大畑 蓮(明豊)|ドラフト・レポート

大畑 蓮(明豊)

ここでは、「大畑 蓮(明豊)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



大畑 蓮(明豊)

184cm73kg 右右 MAX146km スライダー・カーブ・チェンジ・フォーク
しなやかさのある長身細身の右腕。3年春選抜で146㌔をマーク。スライダー、チェンジアップを交える。

  投手成績

 ■ 甲子園成績

   19春   回数 被安 奪三 四死 自責
   横浜高校   6  7  8  3  1 144㌔ ○
   札幌大谷   2  1  1  1  0 142㌔
   龍谷平安  0.2  0  1  0  0 143㌔ ○
   習志野高  2.2  4  1  3  3 146㌔ ●
        11.1  12  11  7  4 防3.18
     被安打率9.53 奪三振率8.74 四死球率5.56

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   18春(背番号18)      回数 被安 奪三 四死 自責
   九州1回戦:聖心ウルスラ     3  4  2  1  1
     決勝戦:九国大付 先  3.1  6  1  2  5
                6.1  10  3  3  6 防8.53
            被安打率14.21 奪三振率4.26 四死球率4.26

   18夏(背番号11)      回数 被安 奪三 四死 失点
   大分2回戦:大分高校    5.2  3       0
     3回戦:大分商業 先  6.2  9       7
     準決勝:柳ヶ浦高 先  6.2  8       6
                 19  20       13 防6.16(失点から算出)

   18秋(背番号11)      回数 被安 奪三 四死 失点
   大分3回戦:大分上野     3  3  1  1  1
     準決勝:津久見高    0.2  0  0  1  0
     決勝戦:大分高校     1  2  2  2  1
   九州1回戦:鹿屋中央    4.1  1  3  0  0 141㌔
     準決勝:日章学園    2.2  3  0  1  1 
     決勝戦:筑陽学園     2  3  2  0  1
                13.2  12  8  5  4 防2.63
             被安打率7.90 奪三振率5.27 四死球率3.29

  最新記事

 ■ 大畑が好救援 6回1失点(西日本スポーツ) 19/3/25

 2番手大畑が6回1失点の好救援を見せた。2度の満塁のピンチを無失点でしのぎ、本塁打による1失点だけで最後まで投げ抜いた。自己最速の144キロをマークし、8三振を奪った身長184センチの大型右腕は「緊張したけど納得のいく投球ができた。いい感じで投げられた」と自信を深めた。

   19夏(背番号10)      回数 被安 奪三 四死 失点
   大分3回戦:上野丘高     3  2       0
     準々決:中津東高    0.2  0       0
     準決勝:大分商業     5  2       1 144㌔
                8.2  4       1 防1.04(失点から算出)

 ■ 故障乗り越えた明豊・大畑、逆転勝利つなげる好救援(日刊スポーツ) 18/10/20

 明豊の大畑蓮投手が救援で逆転勝利に貢献した。2点ビハインドの5回2死一、二塁で登板。キレのある直球を軸にスライダー、チェンジアップで最後まで無失点に封じた。最速を2キロ更新する141キロの熱投に打線も奮起し、7回の逆転につなげた。大畑は今夏の大会中に右肩を痛め、1カ月のノースローを経て8月下旬に復帰。その間、インナーマッスルなどを鍛え秋に照準を合わせていた。

  プロフィール

 大分県別府市出身。
 大畑 蓮(おおはた・れん)投手。
 朝日小時代から軟式野球を始め、明豊中では軟式野球部に所属。

 明豊進学後1年夏の甲子園はベンチ外。
 翌2年春の九州大会に背番号18として出場し、聖心相手の初戦で3回1失点の好結果を残す。
 同年夏の県大会で先発の一角を担い、計19回20安打13失点の粘投を披露。
 準決・柳ヶ浦戦で6回2失点の好投を見せたが、7回表に打たれて6.2回6失点でKOとなった。
 同大会中に負った右肩痛を乗り越え、2年秋(11番)に県V、九州準Vを達成。
 九州大会1回戦・鹿屋中央戦(最速141㌔計測)で逆転を呼ぶ4.1回0封救援を演じている。
 翌3年春の選抜全4戦で救援を務め、計11.1回11K、2勝1敗、防3.18を記録。
 初戦・横浜高校戦で6回1失点の粘投を演じ、準決勝・習志野戦で最速146㌔を計測した。
 同年夏の県大会は川瀬堅斗(2年)擁する大分商に3対6で敗れベスト4敗退。
 2番手で5回2安打1失点の好救援を見せたが、17残塁で追撃とどかず惜しくも接戦を落とした。
 1学年上に濱田太貴、同期に野邊優汰ら。

 184cm73kg、手足の長い長身細身のプロ注目右腕。
 セットから始動して溜めを作ってから重心を下げ、着地早めに右肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ込む最速146㌔、常時135㌔前後から140㌔台前半(救援)のストレートと、
 120㌔前後のスライダー、110㌔前後のチェンジアップ、120㌔台のフォーク、100㌔前後のカーブ。
 肩肘が柔らかくしなやかさのある好右腕。球持ち良さのある腕の振りから投じる。
 肩痛明けの2年秋九州大会初戦で最速141㌔、翌3年春の選抜準決勝で146㌔をマークした。
 今後の活躍が期待される背番号10の控え。遠投110m。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年07月27日(土)|2019年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
今年のドラフト会議は下位指名でしょう。
まだ球団の声が聞こえてきませんが、後々、聞こえて来るでしょう。
今年の夏の甲子園、初戦突破目指して頑張って下さい。
| ゆうと | 2019年06月23日(Sun) 15:25 | URL #- [ 編集]
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年高校生投手 | コメント(1) Page Top↑