ込む
 最速138㌔、常時130㌔前後から130㌔台中盤の球速以上に力がある直球と、
 タイミングを外す120㌔前後のチェンジアップ、120㌔前後のスライダー、他に100㌔台のカーブ。
 3年春の選抜24.1回で2失点、胃腸炎明けで18K(直球9、チェンジ8)を奪った。
 ストレートを軸にチェンジアップ、スライダーを交え、まずまずのコントロールで両サイドに投げ分ける。
 歴代トップクラスの左腕として監督評価が高い。遠投100m。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年12月16日(月)|2023年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2023年大学生投手 | 東都大学 コメント(0) Page Top↑