山田 紘太郎(西尾東)|ドラフト・レポート

山田 紘太郎(西尾東)

ここでは、「山田 紘太郎(西尾東)」 に関する記事を紹介しています。
    【進  路】 高校生/大学生  甲斐野 上茶谷 梅津 吉田 根尾 小園 藤原
    【球団別】 東京 オリ 中日 日ハム 広島 千葉 阪神 楽天 横浜 福岡 巨人 西武
    【19候補】 高・投高・野大・投大・野社・投社・野済・投済・野



184cm77kg 右右 MAX145km スライダー・カーブ・チェンジ
最速145㌔直球を持つ長身右腕。角度ある直球が武器。享栄・至学館を相手に完投勝利を挙げた。

  動 画

投手成績詳細

 ■ 高校時代成績

   18夏予(背番号10)   回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:新城高校    0.2  0  2  0  0
   3回戦:豊橋東高    5.1  6  1  2  2
   準々決:豊橋中央     4  2  4  5  2
   決勝戦:愛産三河     1  0  0  0  0
               11  8  7  7  4 防3.27(失点から算出)
           被安打率6.55 奪三振率5.73 四死球率5.73

   18秋予(背番号1)   回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:愛産三河 先   6          3
   3回戦:享栄高校 先   9  5       1
   準々決:至学館高 先   9  3  11     1
   準決勝:東邦高校 先   2          5
   3位決:春日丘高 先  5.1         12
              31.1         22 防6.32(失点から算出)

  最新記事

 ■ 西尾東が宿敵撃破、プロ注目の山田10回0封(日刊スポーツ) 19/7/16

 愛知では今大会初のタイブレークに突入。2-2の延長13回に勝ち越した。4回から登板したプロ注目の山田絋太郎投手が気迫のロング救援で10回無失点。昨秋の県3位決定戦では延長12回、20-23という大乱戦の末に敗れ、センバツへの道を断たれた。負傷をおして投げた山田も打ち込まれた。再戦が決まり、西尾東ナインは燃えていた。山田は自己最速を1キロ更新する145キロを出した。春季大会以降、思うように投げられない時期があった6月のローカル大会では1回途中7失点KOの屈辱。背番号10で夏を迎えることになった。ようやく上向き始めたのは6月中旬だった。

   19夏予(背番号10)   回数 被安 奪三 四死 失点
   2回戦:豊田西高    2.2  2  6     0 144㌔
   3回戦:中部春日    10  4  11     0 145㌔
   5回戦:愛産三河    6.1  7       6 ※ 足を攣って降板
               19  13       6 防2.84(失点から算出)

 ■ 西尾東・山田 2回2/3を2安打6奪三振の快投(スポニチ) 19/7/7

 西尾東の山田紘太郎投手が7回1死から救援登板8回まで全てのアウトを空振り三振で奪うなど2回2/3を2安打6奪三振無失点で試合を締め、8回には最速タイをたたき出した。

 ■ 西尾東・山田ストレート勝負(中日スポーツ) 18/12/21

 県内屈指の快腕である西尾東・山田も遠征を心待ちにしている。今秋の県大会で4強進出に貢献した184センチの長身右腕は、大学生との練習試合で3試合、8イニングを投げて無失点と好調をキープ。「初の海外なので楽しみ。外国人は体が大きいし、振りも強い。素直に勝負したい」と最速144キロの直球で真っ向勝負する決意だ。

  プロフィール

 愛知県岡崎市出身。
 山田 紘太郎(やまだ・こうたろう)投手。
 恵田小1年から投手として野球を始め、岩津中学校では軟式野球部に所属。

 西尾東では1年時秋から控え投手としてベンチ入り。
 翌2年夏の予選6戦中4戦に救援として登板し、準Vチームの中で計11回4失点の実績を残す。
 8対7サヨナラ勝ちを収めた3回戦・豊橋東高校戦で5.1回2失点の粘投を披露。
 同年秋の新チームで主戦投手の座を獲得し、全5試合先発で県大会4強進出を達成した。
 3回戦・享栄高校戦で9回5安打2-1(2回以降0封の好投)完投勝ちをマーク。
 連投で臨んだ翌日の準々決・至学館戦で9回3安打11奪三振3対1完投勝ちを収めている。
 その後、怪我などもあって調子を崩し、3年夏の予選には背番号10として出場。
 いずれも救援として3戦19回(6失点)に登板し、2回戦で144㌔、3回戦で145㌔を計測した。
 強打者・上田を擁する愛産三河に7対10(6.1回6失点)で敗れ5回戦で敗退。
 延長13回TBを制した3回戦・中部大春日丘戦で10回11奪三振0封の好救援を披露している。
 東愛知大会準Vが最高成績。甲子園出場経験は無し。

 184cm77kg、145㌔直球を持つ長身右腕。
 セットポジションから重心を下げて早めに着地し、開き早めに右肘を柔らかく使った腕の振りから
 投げ下ろす最速145㌔の直球と、縦に曲がるスライダー、カーブ、チェンジアップ。
 長身から投げ込む角度ある真っすぐが持ち味。スライダーをはじめとする変化球を織りまぜる。
 2年秋の県大会全5戦の先発を務め、享栄、至学館相手に完投勝ちを挙げた。
 この活躍で同年冬に愛知県選抜メンバー入りを達成。選抜21世紀枠候補に選出されている。
 50メートル走6秒4。握力は左右ともに68kg。
  
 ※ 無断転載および改変は固くお断り致します。
  2020年プロマーク状況



最終更新日:2019年08月28日(水)|2019年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑


 Comments
この記事へのコメント
コメントを投稿する
 煽り・中傷・複数HN使用は禁止です。野球に無関係なコメントなど当ブログにそぐわないと判断したものは予告なく削除させて頂きます。明らかなマナー違反が繰り返された場合はコメント禁止・ホスト規制等の対象となりますのでご了承下さい。
 ※ 固定HN推奨
URL:
コメント:
Pass:  ※ 投稿後、再編集(削除)する際に使用
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

最終更新日:2019年高校生投手 | コメント(0) Page Top↑